箱根あじさい電車の見頃2017!お薦めライトアップ7箇所だョ

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

あじさい電車

梅雨の時期に咲く花と言えば、あじさいですよね^^

外出するのも雨が多くて億劫になりますが、少し休みが取れたら箱根「あじさい電車」で心を和ませませんか?

トコトコと電車に揺られながら、車窓から多彩なあじさいを眺めれば気分転換になること間違いなしですよ。

今回は、土日は通勤電車なみに混雑するほど大人気の「箱根あじさい電車」の見頃やライトアップスポットなどをお伝えします。

更新:2017-03-05

 

箱根と言えば、日本でも有数の観光地です。

箱根と言えば、年始に大盛り上がりする箱根駅伝!

ではなく、日本有数の観光地で年間に2000万人もの観光客が訪れます。

温泉の数は、関東地区でも群を抜いている箱根ですが、温泉プラス観光スポットの組み合わせで、春夏秋冬1年中、季節を問わず楽しめる場所ですね。

駅や旅行店では、箱根のパンフレットやツアーが1年中ところ狭しと置いてますよね。

日本一、人でゴッタ返す東京から1時間半ほどで、行ける観光地ですから、関東近郊の方にはお馴染みです。

だから、箱根は遠方の方にも絶対に後悔しない旅行になること間違いなしだと思います^^

さて、今回は梅雨の時期に箱根に行くなら、箱根登山鉄道で旅をする旅行プランをおすすめします。

  • あじさい電車って知ってますか?

 

箱根登山鉄道のあじさい電車とは?

箱根登山鉄道箱根のあじさいと言えば、あじさい電車と言われるほど有名ですが、管理人はキヤノン(CANON)EOS 7Dの一眼レフカメラを数年前に購入してから、電車の写真もよく撮るようになりました。

箱根のあじさい電車とあじさいの構図には憧れます。

主役はあじさいで、電車は背景でぼかしてとイメージをして、ハイ!カシャ!

なかなかカメラ撮影の腕がついてきませんが^^;

最近は、ミラーレスカメラと言って、小さいのに一眼レフのような写真が撮れるようになりましたよね。

価格もリーズナブルになってきたので、女子カメラ人気ですね。

管理人は、撮り鉄ではないのですが、箱根登山鉄道のレトロな電車には魅了されます。

ちなみにですが、写真の電車は箱根登山鉄道の開業時の車両を1950年に改造した車両で、今も現役で走っています。

あじさいにレトロな電車、味がありますよね。

さて、箱根登山鉄道ですが、
日本一の記録があるのですが、何か知ってますか?

ヒントは箱根登山鉄道というくらいですから、箱根の山を登っていく電車ということですよ^^

あじさい電車

  • 正解は日本一の急勾配を走る電車です!

だから、普通の電車よりもトコトコとゆっくり急勾配を走っています。

なぜ、あじさい電車って言うの?

 

車窓から約1万株のあじさいの鑑賞ができることから、あじさい電車の愛称で親しまれているのですが、レトロな電車に、トコトコとゆっくり車窓からあじさいが1万株も見れる電車は、日本全国でもココだけだと思いますよ。

だとしたら、今年こそ箱根のあじさい電車であじさいを鑑賞するしかないでしょう^^


スポンサードリンク

 

あじさい電車の車窓から見るあじさいの見頃は?

あじさいは、6月中旬頃から開花時期を迎える、梅雨の時期の花です。

代表的な青や紫の他に、ピンクや赤と多彩な花を咲かせますが、雨とかたつむりがピッタリです。

あじさいの名所で有名な鎌倉6月中旬〜7月中旬ですが、箱根のあじさい電車は、もう少し楽しめる期間が長くて、6月中旬から7月下旬まで鑑賞することができます。

  • あじさい電車のあじさい見頃・・・6月中旬から7月下旬

これは、あじさい電車がはしる箱根の山は標高差が445mもあるからです。

もうあじさいの見頃の時期が過ぎたかなぁと思っても、箱根の山の頂上方面なら満開ってこともあるので、見頃のポイントは押さえて押さえておきたいところですよね。

時刻表

引用:箱根登山鉄道の時刻表


出発駅の箱根湯本が標高96mで、到着駅の強羅駅が標高541mになります。

約40分間、電車にトコトコゆられながら、鮮やかなあじさいを見たり、写真を撮影したり、多くの方が楽しんでいます。

見頃時期

箱根湯本駅から強羅駅のあじさい電車で1番多くあじさいが咲いているのが、大平台駅の前後になりますので、撮影ポイントだよ!

 

あじさい電車のライトアップスポット

箱根のあじさい電車に乗って、あじさいを楽しむなら、日中もいいですが、夜もおすすめです。

あじさいが綺麗に咲き乱れる時期、あじさい電車では夜はライトアップされます。

昼と夜では、同じあじさいが違う顔を見せますので、あじさいを2度楽しむことができるので、2度楽しむことができるのです。

ライトアップポイントは例年ですと7箇所で、七色のあじさいを照らしだした風景はメルヘンチックです^^

あじさいライトアップの期間

期間 (予定)6月20日前後〜7月10日前後
時間 18時30分〜22時
ライトアップ箇所 7箇所
◆箱根湯本駅の先
◆姫の水(出山信号場~大平台駅間)
◆大平台駅の先
◆宮ノ下駅の先
◆小涌谷駅の先
◆彫刻の森駅手前

例年からみると、この時期にまちがいないでしょう!

❖ 初夏の箱根の風物詩“箱根あじさい電車”ライトアップ

あじさいライトアップ

 

あじさい電車の料金

昼間のあじさい電車は、箱根湯本駅から強羅駅で1時間に4本の電車が運行されていて、夜間のあじさい電車は、1時間に2〜3本の電車が運行されています。

昼間のあじさい電車の往復で40分×2で80分。そして、夜のあじさい電車で80分。

合計で160分だから2時間40分のあじさいが楽しめます!

もうお腹いっぱいになること間違いなし(^^ゞ

箱根登山鉄道の時刻表(小田原方面/強羅方面)


スポンサードリンク

 

箱根登山電車


【箱根湯本】⇒【強羅】
大人400円
子供200円

強羅駅から箱根湯本駅へ下りでは、上りとは違う角度であじさいを鑑賞できるのがいいですよね。

でも時間に余裕があるのなら、強羅駅から早雲山駅へ運行されている、箱根登山ケーブルカーで少し足を伸ばしてみるのもいいですよ。

富士山や芦ノ湖を望むこともできます^^

 

箱根登山ケーブルカー


【強羅】⇒【早雲山】
大人420円
子供210円

箱根登山ケーブルカーの時刻表(早雲山方面)

夜間のライトアップ期間は7箇所であじさいが照らしだされていますが、もちろん定期電車で楽しむことが出来ます。

でも、この時期は例年ですと、期間限定で全席指定のあじさい号が運転されます。

1日に上下1本だけ運転される特別な電車で、予約が必要ですが日頃がんばってきた自分へのご褒美にいかがですか?

何と言っても、ライトアップされたあじさいの見どころポイントで徐行したり停止をしてくれるのです。

しかも、車掌さんの思考をこらしたアナウンスや、あじさいを撮影する方が写真を撮りやすいように、徐行や停止時には車内照明を暗くしてくれる気遣いには脱帽です。

今年の予約は6月1日から【夜のあじさい号】予約センターで受付予定。

検討する価値は、十分にあると思いますよ^^

 

あじさいの雑学

ザッ君

いかがでしたでしょうか?

箱根のあじさい電車もいいなぁと思ってもらえてたら嬉しいです。

ところで、あじさいの葉は装飾用として料理に添えられることがありますが、食べますか?

実はあじさいの葉には、テレビや自治体も言ってますが、食べてはダメですよ!

あじさいの葉には毒性があるので、嘔吐やめまいといった食中毒を発生させる可能生があるのです。

現在は飲食店であじさいの葉を飾りで出すことは禁止されているので大丈夫だと思いますが、念のためにお伝えしておきます。

ちなみに、大葉の葉は大丈夫ですからね^^

スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ