結婚式の二次会!リズムネタかダンス!あれはNGか?

なるほど!

 

こんにちは。管理人の「 ザッ君 」と娘の「 なぞ子 」です。

ブログへお越しくださりありがとうございます。今回ご紹介する内容がお役に立てればうれしいです。

 

スポンサードリンク

 

 

「親友が結婚!」嬉しいですよね^^

結婚式の二次会!

心の底から祝福してしまいます。

そして、その結婚式を「めっちゃ盛りあげたい!」と、思う気持ちも出てきますね。

そんな中、余興を頼まれたり、自らやろうとしている方へ!

新郎新婦が喜ぶ簡単なネタを紹介しますので、参考にしてくださいね。

ところで、今更聞きにくいけど、余興の意味って?

 

結婚式の余興は良い思い出になる!

結婚式はだいたい決まったプログラムで進行します。

その中で、「余興・スピーチ」が、新郎新婦がやりたい事が出来る唯一自由時間です。

そして、友人の余興で式を盛り上げてもらって、楽しい式になっているでしょう。
(稀にご本人達で余興をされる方もいますね。)

こんな感じで、「余興は良い思い出になる」です。

自由度が広い分、オリジナリティも沢山出せます。

式に参列した方も、余興は何年経っても覚えていますしね。

つまり余興は「最高に良い、思い出作り」です。

どんな思い出を作ってあげるかは、新郎新婦を良く理解している友人の腕の見せ所です。

【参考動画】

⇒ 200万人が涙した感動の結婚式の余興!

今までの思い出や好きな事を練り込んで、素敵な余興を考えてくださいね。

 

その前に「それはマズイ!NGマナー」は知っておこう!

自由と言っても何でもOKという訳ではありませんよね。

最低限のマナーはあります。

盛り上げるはずの余興がしらけた・・・^^;

なんてことに、ならない様に、マナー踏まえて、余興はやってくださいね。

ぶっつけ本番
練習不足からやってしまう、ぐだぐだの不自然な余興です。
これは観ているほうも面白く有りません。
まして「ぶっつけ本番」なんて、後悔が残るだけです。
よっぽど余興に慣れて、アドリブに強い方以外は止めておきましょう。
身内ネタ
確実にウケるので、ついついやってしまう方が多いですよね。
友達同士しか分からないネタをやってしまうと、親族や会社の上司等はしらけてしまいます。
盛り上がってる余興の途中で、一つこれを入れて全体が盛り下がった・・・なんてなってしまったら、全部が台無しです。
会場みんなが楽しめる内容が基本ですよ。
下ねた
「下ネタは絶対に駄目!」と言う事はありません。
ショートネタでしたら、緊張をほぐす良い効果もあります。
でも、嫌いな方もいるので、やり過ぎない程度にしましょう。
そういう意味で「下ネタ」は賭けになるので、迷ったら止めておきましょう。


スポンサードリンク

暴露ネタ
ちょっとした冗談のつもりが、場を悪くする場合があります。
言われた新郎新婦等が笑うとは限りません。
また、暴露話を他人に聞かれたく無い新郎新婦もいます。
暴露ネタをあえてするなら、ご本人に一度聞いてからやった方が良いでしょう。

 

2016版!簡単に出来る余興ネタはコレ!

「やっぱ旬だね~」の笑いネタ
『ダンソン(バンビーノ)』

リズムネタなので、手軽に盛り上げれます。
似ている「ラッスンゴレライ」も安定して良いですが、こちらの方がこれから使われて行くネタだと思います。
「リズムネタ」は、キレ良くリズミカルにやってくださいね~

「賭けだけど・・・」裸ネタ
『全裸に見えるポーズ(とにかく明るい安村)』

「履いてます!」で爆笑が取れるネタです。
しかし、パンツ1丁というスタイルが、親族等にウケるかどうかが賭けですね。
下品になり過ぎないように、場の雰囲気を見てやりましょう。

「無茶ぶりはしたくない!」ダンスネタ
『恋するフォーチュンクッキー(AKB48)』

無難に、簡単に踊って盛り上がる定番曲ですね。
男女混じってやっても問題有りませんね。
笑いを取るなら、男性陣は女装をしてもいいでしょう。
フラッシュモブでどんどん増えて行くのも面白いですよ~
最後は新郎新婦を巻き込んで、一緒に踊ってもらいましょう!

結婚式の余興!AKBのダンスが人気!歌で盛り上がる曲は?

 

【お知らせ】歌が下手な歌手ランキング-日本一は誰だ?女性編投票受付

<お知らせ案内記事>

 歌が下手な歌手ランキング-日本一は誰だ?女性編投票受付

【投票受付中!】

 歌が下手な歌手ランキング-日本一は誰だ?女性歌手編(投票受付中)

 

ザッ君の画像 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ
マナーさえ守れば、余興はみんな楽しめます。

新郎新婦も、「あなた達に頼んで正解だった!」と喜んで欲しいです。

また、式に参列した方全員が「楽しかった~!」「良い思い出が出来た!」と、満足して帰って欲しいですね。

そんな素敵な余興を、失敗させずに最高の思い出になるように頑張ってください!

スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!