夏は体がだるいし眠い?頭痛の原因は?ナメてる全ての人へ!

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

毎日が、頭はスッキリ^^

体も羽根が生えたように軽い^^

そんな日が毎日続いたら、どんだけ幸せでしょう。

残念ながら管理人は、1年は365日ありますが、まったくそんな爽快な日がありません^^;

寝ても、寝ても、寝ても体はだるいし、眠い!

特に夏!!

体がだるくて、とにかく眠〜い!!

今回は、夏に体がだるくて眠い原因と、対処の方法を調べてみました。

「うだるような夏の暑さから、少しでも逃れたいものです」

夏は1年で日差しも強く、気温が高くなります。

その結果、夏は体が疲れやすくなります。

 

夏バテ症状ベスト3

  1. 体がだるい!

  2. 疲れやすい!

  3. 食欲が低下する!


これが、夏バテで多い症状です。

気をつけないといけないのは、熱中症ですよ。

甘く見ている人が多いですが、熱中症は放っておいたら大変です。

  • 脱水症状になる
  • 体に異常をきたす
  • 意識不明や昏睡状態になる可能性


夏バテにならないために、こんな打開策はいかがでしょう?

子供の熱中症予防!牛乳とお酢をドリンクにした対策はどう?

ところで、熱中症には「熱射病」「日射病」の2種類があるのを知っていますか?

 

熱射病と日射病の違い

熱射病と日射病は病状はとても良く似ています。

熱射病・・・体の中に熱がこもった状態

夏場に室内を閉めきっていると、高温多湿になります。
その部屋に長い時間いると、体から熱を逃がすことができなくなって、熱射病になってしまいます。

最近、お年寄りの方が熱射病になって命を落としたと言うニュースを見ますよね。

年をとると、体温調節がうまく出来なくなるのが原因です。

体が暑さに気づかなくなっているのです。

本来クーラーや換気で部屋を涼しくしないといけないのに、高温多湿の状態でも体は暑さに気づかないのです。

そんな状態の部屋に長時間いて、熱を体から逃せなくて熱射病になるのです。

大事なのは、熱を体から逃してあげることです。

もし、熱射病になったら。。。

  • うちわで仰いだり、冷たいタオルで体を拭いたりしてください

日射病・・・直射日光が原因です

強い夏の日差しの中で長時間、運動や仕事をすると起きやすいです。


炎天下の中で、ずっと外にいると体から水分が取られます。

  • コマ目な水分補給が大切です!!

夏バテにならないためには、生活習慣の見直しがとっても大事です。

水分補給をしっかりとって、冷房にあまり頼らない生活をして下さいね。

野菜をたくさんとるといいですよ。

食べるのが大変だったら、野菜ジュースとかがおすすめです。

スポンサードリンク

 

夏の頭痛の原因は?

頭痛に原因はいろいろあります。

頭がズキズキ痛い!偏頭痛を即効で和らげる3つの対処法だッ

かき氷で頭がキーン対処法!原因と痛くならない人の理由は?

今回は、夏バテから起こる頭痛の原因をお伝えします。

季節の変わり目の頭痛や偏頭痛と違って、夏の頭痛は命に関わる危険性があります。

夏は体温が上昇し過ぎて、体の体温調整がうまく働きません。

そうすると、体がだるくなってしまいます。

 

ただ、注意が必要なのは、頭痛やめまい、吐き気です。

これは、熱中症が疑われますから、すぐさま病院へ行って下さいね。

熱中症は3段階の重要度で表されますので、参考に表をのせておきます。

熱中症重要度

地球の温暖化、異常気象も影響してか、毎年たくさんの方が熱中症のために救急搬送されています。

ちなみに2014年は1週間で8580人も方が救急搬送されました。

熱中症の予防は、まず第一にコマ目な水分補給です!

牛乳を飲めば熱中症になりにくい体が手に入ると言われていますので、試してみてください。

 

【夏】体がだるくで眠い!?

夏に体がだるくて眠い症状を訴える方の多いお声をまとめてみました。

まずは、あなたが当てはまる項目があるのかを見てみましょう^^

  1. 毎日睡眠は8時間以上を確保しているのに眠い!
  2. 寝ても、寝ても疲れが取れない^^;
  3. 仕事中や勉強中にウトウト睡魔に落ちそうになる!
  4. やりたい仕事や勉強がやる気が起きなくてはかどらない^^;

いくつ当てはまる部分がありましたか?

寝ても寝ても眠い!というのは、睡眠の取り方に問題がある可能性があります。

 

睡眠量=睡眠の質×睡眠時間

睡眠時間を8時間取っているから、眠くならないのではないのですよ。

  • 深い眠り・・・ノンレム睡眠
  • ノンレム睡眠は、体を成長させたり、体や脳を休める働きがあります。

  • 浅い眠り・・・レム睡眠
  • レム睡眠は、頭の記憶を整理整頓(処理)したり、心をメンテナンスしてくれます。

深い眠りのノンレム睡眠が、あなたの体の疲れを回復させてくれます。

このレム睡眠とノンレム睡眠を効率よく、バランスよく睡眠をするのがコツになります。

だから、休息も必要なのですが、あまり睡眠時間が長すぎると逆に、脳や体は衰退してしまいます。

アメリカのコロンビア大学の研究結果では、1日の睡眠時間が平均9時間以上の人たちは、平均が6時間〜8時間の睡眠時間の人と比べて、脳の衰えが著しいそうですよ。

さらに、たとえば土日に貯め寝をする方も多いかもしれませんが、1日安静にしていると、体力が回復するのに1週間もかかります。

夏は体がだるくて眠い!という方は、「睡眠時間をダラダラと長く取っていませんか?」

1日8時間寝ないと眠くなると言うのは、正しいとは限りません!

たとえば、ナポレオンも睡眠時間が短かったと言われています。

明石家さんまさんも、短時間しか寝ていないと聞きます。

つまり、

  • 寝すぎれば寝過ぎるほど眠くなる!

だから、大事なのは睡眠の質なのです^^

睡眠の質は生活習慣なので、あなた次第で十分改善できます。

あなた次第で改善できるということは、今よりは良くなる訳ですから、試してみて損はないですよね。

頭がぼーっとする眠気やめまいは病気?改善は木に触れるのが1番!?

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ
「夏は体がだるいし眠い?頭痛の原因は?ナメてる全ての人へ!」と題して、今回は記事を書いてみました。

いかがでしたでしょう?

夏は疲れやすいので、眠くなりますが、睡眠の質が大事です。

睡眠の質を上げれば、夏バテにもなりにくく、体もスッキリするでしょう。

 春は眠いしだるいのはなぜ?4つの対策で眠気も吹き飛ぶ理由

このように、普段は気にならないけど、気になった時にサクッと「そうだったんだ」と思ってもらえる情報をお届けしています。

また、普段は全く役立たないかもしれませんが、何かの場面で役立つかもしれない、「雑学」なんかもご紹介しています。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ