鎌倉あじさい寺の見頃2017!開花状況の時期と名所3選!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

梅雨の時期は雨がジメジメと降って、どうも気分が晴れない日が多いですが、紫陽花(あじさい)を見ると心がリラックスする人も多いようですね^^

あじさいにはチューリップのような華やかさはないですが、ピンク七変化に色が変化する不思議な特徴のある花です。

特に女性の方におススメ情報ですが、あじさいの紫色には「体の内面を美しくする!!」という力があるようですよ。

さて、今回はあじさいの名所で有名な鎌倉にスポットを当てて、見頃の時期や鎌倉であじさいを見るなら「ココ!」という鎌倉あじさい情報をお届けします。独断と偏見で名所Best3もご紹介します。

 

ザッ君 鎌倉あじさいを見に行きませんか?

日本全国6月から7月になると雨にも負けずあじさいが花を咲かせますよね。

あじさいの花の思い出ですが、実家の庭には梅雨の時期になると、毎年あじさいの花が咲いていました。

家の庭にあじさいを植えると「お小遣いがたまる」そうです。

あじさいは「金運の花」とも言われています。


あじさいの葉っぱには、かたつむりがいたのですが、最近はかたつむりを見ることも、めっきり減ってしまいました^^;

ところで、かたつむりを見るとナメクジも頭によぎりませんか?

かたつむりはでんでんむしとも言いますが、殻のついていないナメクジは気持ち悪くて、塩をかけていたことを思い出します。

ちょっと残酷なことしてたなぁと反省です^^;

そんな余談話はさておき、あじさいですよね。

この梅雨の時期には、日本全国であじさいまつりが開催されますが、超王道、ベタベタ、大定番のあじさい鑑賞と言えば、鎌倉のあじさいではないでしょうか?


観光名所と言えば沖縄県を思いつく方もいらっしゃると思いますが、鎌倉は沖縄県の3倍にもなる、年間1800万人の観光客が訪れる地域です。

鎌倉のあじさいは鎌倉地区の全域で咲いています。

鎌倉になぜあじさいがそんなに多いか知ってますか?


スポンサードリンク

鎌倉という地域は、一方が海で三方が深い山に囲まれた場所になります。

鎌倉と言えば=1192(いいくにつくろう)鎌倉幕府!!

源頼朝(みなもとのよりとも)は、敵が攻めにくいこの土地に鎌倉幕府を開きました^^

それとあじさいがどう関係あるの?

敵が攻めにくい土地ですが、鎌倉の地域は山の斜面がたくさんある土地柄で、土砂が流れることが良くあるのです。

その土砂が流れないようにするために、あじさいがたくさん植えられているそうです。

家庭栽培で家の庭や、学校の授業であじさいを育てたことがある人は、知っているかもしれませんが、あじさいの根っこは、掘っても掘っても根っこで、四方に根っこは広がり絡まり合っています。

イメージで言うと宮﨑駿(みやざきはやお)の代表作でもある天空の城ラピュタです。

天空の城ラピュタ

引用:Yahoo!ブログ


あじさいは、鎌倉の斜面の多い土地を守っているのです。

 

ザッ君 鎌倉あじさいの開花状況の時期は?

鎌倉のあじさいが開花する時期は、5月下旬ごろから花を咲かせます。


6月の初旬だと、まだ満開ではないので、あじさいの見頃の時期としては早いですね。

花の満開の時期は、毎年の気候に左右されるのでバチッ!!と断定することは出来ませんが、過去を振り返ってもそれほどまでに大きくずれることはないと思います。

鎌倉あじさいの見頃時期・・・6月中旬〜7月中旬


特に6月半ばから7月初旬が1番満開でキレイだと思います。

あじさいを一目みようと全国各地から、観光客が訪れるので、出来れば平日に出かけるのがBestですが、お仕事などがあるとなかなか難しいですかね^^;

スポンサードリンク

 

ザッ君 鎌倉のあじさい名所Best3!

あじさい鎌倉には、先ほどご説明したように、いたるところにあじさいの花が咲いています。

でも、どうせ見るなら誰もから指示されている人気のあじさいを鎌倉で見てみたいと思いませんか?

そこで、今回は鎌倉のあじさいを見るなら【ココ!!】と題してBest3をご紹介します。

  1. 明月院

    圧倒的に指示されている「明月院」が1番おすすめです。
    こちらの明月院は誰もが鎌倉のあじさいと言えば、「そりゃぁ〜明月院だ!」と答える支持率です。

    • 別名・・・あじさい寺と言われている
    • 境内・・・2500株のあじさい
    • 特徴・・・青(日本古来の品種)や水色で統一されたあじさい
    • 見頃の時期・・・6月中旬〜7月中旬
    • 開演時間・・・9時から17時 土日は8時30分から
    • 料金・・・拝観料として300円 本堂裏手の花菖蒲庭園は500円追加料金
  2. 成就院

    790年もの歴史のあるお寺は小高い丘にあって見晴らしが最高!
    山門前から参道脇に咲きほこるあじさいと、由比ガ浜の海をバックにあじさいが見れる絶景です。

    • 境内・・・赤や青,紫など色とりどりのあじさいが見れる
    • 特徴・・・あじさい参道が見どころ
    • 見頃の時期・・・6月中旬〜7月中旬
    • 開演時間・・・8時から16時30分
    • 料金・・・無料
  3. 長谷寺

    花めぐりをする方に絶大な人気のあるのが長谷寺です。
    季節によってはライトアップされるので、40種類以上のあじさいで特に夕暮れはとてもキレイですよ。

    • 境内・・・500株のあじさい
    • 特徴・・・40種類以上のあじさいとが境内の白壁とベストマッチ
    • 見頃の時期・・・6月中旬〜7月中旬
    • 開演時間・・・8時から17時
    • 料金・・・300円

 

ザッ君 鎌倉あじさい以外の他地域でのあじさいの見頃時期は?

まず日本の梅雨の時期を押さえれば、あじさいの見頃の時期は見えてきますよね^^

その前に、なぜ梅雨というのでしょう?

梅の雨?梅の収穫シーズンに関係があるのかな?

楽天広告


雑学の1つとしてご参考下さいm(__)m

梅干し

  • 1月・・・梅の木の剪定作業をします。
  • 2月・・・みつばちが梅の花に受粉します。
  • 3月・・・梅の実が顔を出し始めます。
  • 4月・・・収穫に向けてネットの準備をはじめます。
  • 5月・・・梅を収穫してから梅の実を選別する準備をはじめます。
  • 6月・・・梅の収穫!!
  • 7月・・・梅の収穫完了。
  • 8月・・・梅干しにするために天日干しをします。
  • 9月・・・梅干しの天日干しと品質のチェックをします。
  • 10月・・・梅干しの天日干しの作業完了。
  • 11月・・・梅の木の剪定作業をします。
  • 12月・・・梅の木の剪定作業をします。

梅雨と呼ばれるようになったのには、2つの有力説が存在します。

  • 【中国説】

    もとは中国で「黴雨(ばいう)」といって黴(カビ)の生えやすい時期の雨と言われていたが、カビはイメージがよくないので同じ「ばい」と呼ぶ字で季節にもあった「梅」が使われて【梅雨】となった。
  • 【梅の収穫説】

    梅の収穫する時期に降る雨で、梅の実が熟して潰れる時期だから「潰ゆ(つゆ)」と関連つけて【梅雨】となった


日本は北から南に長い島国なので、梅雨の時期は地域によって違いがあります。

北海道と小笠原諸島には梅雨はありません^^;


沖縄・九州・四国・近畿・北陸・東海・関東・東北など、多少の梅雨入り梅雨明けの日にちに前後の違いがあっても、だいたい梅雨の時期は6月から7月になります。

そして、この梅雨の時期に咲く花があじさいで、あじさいは6月から7月にかけて開花し、ピンク七変化に色が変化する不思議な特徴のある花を咲かせます。

土の酸性度が影響してあじさいの花は色が変化するのですが、これは日本特有で、欧州では土がアルカリ性だからピンクがおおいようですよ。

という訳で、結局はあじさいは梅雨の時期と連動するので、梅雨入りから2週間後あたりが満開と参考にしてもらえるといいかな?

梅雨入りすると、雨が続いてうっとおしい日が続きますが、心をリラックスするためにあじさい鑑賞をおすすめします!!

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ