仙台七夕祭り2017!花火祭打ち上げ時間と場所取り穴場情報

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

仙台七夕まつりは、来場者数が約228万を誇る、日本のお祭りランキングBEST5に毎年入る、ビックイベントになります。

仙台七夕まつりが、今年の夏もやってきますね^^

仙台七夕まつりは、伊達政宗(だて まさむね)の活躍した時代から続く、古い日本の伝統行事です。

って、伊達政宗が活躍した時代は、いつだったけ?

7月から8月にかけて、日本全国の各地域では、町内祭りから、市の祭りも含めて、毎日どこかしらで、お祭りが開催されていますよね。

その中でも大注目の 仙台七夕まつり2017を今回はご紹介します。 花火の打ち上げ時間や場所取りの方法のコツなんかもお伝えしています。

更新:2017-05-14

 

伊達政宗とは?

伊達政宗伊達政宗は、1567年生まれで、幼少期に病気で、右目を失っています。

昔、俳優の渡辺謙さんが主演を務めた、NHK大河ドラマの独眼竜政宗は、空前の大ヒットでしたよね。

もし、伊達政宗が生きていたら(絶対にあり得ない想定ですね^^;)

 

伊達政宗は456才になります。

 

つまり、仙台七夕まつりは、約450年前から続く、伝統行事になります。

活躍した時代背景は、戦国時代で、豊臣秀吉や徳川家康が活躍した時代ですね。

仙台七夕まつりが日本の伝統行事とわかったところで、東北の三大祭りと言われていることも、付け足して置きます。

 

  1. 青森ねぶた祭り(8月:来場者数276万人ー日本祭りランキング2位)
  2. 仙台七夕祭り(8月:来場者数228万人ー日本祭りランキング4位)
  3. 秋田竿燈まつり(8月:来場者数132万人ー日本祭りランキング13位)

2016年度日本のお祭りの動員数ランキングより

 

仙台七夕まつりの開催日と見どころ

仙台七夕まつりと言えば、仙台の中心地が七夕飾りで彩られて、地元の方からも、「たなばたさん」と親しまれる、お祭りになります。

昭和22年には、昭和天皇も巡幸されて、5000本もの竹飾りで歓迎したそうです。

七夕は、7月7日ですが、仙台七夕まつりは、毎年開催される日程は、曜日に関係なく決まっています。

  • 8月6日・8月7日・8月8日の3日間です。


ところで、七夕になると、なぜ、竹飾りに願い事を飾ったりするのでしょう?

織姫さまと彦星さまは、七夕とどんな関係、そして2人は結婚してるの?

【開催日】
2017年8月6日(日)〜8月8日(火)

 

【見どころ】
思考を凝らした約3000本の笹飾りが、仙台市内中心の1番町通りや、中央大通りに飾られます。
頭上になびく笹飾りは、色とりどりで、圧感ですよ。

<仙台伊達政宗公から続く日本一の七夕まつり>
仙台七夕まつり公式サイト

 

さて、本題の仙台七夕祭りの花火にいきますよ!

 

仙台七夕まつりをご紹介しましたが、前日(8月5日)に、前夜祭として開催される「仙台七夕花火祭」がこれまた、大人気です。

お祭りを楽しむ側からすると、楽しめたらいいので、どうでも良い情報なんですが、一応お伝えしておきますね。

 

 

8月6日から8日まで3日間開催される、伊達政宗公から続く、日本一の七夕まつり、「仙台七夕まつり」と、その前日8月5日に、七夕まつりの前夜祭として有名な、「仙台七夕花火祭」は公式には、別のお祭りです。

 

どうでも良かったかな?


スポンサードリンク

 

仙台七夕花火祭2017 打ち上げ時間と見どころ

仙台七夕花火祭の見どころは、約16000発の打ち上げ花火です。

そして、注目して欲しいのが、「芳賀火工」と言う仙台の花火会社が打ち上げをします。

仙台の花火会社?

 

侮る事なかれ!

 

なんと、「芳賀火工」は、シドニー五輪閉会式の世界五大陸花火で、アジア代表を務めた、世界が認める花火師たちです。

その、花火の打ち上げを、仙台七夕花火祭に行けば、鑑賞することが出来るのです^^

打ち上げ場所が、2014年から変更してますよ!


それに伴って、交通規制も変更になってますので、注意して下さいね。

打ち上げ場所変更を確認する

2014年より以前は西公園が、打ち上げ場所でしたが、少し移動して、東海大学・川内南キャンパスへ移動しています。

久しぶりに、仙台七夕花火祭に行かれる方は、打ち上げ場所には、気をつけて下さいね。

 

 

  • 【花火打ち上げ時間】・・・2017年8月5日(土)19:00〜20:30
  • 雨天の時は、8月9日に順延予定です。

  • 【打ち上げ玉数】・・・約16000発
  • 【観客数見込み】・・・約50万人

 

仙台七夕花火祭2017 穴場スポットの場所取り

ポイント花火の演出的にも、最初から花火は鑑賞するのが、1番良いですが、お仕事の都合などで、全部は鑑賞することが出来ない方もいるでしょう。

仙台七夕花火祭は、約16000発も花火が打ち上がるので、時間もたっぷり1時間半あります。

せめて、一番盛り上がるフィナーレの花火は見ておきたいところです。

そんな、並んで花火の場所取りがちょっと出来そうにない方や、人混みが苦手で並びたくない方に、おすすめの穴場スポットをご紹介します。

穴場スポットは、地元の方の情報に限りますよね。

今からご紹介する3つの穴場スポットは、地元の人がおすすめの穴場で、且つ、人も少なくて、座ることも出来る可能性があるとのことです。

つまり、花火の開始時間に間に合わなくても、スポット場所に行けば、あわよくば、座って花火鑑賞が出来る可能性があるということです。

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

  1. 東北大学の川内キャンパス

  2. 宮城県美術館

  3. 宮城県仙台第二高等学校


いかがでしたでしょうか?

 

ただ、地元の方のおすすめの穴場ですが、ネットに情報が出た時点で、穴場ではなくなる可能性がありますよね。

 

その際は、少しずらして見るのも手かもしれません。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

今回は、仙台七夕祭りにスポットを当てて、ご紹介させていただきました。

七夕飾に町が彩られ、短冊に思い思いの願いを書いて、花火を楽しむ。

日本の夏は、風流でいいですよね。

各地で、思考を凝らした、ご当地のお祭りが目白押しの季節です。

その中でも、見るもの全ての方を、感動させてしまう花火大会は、毎日見てもあきませんよね。

あとは、天候が晴れることを祈るばかりですね。

仙台七夕祭り2017、良かったら、あなたも出かけて、楽しんで見ませんか?


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ