虫歯は食べ物で予防!チョコレートの成分でなりにくいとは?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今日もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

6月4日と言えば、6の(む)4(し)で、「虫歯予防デー!」と言うのは、昔のお話です^^;

日本歯科医師会が1938年まで実施していたのですが、現在は、「歯と口の健康習慣」と言って、6月4日〜6月10日の1週間になります。

あなたも、たぶん虫歯を一度や二度は、経験したことがありますよね?

あの強烈な虫歯の痛みを経験したら、もう2度と虫歯になんか、なりたくないと思います。

虫歯の治療に行った歯医者さんで、ひどい治療をされたら、たまったもんじゃないですよね。

現に、管理人の奥歯は、白い詰め物のまま、そのまま放置しちゃってます^^;(そろそろ何とかしないと…)

虫歯予防していますか?

今回は、 なんと虫歯の代表的食べ物のチョコレートの成分が虫歯の予防になるとか、ならないとか?について調査してみました。

更新:2017-05-08

 

歯磨き以外に予防していますか?

歯医者さんに行くの、好きですか?

たぶん、歯医者さんへ、今日も楽しみ!早く行きたい♡という方は、少ないと思います。

大嫌いな、歯医者さんのお世話にならないためには、虫歯になりにくいように予防が大事です。

  • 歯磨き以外に虫歯の予防をしてますか?


毎日の食べ物飲み物で、虫歯になりやすい、なりにくいがあることは、あなたも知っていると思います。

甘い食べ物や、飲み物が、虫歯になりやすいですよね。

その代表格が、チョコレートやコーラーです。

ところが、チョコレートを食べると、虫歯予防になるらしいですよ!

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


虫歯になって、歯医者さんのお世話になりたくないので、虫歯の原因普段から出来る虫歯予防を理解しておく必要があるのですが、まず、気になるチョコレートを食べると、虫歯予防になる?の真相解明です。

チョコレートと言えば、虫歯の代表選手として有名ですよね。

管理人も大好物で、疲れた時に食べるチョコレートは格別です。

もしかして、管理人のチョコレートが虫歯になりやすい食べ物と言う、認識が間違ってたのでしょうか?

 

念の為に、虫歯になりやすい食べ物と、なりにくい食べ物を、ランキングで整理したいと思います。

 

虫歯になりやすい食べ物

1位 チョコレート
2位 クラッカー
3位 キャラメル
4位 クッキー
5位 ウエハウス

虫歯になりやすい飲み物

1位 炭酸飲料(コーラーなど)
2位 清涼飲料水(ポカリスエットなど)
3位 果汁飲料 (ネクターなど)
4位 乳酸飲料 (カルピスなど)
5位 発酵乳飲料(ヤクルトなど)


徹底的に虫歯になりやすい食べ物と、飲み物のランキングを調べてみましたが、やっぱりチョコレートは、1位か2位ばっかりなので、虫歯になりやすい食べ物の代表選手です。

  • チョコレートは虫歯予防の成分が入っているのは、本当だった!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

 

虫歯の原因は、歯に付着している歯垢です。

 

歯垢はなぜできるかと言うと、虫歯菌が食べ物に含まれるグルカンという物質に変えることでできます。

なんとですね!

虫歯の原因チョコレートの成分に「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれていて、虫歯菌の1つのブリナス菌の働きを抑える効果があることが、近年の研究でわかったようです。

 

【カカオ・ポリフェノールの効果】

  • 虫歯の原因の虫歯菌(ブリナス菌)に抗菌作用がある
  • 歯周病菌の殺菌効果がある
  • がん予防にも期待されている
  • 口のくさい臭いを防ぐ効果がある
  • アトピーや花粉症にも効果がある


こんな研究結果が発表されているようです。

これを知ったからには、毎晩寝る前にチョコレートを食べても大丈夫^^

むしろ、これからは積極的にチョコレートを食べて、虫歯予防しようと思ったアナタ!

「いや、ちょちょちょっと待て、お兄さん!」

「虫歯予防にチョコレートローリングサンダー!×2
虫歯になりやすい食べ物の代表選手と思ってだけど、虫歯予防にチョコレートローリングサンダー!」

スポンサードリンク

チョコレートの種類によって、カカオ・ポリフェノールが入っていない、チョコレートもたくさんあるようです。


ミルクチョコレートや、ホワイトチョコレートは、ほとんど含まれていないようですので、チョコレートを購入する時には、成分表を見て買いましょう。

 

ダークチョコレートは、カカオ・ポリフェノールが多いチョコレートが多いようです。

 

ただ、決してカカオ・ポリフェノールが含まれているチョコリートだからと、たくさん食べるのは、予防にならず、良くないことはわかりますよね^^;

虫歯の原因となる糖分の砂糖がたっぷりですから。。。

やっぱり、普段から出来る虫歯予防が大事です。

それでは、普段から出来る虫歯の予防をするためには、原因を特定しないといけませんよね。

というわけで、虫歯の原因から見てみましょう。

 

虫歯の原因は何?

虫歯の原因は、歯に付着している歯垢でしたよね。

どうして、歯垢が歯に付着するのでしょう?

  • 歯磨きが下手くそじゃないでしょうか?


口の中には、絶えず虫歯菌がいます。
食べ物を食べると虫歯菌が、たくさんの酸を出します。
そこで、歯磨きが大事になるのですが、正しく歯磨きができていますか?


スクラッピング法とバス法で正しく歯磨きしてみましょう。

歯ブラシだけでは、60%程度しか歯垢は取れないみたいです。
デンタルフロスも利用すると80%になりますので、取り入れて見て下さい。

 

普段から出来る虫歯予防をしよう!

 

歯がもともと弱くて虫歯になる方もいらっしゃいますよね。

 

歯が弱い人と強い人がいるのは、確かです。

それで、諦めていては、歯医者さんにずっと痛い思いを我慢して、お世話になることになります。

  • 歯が弱い方は、歯の質を強くすることで、虫歯の予防になります。


その為に良いのが、フッ素入りの歯磨き粉ですので、ご利用の歯磨き粉がフッ素入りか確認して対策してみましょう。

 

虫歯菌はたくさん酸を出しますが、唾液が虫歯菌を抑える役目をしています。

 

ただ、唾液の量がすくないと、酸を中和できないので、歯垢が歯に付着しやすくなります。

そんなときは、キシリトールガムを噛むことで、唾液の量を増やす効果がありますので、取り組んでみてください。

 

突然の歯痛の応急処置は?

普段から出来る虫歯予防は継続が大事になります。

一生使う歯だから、大切にして欲しいのですが、それでも虫歯になることはあります。

その時は突然と「歯が痛い!」と激痛が襲います。

我慢してたら、熱が出ることもあるので、そんな時の、応急処置を2つお伝えしますね。

応急処置

  1. ロキソニンS

  2. 痛みと言えば、ロキソニンSですよね。
    病院で出される痛み止めの薬と成分が近いので、激痛の時は、我慢をせずに、一時的に痛みを抑えて下さい。
    ただ、4時間くらいの効果ですので、なるべく早めに歯医者さんへ行きましょう。

  3. 正露丸

  4. 正露丸を歯が痛い時は詰める!

    これ、おばぁちゃんが教えてくれたのですが、この臭い正露丸を1番最初に虫歯に詰めたら痛み止めの効果があると、誰が発見したのでしょうね^^;

    正露丸は、主成分がクレオソートという成分で、歯医者さんが歯の神経治療で用いる薬剤になります。

    ちなみに、正露丸の箱には、効能に「むし歯痛」と明記されています。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

歯がキレイだと、印象もいいですよね。

顔がいいのに、ニコっと笑った時、虫歯が見えたら、ちょっとガッカリです^^;

歯茎が出血-腫れて痛みが止まらないが薬には頼るな!

虫歯菌を活発にしないように、食べ物にも気を付けたいところです。

たとえば今回ご紹介した、チョコレートですが、カカオ・ポリフェノール入りのチョコレートなら、虫歯の予防に効果があります。

なければ、砂糖が一杯の、虫歯になりやすい代表選手です^^;

甘味でも、野菜や果物の甘味は虫歯になりにくい食べ物です。

一生付き合う歯なので、大切にしたいものですね。


ちなみに、歯痛はストレスからも起こることがあるようですので、心身ともに体調管理が大事です。


スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ