タカラダニ(赤い虫)が布団に!退治は予防に効果なし!?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

赤い虫が4月下旬から6月にかけて、日本全国で大量発生しますが、今年も登場しましたか?

赤い虫は、気温に左右されるので、南から桜前線や梅雨前線のように、日本列島を北上して行きます。

こちらの記事を作成しているのが、5月7日になりますが、あなたの街にも、今年も赤い虫が大量発生していませんか?

管理人は、帰省で関西にGW(ゴールデンウィーク)に帰ってきたのですが、GWの半ばから、公園や、ベランダ、そして、庭の花の水やりをしていたら、白いプランターにも、庭のブロック塀にもと、いたるところに、赤い虫が大量発生しています。

そして、ついに布団まで(゚д゚)!

この赤い虫の正体は、タカラダニと言って、ダニの一種であることをご存知ですか?

タカラダニ?

ダカラナニ?

タラバガニじゃないよ^^;

念の為に、管理人がご紹介している赤い虫はコチラの写真になります。

どちらかと言うと、田舎育ちなもので、虫は慣れていますし、好きな方ですが、この赤い虫のタカラダニだけは、どうも昔から好きになることは出来ません。

でね、毎年のように、同じ時期に突然登場して、チョロチョロと活動的に動きまわる、タカラダニの姿を見ると、後悔をするのです^^;

  • 「なぜ、今年も予防対策をしなかった」

更新:2017-05-07

 

タカラダニ(赤い虫)の正体はクモ?

タカラダニですが、クモではなくて、ダニの一種になります。

ダニと言うと、噛まれたり、アレルギーの原因になると言われますが、このタカラダニは無害といわれていますので、安心してくださいね。


目視した瞬間に虫だ!とわかるものよりも、超小さい体(1㎜〜2㎜)で、右に左にチョロチョロ動きまわるものだから、かえって気持ち悪いし、不快なんですよね^^;

天気が良い日が続いたので、布団を干したかったのですが、赤い虫が布団に付いた状態で、タカラダニと一緒に寝るなんて、まっぴらゴメンです。

布団を干したとして、家に入れる前に、布団叩きでパンパンと叩いたりしたら、タカラダニが潰れて、赤い汁が布団についてしまいます。

タカラダニが潰れた時にでる、赤い汁ですが、蚊のように血を吸って赤い汁が出ているのではなく、体液が赤いから、赤い汁が出ています。

 

タカラダニ(赤い虫)の生態は?

タカラダニは、ダニの中でも、比較的に新しく発見されたダニなので、生態は、あまり良く知られていないようです。

不快だという苦情がはじめて出たのも、1987年だと言われています。

小学生の時ですが、窓や校舎の壁にチョロチョロいてて、「クモの幼虫発見!!」とか言ってた記憶がありますが、恥ずかしながら、ダニでした^^;

タカラダニの生態は謎が多いのですが、わかっていることをご紹介しますね。

 

  • 餌は花粉で、推測ではコケや藻類,排水口の有機物も食べている?
  • 3月下旬頃は幼虫で、4月中旬に若虫になり、5月初旬に成虫が出現することが多い
  • 5月中旬ごろにタカラダニの体には卵を有して、卵を産むためにチョロチョロしている
  • タカラダニは、メスしか発見されないので、おそらく単為生殖を行っている
  • タカラダニは、1個の卵を有するものが多いが、最大22個も卵を保有するものも発見されている
  • タカラダニは、卵を産卵すると、その場で天に召される
  • タカラダニの卵の色は赤色で、長さ0.2㎜、横0.15㎜くらいの楕円形


なぞが多くて、得体の知れない、赤い姿でチョロチョロ動けば、そりゃ不快ですよね。

でもね、タカラダニは、7月頃から8月になると、ピタッと姿を見なくなります。

つまり、放っておいたら、卵を散乱して、天に召されて、勝手に消えます。

そうは言っても、目の前で、動きまわっていたら、いち早く退治したいですよね。

特に、ご家庭に小さなお子さんや、赤ちゃん、そして、犬や猫を飼っている方は、気になると思います。


スポンサードリンク

 

タカラダニ(赤い虫)の駆除・対処方法は?

タカラダニの駆除する方法は、とても簡単です。

活発に動き回って、色も赤いし、体は毛に覆われていて、いかにも強そうですが、見た目だけで、超弱いです。

駆除・対策方法関係のまとめ記事

市販の殺虫剤を吹き付けるだけで、イチコロです
タカラダニ駆除!市販殺虫剤編

水をシャーとかければ、イチコロです
タカラダニ駆除!水の対処の仕方編

食器洗い用洗剤で吹きかければ、丸い固まりで駆除できます
タカラダニ駆除!食器洗い洗剤で撃退編


駆除方法は、ご紹介したように、意外と簡単なんですが、発生の期間が1日や2日で終わりません。

梅雨の時期に入ると、水が苦手なので、ピタッと姿を見なくなりますが、梅雨が明けると、数は少し減りますが、体は一回り大きくなって再登場します^^;

つまりね、殺虫剤でシュッシュしても、水でシャーと流しても、洗剤で丸く固まらしても、晴れると次から次へと再び発生してきます。

 

ここからが、1番大事なところです!

 

タカラダニ(赤い虫)の予防対策!もう2度と姿を見ないぞ!

タカラダニは、卵を産卵するために、ウジャウジャと大量に発生しています。

タカラダニ(赤い虫)は、4月から6月に大量発生する、不快害虫ですが、駆除だけでは、予防になりません。

駆除も大事ですが、可愛そうですが、卵が無くなれば、来年は大量に発生するのを抑えれる可能性がありますよね。

その為には、タカラダニが、どこに産卵をしているか知る必要があります。

  • タカラダニは、壁面の狭い亀裂やすき間を産卵場所にしています!


では、タカラダニの卵、撲滅作戦を決行です!

楽天広告

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

これで、来年こそ、タカラダニ(赤い虫)とおさらば出来ますね。

あなたの周りからは、タカラダニは撲滅に近くなるでしょう。

ただ、残念ながらお隣さんから、大量に発生したタカラダニが、壁面をつたってやってくるかもしれませんね。

でも、かなり詳細にご紹介させて頂いたので、駆除の方法から、対策、予防まで、確実にタカラダニについては、詳しくなっているはずです。

タカラダニのシーズンは布団を干すのも注意しないといけませんね。でも布団を干さないとカビが生えたりする原因になるので辛いところです。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ