札幌よさこいソーラン2017-高知のよさこい踊りと違いは?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

北海道でおススメする場所は、世界的に観光都市でもある、札幌です。

札幌市では、6月に大人気イベント、YOSAKOIソーラン祭りが、開催されます。

よさこいソーラン祭りの見どころは、何と言っても、趣向を凝らした派手な衣装で、大迫力の演舞のパレードやコンテストですね^^

であれば、梅雨のない北海道に行きませんか?

YOSAKOIソーラン6月と言えば、クールビズも始まって、じめじめした梅雨の季節で、気分が晴れない方も多いと思います。

ところで、よさこい祭りと言えば、全国各地で開催されますが、高知のよさこい踊りが有名ですよね。

札幌のYOSAKOIソーラン祭りとの違いは、何なんでしょう?

「YOSAKOIソーラン祭り」と「よさこい祭り」の違いを説明します。

更新:2017-05-27

 

YOSAKOIソーラン祭りは初夏の北海道札幌を舞台に開催され、高知のよさこいと北海道のソーラン節という奇跡のコラボレーションが実現したイベントです。

 

 

高知県出身の広末涼子さんが、よさこい祭りに登場!

毎年のように「帯屋町筋」の一員で踊っているからだろうけど、上手ですよね^^

 

よさこいとソーラン節をくっつけちゃったかあ……ちょっと節操がない感じもしますね(笑)北海道なんだからソーラン節だけでもよさそうな気もしますが。

でも、こういうものは楽しめればそれでよいのです。

 

札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」のルーツは、高知の「よさこい祭り」

よさこいソーラン祭りは、日本全国からお祭りの為に、たくさんの方が集まる大人気のイベントです。

その数、約3万人の参加者と、約200万人の観客です。

YOSAKOIソーランお祭りと言えば、日本の伝統行事が多いですよね。

たとえば、日本で観客動員数が一番多いお祭りの、博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)は、700年以上も伝統のあるお祭りです。

青森ねぶた祭も、奈良平安時代に活躍した、征夷大将軍の坂上田村麻呂が、大燈籠や笛、太鼓で敵を油断させて、はやし立てたことが由来と言われています。

よさこいソーラン祭りは、観客動員数が6位で、今や日本を代表するお祭りですが、2017年で、第26回目になります。そして新しい試みが盛りだくさんです。


ただ、1992年に誕生した、お祭りの中では、新しいお祭りなのです。

  • ルーツは、高知県のよさこい祭り

 

YOSAKOIソーラン祭りの誕生秘話

よさこいソーランは、長谷川さんが、大学生の時に誕生させました。

長谷川さんって誰だよ!?

⇒ 長谷川さんの写真を確認する。

 

長谷川さんは、現在、自民党所属の政治家で、YOSAKOIソーラン祭りの創始者です。

生まれは、愛知県ですが、大学は、北海道大学に通っていました。


スポンサードリンク

長谷川さんが、大学2回生の時に、お母さんは、ガンを患っており、お兄さんが、高知県の病院のお医者さんをしていたので、その病院へ入院していました。

あるとき、お母さんの看病の為に、高知県を訪れるのですが、その時に、本場の臨場感あふれる、よさこい祭りを観て、感動しました。

こうした光景を北海道でも見せられたら…

政治家になる方というのは、発想と行動力が半端じゃないですね^^;

 

  • 1991年12月・・・学生仲間5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足
  • 1992年4月・・・道内16の大学と短大の実行員150名の下、参加10チームで「第1回YOSAKOIソーラン祭り」を開催


高知のよさこい祭りが、北海道の札幌で、長谷川さんによって、「YOSAKOIソーラン」として、企画・立案されたことによって、全国で話題となり、日本の各地で、よさこい祭りが開催されるようになりました。

札幌を代表する一大イベントを、ゼロから作り上げた、長谷川さんって、凄いですよね。

 

札幌YOSAKOIソーランと、高知よさこいの違い

札幌YOSAKOIソーラン

高知よさこい

「鳴子」を持って踊ること!

「鳴子」を持って踊ること!

演舞の曲には、必ず「ソーラン節」を入れること! 演舞の曲には、必ず「よさこい鳴子踊り」を入れること!


高知のよさこいと、北海道のソーランをコラボレーションした、「YOSAKOIソーラン」ですが、衣装は、高知よさこいは、着物風に対して、札幌のYOSAKOIソーランはハッピが多いです。

 

YOSAKOIソーラン祭り2017年の日程

それでは、よさこいソーラン祭りの日程です。

  • 2017年6月7日(水)~6月11日(日)の5日間開催されます。

YOSAKOIソーラン公式サイト(スケジュール)

 

1番人気があるのが、祭りのフィナーレを飾る、ファイナルステージです。

 

  • 【日程】6月11日(日)
  • 【時間】第一部 15時50分〜 / 第2部 19時20分〜
  • 【会場】大通公園西8丁目会場

 

よさこい祭りの交通規制や、フィナーレ大賞予想はコチラをご覧ください。


よさこいソーラン祭りは、5日間開催されますが、ファイナルステージの他にも見どころが、一杯です。

【ソーランナイト】

<日程>6月9日(金)18時〜
<会場>大通公園西8丁目会場

海外のゲストチームや、昨年の受賞チームが中心に登場します。
【サタデーナイトパレード】

<日程>6月10日(土)19:20~
<会場>大通南北パレード会場(西5~7丁目)

歴代の大賞や準大賞チームと、全国で活躍しているチームが登場する、スペシャルパレードです。

YOSAKOIチーム、計13チームの踊りを一挙に見ることができます。実力者ばかりなので、見ごたえは十分です。


⇒ YOSAKOIソーラン公式サイト(さまざまなイベント)

 

YOSAKOIソーランに参加するには?

2017年の第26回YOSAKOIソーラン祭りは6月7日(水)~11日(日)の期間で開催されます。

YOSAKOIソーランにはチームで参加することができますが、今年の参加申込はすでに終了しているので、残念ながらこれからチームを作っても参加することはできませんね。

参加申込の受付期間は2016年12月4日~2017年2月28日だったので、来年はぜひ参加したいという方は12月頃に申込要領を確認、申込をしてください。

参加には参加費(1チーム10数万円)、また1チームあたりの人数は150名以下などの条件をクリアする必要があります。

 

今年のYOSAKOIソーランにこれから参加する方法は祭り当日の飛び入り参加です。

 

ワオドリスクエア会場(大通公園西7丁目)は祭り当日の飛び入り参加が可能です。

鳴子の無料貸し出しもあるので、飛び入り参加したい!

人が踊っているのを見ているうちに自分も踊りたくなっちゃったというときには、ワオドリスクエア会場へ!

日程は以下の通りです。

 

  • 6月9日(金)18:00~21:00
  • 6月10日(土)12:00~21:30
  • 6月11日(日)12:00~16:00

また、参加チームの仲間に入れてもらうという方法もあります。

踊り子募集掲示板から各チームに連絡してみてください。

踊り子募集掲示板

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

6月の札幌市は、寒いのか、暑いのか、どんな服がいいのか気になりませんか?

長袖で十分な時もありますが、セーターやカーディガンを、重ね着した方がいい時もあるようですよ。

そんな時におススメなのが、服装指数がわかるコチラのサイトです。

「ダウンジャケットで出かけよう」や、「昼間は長袖一枚着れば十分」など、アドバイスをしてくれます。

⇒ 道央の服装指数 tenki.jp

札幌と言えば、世界的に観光都市と言われますが、祭りも凄いですね。

客動員数トップ10に「YOSAKOIソーラン祭り」と冬には、242万人も来場する「さっぽろ雪まつり」があり、2つもランクインしています。

よさこいソーラン祭りは、テレビ中継や、動画で観るだけでも、迫力がありますが、やっぱり趣向を凝らした派手な衣装で、大迫力の演舞のパレードやコンテストを生の音と迫力を味わって欲しいですね。

札幌市に行かれることがあったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

 

以上が、YOSAKOIソーラン祭りについてでした。

YOSAKOIソーラン祭りに参加して踊りたいのであれば、参加チームに所属するのが一番!

今年のYOSAKOIソーランで色々なチームを見たり、飛び入りで参加したりして、お気に入りのチームを見つけたら、来年の祭りに向けてチームの仲間に入れてもらいましょう。

YOSAKOIソーランでは有料観覧席が多いです。メイン会場や特設ステージなどで見やすい場所でゆっくり見たい方は、事前に有料観覧席を購入しておきましょう。

2017年の有料観覧席の販売はすでに始まっているので(4月16日~)お早めにどうぞ。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ