ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

ぎっくり腰の早い治し方を教えてくれ〜!!息をするだけで『ウッ!痛いΣ(゚Д゚ υ) イタ!!』

ぎっくり腰になったら、温めた方が良かったけ? あれ? アイシングで冷やす方が良かったんだっけ?今、まさに突然と腰に傷みが走って動くことができない……

そんな状態であればぎっくり腰「急性非特異的腰痛」の可能生が高いですね^^;

管理人もぎっくり腰には1年に1回はなりますので、急性ぎっくり腰の発生直後の痛みや状況は良くわかります。季節の変わり目がかなりヤ・バ・イですね。

きっと腰の激痛から「助けてぇ〜、どうすればいいの?」という気持ちと、思いどおりにぎっくり腰の傷みで動かせない身体で頭の中は色いろな思いがまわっていることでしょう。

急性ぎっくり腰は、慢性的な腰痛坐骨神経痛とは違って、手や足首をひねったときの捻挫と同じです。

腰の捻挫ですから、 まずぎっくり腰を治すために大至急取るべき行動は……?

更新:2016-11-12

 

ぎっくり腰の治し方!温めるor冷やすどっちだっけ?

ぎっくり腰
捻挫の時の治し方は、

  • 温めたほうが良いのか?
  • 冷やしたほうが良いのか?

捻挫=患部を冷やす!!

捻挫というのは、筋肉の炎症ですからネットで調べてもらうとわかりますが、まずは安静アイシング冷やす対処法が一般的です。

ただ、管理人は最近は「温める方が早く治る」治し方だと感じています。

と、そんなことをお伝えすると、まさに今、急性ぎっくり腰に遭遇して激痛と戦っている方には、オイ!温めればいいのか?冷やせばいいのか?ぎっくり腰の治し方を早く伝えろ!とイライラしますよねm(__)m

 

急性ぎっくり腰の治し方は温めた方が良い!という根拠は後ほどご説明するとして、テレビで明石家さんまさんも言ってましたが、ぎっくり腰になると思ったら、痛いために前かがみなるところを、あえて「うぎゃー」とそらすことでぎっくり腰になるところを回避できるとか?

実際、お医者さんも「そのやり方正解!」と言ってたそうですが、さんまさんのレギュラー番組に穴を開けれないというプロ根性に脱帽です。

そんな痛みにとても耐えれそうもないので、まずは状況に応じての対処法をお伝えします。

 

急性ぎっくり腰の症状別対処法

 

  • 患部をさわったときに患部があつく熱をもっているなら冷やす
  • 患部をさわったときに患部がそれほど熱をもっていないなら温める

 

特に患部が熱を持っている症状は、とにかく一刻も早く、大至急に冷やしてください^^
傷みだけで熱をあまり持っていない場合は温めると早く治る傾向にあります。

ただ、これは応急処置で管理者のように慢性的になると辛い面があるので、2度とぎっくり腰にならないように信頼のおけるお近くの整体や病院にいかれることをおすすめします。


スポンサードリンク

 

ぎっくり腰は温めた方が早く治る!?

世間の常識では「炎症=冷やす」ですよね。

プロのスポーツ選手でも捻挫や打撲=アイシングです。

管理人もぎっくり腰になったときは、とにかく炎症を抑えるために湿布氷水などでアイシングをしていました。

ところが、知り合いに整体を営んでいるものがいまして、少しあら治療になるが「ぎっくり腰は温めた方が早く治る」と言うのです。

アイシングは痛みの感覚を麻痺させているだけ!!

常識を真っ向から否定するこの言葉に唖然としたのですが、なるほどの理論で納得しました。

この理論は「炎症=冷やす」のはなぜか?を理解するとスッキリします。

人間の身体は実に良く出来ています。

身体の悪い部分があると自然に治そうと勝手に働き出してくれます。

これを、自然治癒力といいますが、炎症も修復するために治そうと身体が作業をしているのです。

その作業のときに痛みが発生するようです。

 

  • 冷やすと自然治癒力を麻痺させて治りが遅くなる
  • 温めると自然治癒力を促進して治りが早くなる

 

つまり、冷やすことは身体が自然治癒力で治す作業のときの痛みを麻痺させているのです。だから自然治癒力を抑制させています。

逆に温めると自然治癒力を促進させるので身体の修復作業が早くなります。

冷やして自然治癒力を抑制させるのと温めて促進させる効果、どちらが早くぎっくり腰は治るか?

それは、温めて自然治癒力を促進させる方ですよね^^

ただ、冷やして痛みを麻痺させることができないので、温めることで自然治癒力は促進されさらに痛みは増えて、もっと激痛に絶えることになりますが^^;

ぎっくり腰を早く治す参考にどうぞ^^

 

1.ぎっくり腰になったら、貼るカイロで患部を温めてください。

2.ただし、患部を触って、痛みのない場所と比べて熱感がある場合は冷やす。

(熱くなりすぎて治るのが遅くなるのを予防。粗熱を取る)
3.アイシングに比べたら、ちょこっと痛みは増しますが、とっても早く治ります。

4.安静とは、寝られるだけ寝て、あとは痛みのある動作を避けながら普通に生活するという意味。
1日中ずっと横になっていることではない。

-かたこり整体院
(ぎっくり腰の対処法は温める治し方が1番早い?!治療や病院を受ける前にお読みください。)
より

 

ぎっくり腰になったら、コルセット!!

とうとうぎっくり腰になっちゃった(;_;)……と、泣いている場合じゃありません。

そんなときはコルセットを巻いて、悪化を防ぎます。

コルセットがない時の応急処置や正しい巻き方をご紹介します。

 

コルセットがない時、どうする?

コルセットがない時は応急処置として身の周りにある帯状のものを腰に巻き、痛い腰を固定しましょう。

 

  • バスタオル →バスタオルを腰に巻きます
  • サランラップ →サランラップでぐるぐる巻きにします
  • Tシャツ →長袖のTシャツ、ぐるぐる巻いた後に袖をぎゅっと結ぶと安定感がアップ
  • ビニール袋 →スーパーでもらうビニール袋(最近はなかなかもらえませんが)、大きめの袋を帯状に折り、腰に巻きます

 

他にも、風呂敷やズボンなど、腰に巻けるものなら何でもOK!

代用品で腰を固定したら、病院やドラッグストアのコルセット売り場へ!

このとき、くれぐれも走らないようにね。ぎっくり腰が悪化しちゃいます。と言うか走れたら軽いぎっくり腰。管理人の重いぎっくり腰は、息をするだけで痛くて、トイレにいくのも大変な状態になることがあります。


スポンサードリンク

 

コルセットの正しい巻き方は?

コルセットは正しく巻いていなければ腰痛予防や腰痛改善の効果なし!ということで、コルセットの正しい巻き方はこちらです。

 

  1. コルセットを背中に回し、真ん中の1番太い部分が背骨にくるように当てる。
  2. コルセットの上半分が腰、下半分が骨盤下にくるように高さを調整、体にフィットする位置でコルセットを巻いてください。

 

病院でコルセットを作った方は、お医者さんの指示通りに巻いてください。

骨盤ベルトや幅の細い腰痛ベルトの場合は、ベルトを骨盤にひっかけるようにして巻きます。

巻くときはお腹を引っ込めて、軽く背伸びをすると体にぴったりフィット!

巻いた後に背中やお尻に隙間ができません。体に沿うようにしめたら、ベルトは斜め下方向で重なります。ベルトの両端がお腹でXに交わったら正しく巻けています。

 

コルセットのおすすめは?

コルセットは体にフィットするものを使ってください。

【市販のコルセットでは痛む箇所に合わせて選びます。】

  • 腰(お尻よりも上)が痛い →幅のあるコルセット・腰痛ベルト
  • 腰の下(お尻あたり)が痛い →少し細めのベルト

市販のものでは骨盤ベルトという名前で売られていることもあります。

ドラッグストアやスポーツ用品店でも試着用のコルセットが置いてあることがありますよね。服の上からでよいので、一度腰に巻いてみてください。

 

ぎっくり腰になった翌日はどうする?

コルセットはぎっくり腰の痛みがなくなるまで装着します。

なので、翌日以降も着けてください。

応急処置として市販のコルセットを使用したときは、早めに病院へ!



自分流ではコルセットの装着方法が間違っていたり、「 実はぎっくり腰ではなかった!? 」なんてこともありますから、お医者さんに診てもらいましょう。

ぎっくり腰の場合は、オーダーメイドのコルセットを作ることもあります。

我が家にもあります。

自分専用のコルセットを作っておくと今度、いつぎっくり腰になっても大丈夫!安心感がありますよ。

ただ、お財布には響きましたが……(´・ω・`)、これからどんどん使って、元を取る予定です(いや、ぎっくり腰を治せよ(笑))

以上が、ぎっくり腰になりそうなときのおすすめのストレッチやなっちゃったときのコルセットの使い方などについてでした。

社会文化功労賞の愛知政則先生が考案した腰痛コルセット「バイオメカコルセット」

 

ぎっくり腰はなぜなるの?

いやし

管理人がはじめてぎっくり腰になったのは、高校生の時でした。

その日はあいにくの雨でしたが、いつものように自転車に乗って学校へ向かっていました。

突然と横風が吹き傘が風に持っていかれそうになったので、少し右腕と手首に力を入れたまさにその瞬間です。

グキッ!ウッ!!痛ぇーーー!!!

急性ぎっくり腰は、このようにふいに突然と襲ってくるのです。

重い荷物を持ち上げたときにぎっくり腰になるイメージが強いですが、管理人は今まで椅子から立ち上がったときや、くしゃみをしただけで『グキッ』とぎっくり腰になっています^^;

ぎっくり腰になったことがない方には症状が軽いものと思われがちですが、ぎっくり腰は非常に痛くて怖い症状だと思います。

ぎっくり腰はビッ!と電気が走るような痛みといわれるように激痛です。そして痛くて動けませんし、発症後しばらくは少しの動作も怖くなってしまうほどの痛みです。

そんな痛みは出来ることなら、経験はしたくないですし、再発は阻止したいですよね^^

 

ぎっくり腰になる原因を知って予防しよう。

不意打ちに突然と腰の激痛に襲われるぎっくり腰ですが、ちょっとした動作をきっかけに発症することが多いです。

どんな出来事も、原因があって結果があると良く言われますよね!

ということで原因となりうるものを調べてみました^^


生活習慣が影響しているかも?

  • 座り仕事が多い
  • 立ち仕事が多い



過激なダイエットや運動が影響しているかも?

  • 急激にダイエットをしている
  • 運動のあとストレッチなど身体のケアをしていない



ストレスが影響しているかも?

  • プレッシャーのかかる仕事をしている
  • 緊張する場面が多い

ぎっくり腰

かなりコンパクトにまとめさせていただきましたが、「身体の疲労」にぎっくり腰になる原因と予兆があるようです。

管理者もぎっくり腰になったときの生活習慣を振り返ると、パソコンの作業を集中して6時間ほど同じ姿勢だったり、3時間程度と睡眠時間が短かったりと、かなり背骨や筋肉に疲労を与えていたようです^^;

重たい荷物を持ち上げたときだけでなく、花粉症のシーズンになるとくしゃみをするだけで、ぎっくり腰になる方も多いようです。

寒い季節に同じ姿勢でずっといてると筋肉が萎縮してぎっくり腰になることもあるようです。


スポンサードリンク

突然の激痛に襲われないためにも、ぎっくり腰になったときのまわりの方に与える影響も考えて、予防出来るところは意識したいものですね。

 

ぎっくり腰の予防の第一歩

  1. 血行を良くする
  2. 心の緊張を緩和する


それでも、突然と起きてしまうのが急性ぎっくり腰です^^;

ぎっくり腰が発症したらしたで、そのときは仕方がないと割りきって、いち早く治すことに専念しましょう。

 

ぎっくり腰になりそうな予感?

ぎっくり腰になりそうなときにおすすめのストレッチや寝方をご紹介します。

おすすめストレッチをしよう!

ぎっくり腰には四つん這いです。

人間、二本足で立つからぎっくり腰になるんです。猫や犬がぎっくり腰になったという話、聞いたことがありませんよね。

ぎっくり腰になりそうなときには、野生にかえって四つん這いになりましょう。

【おすすめストレッチがこちら。】

  1. 四つん這いになり部屋の中を1周する。
  2. 脚の付け根を大きく動かすこと。あと、急な来客に気を付けること。

  3. 四つん這いのまま、5つ数えながらおへそを床に近づける。
  4. 腰を反り気味にします。

  5. 今度は5つ数えながら背中を天井に、腰を丸めます。
  6. ①~③を5回繰り返してください。

 

四つん這いの姿勢で腰が痛むときは、「なりそう」はすでに通り越してなっちゃっています。無理をするとぎっくり腰が悪化してしまうので、ストレッチはストップしてください。

 

【簡単な体操もおすすめ!】

上のストレッチ以外ではこちらのストレッチがおすすめです。

  • 仰向けに寝転び両膝を立てる。
  • 腰と尻を浮かせて、おへそを天井に近づける。お尻にぎっと力を入れながら5秒キープ、その後脱力。脱力ついでに腰をどすんと床に落とすと、ぎっくり腰ではなく打撲になるので気を付けて!

    静かに床に下ろしましょう。5回繰り返してください。

  • 仰向けに寝転び手で両膝を抱える。
  • そのままごろごろと揺れます。

  • 両足を肩幅に開き立つ。
  • 両手は腰に、腰をぐるぐると回してください。右に10回、左に10回。

  • 椅子に座り、背中を丸めながら上半身を倒したり起こしたり。
  • デスクワークの方は、仕事の合間にこの動きをすると、ぎっくり腰を予防することができます。

 

ぎっくり腰の寝方は?仰向け、うつ伏せ、横向き?

ぎっくり腰になりそうなときは、腰が痛くない姿勢で寝ます。

横向きで寝るのが一番腰に負担のかからない姿勢です が、人によってはうつ伏せがよいということも。

ぎっくり腰になりそうなときは自分が楽な姿勢が一番です。

ただし、仰向けは腰への負担大なので、やめた方がよいです。 特に、柔らかいマットを使用している方は。

楽天広告:カラー無地 体圧分散マット敷ふとん セミダブル ぎっくり腰や腰痛の方にもおすすめ 体圧分散マットレス 体圧分散敷き布団 送料無料

脚に布団やクッションを挟むと腰の負担が軽減します。

ぎっくり腰のときは、横向きで脚にはクッションを!これがだめな方は、自分の寝方を研究してみてくださいね。

ぎっくり腰になりそうなときは、布団やベッドはなるべくかたくした方がよい、これは管理人の経験談ですが、多分合っています。

ホテルのベッドに寝ると、一晩で腰痛になってしまう管理人、普段はもう二十年も使っている煎餅布団で寝ています。

新しい敷布団もあるのですが、一度使ったら柔らかすぎて腰が……( ;∀;)

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ところで、筋肉を鍛えるとぎっくり腰などの腰痛が治すって話がありますよね。

腰痛になるのは腹筋や背筋が弱いから。なので、筋肉を鍛えたら良い! 」と言われますが、筋肉を鍛えているスポーツ選手でも腰痛が原因で引退してしまう人もいますよね。

不思議だと思いませんか?

高い強度の筋力トレーニングで筋肉は鍛えることが出来ますが、腰痛の改善には差がないという結果もあります。

ぎっくり腰は、生活の過ごし方で防ぐことが出来ます。

日中の無理な姿勢が椎間板に負担をかけます。

寝ている間は椎間板に体重がかからないので、痛みはないですが、朝起きた時に椎間板が膨張して痛みが広がります。

特に月曜日の朝は注意が必要です。

また、ぎっくり腰の発症率はダントツに春が多いようですので、出来る予防をしておきましょう。

本当に激痛なので…^^;

追記

いやし
こちらの記事がこのブログで1番最初に書いた記事になりますが、1年に数回はぎっくり腰に悩まされるので、何とか対処したいと思い色々試したり調査していたら、ぎっくり腰の対処法の記事がたくさん出来ました^^

参考になるかもしれませんので、ぎっくり腰や腰痛にお悩みの方は参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ