2020年待ちに待った日本でのオリンピック『東京オリンピック』の追加種目にスポーツクライミングが採用されましたね。

これをきっかけに今、注目されているのが「ボルダリング」。

  • 挑戦してみたいという方も多いのでは?

また、年齢や体型を気にして挑戦したいのに二の足を踏んでいる方もいるかもしれませんね。

壁をよじ登る姿を見て、とてもハードなスポーツに見えますよね。

近所にボルダリングの施設があるのでうが、大人よりも子供が多く練習していました。そして、子供はスイスイ登っていますね。

やっぱり、体重の軽い子供は大人よりも有利なのでしょうかね。

壁を自分の腕や足でよじ登るボルダリングは見た目はとても難しそうですが、実は初心者や日頃運動していない方でも挑戦しやすいスポーツだそうですよ。

またコツをつかめばどんどん上達するのもボルダリングの魅力とのこと。

練習しても練習してもうまくならないスポーツだと、やる気がなくなっちゃいまからね。

根気のない私にぴったりかも!?

ということで、今回は管理人の娘なぞ子がボルダリングの始め方やコツなどについて調べてみました。

スポンサードリンク

どんなスポーツ?

ボルダリングは、英語で書くと「bouldering」、boulder(巨岩)を登るスポーツがボルダリングです。

ボルダリングはスポーツクライミングの一種で実際には巨岩ではなく、5m以下の高くない人工の壁を、ホールド(壁に配置されたとっかかり)を使って登っていきます。

ロッククライミングというと、高所恐怖症の私なんかは想像するだけで足がすくんでしまうのですが、5mの壁ならなんとかいけるかな……

ただし、ボルダリングではロープやあぶみ、ハーネスは使いません。

命綱なしか……やっぱり無理かも。

ボルダリングは、元々は自然の巨岩を登っていましたが、最近ではボルダリングジムで楽しむ人が増えています。

ジムなら初心者でも手軽に楽しめるし、怪我のリスクも小さいのでよいですね。

何歳〜上は何歳まで?

ボルダリングは年齢や性別問わず、誰でも楽しむことができます。

高齢の方も大丈夫!

年齢の上限はありませんよ。

年齢の下限についてですが、ボルダリング自体はよじ登る動作ができれば、2歳や3歳の幼児でもできます。

2歳や3歳の幼児、言えば赤ちゃんに近い子供が登って、私が登れなかったら恥ずかしいなぁ・・・。

ただ、ボルダリングジムによっては安全性の問題から幼児を積極的に受け入れていないこともあります。

小さなお子様をボルダリングに通わせたいときには、「幼児OK」のジムを探すか、ジムに「○歳の子は大丈夫ですか」と問い合わせてみてください。

「保護者同伴」や「空いている時間だけ」など条件付きで受け入れてくれることもあります。

小学生以上は通常のボルダリングジムで大丈夫です。

ボルダリングは各自のレベルに合わせて楽しむことができるスポーツです。

運動習慣のない人や腕や足の力に自信がない人、自分の体を持ち上げる自身のない人でもボルダリングをすることはできます。

ボルダリングを挑戦したいけど何らかの理由でためらっているという方、その心配や不安は杞憂かも!?

思い切って挑戦してみてくださいね。

始める必要な費用は?

ボルダリングを始めるのときにお金がかかるのは、

  1. ボルダリングジムの登録費
  2. ボルダリングに必要な道具
  3. この二つです。

まずは、ボルダリングジムの登録費から。

登録費

ボルダリングをする女の子の絵

ボルダリングジムでは最初に会員登録をします。

このときに登録費が必要です(ジムによっては不要のことも)。

登録費はジムによって違いますが、大体1,000~1,500円です。

さらに施設利用料として2,000円程度かかります。

このあたりの費用や料金体系は、ジムで確認してください。

必要な道具

ボルダリングに必要な道具は、ボルダリングシューズとチョークバッグ(チョーク)、この二つだけです。

あとは、動きやすい服装と靴下があればすぐにボルダリングを始めることができますよ。

初心者用のボルダリングシューズの相場は15,000円前後、チョークバッグは2,000円程度、ボルダリング用のチョークは1,000円程度です。

ボルダリングに必要な道具は20,000円前後でそろえることができますね。

ボルダリングジムに初めて行くときには、ボルダリングシューズやチョークバッグはレンタルするのがよいです。

最初から全部そろえた挙句、やってみたらあまりハマらなかった、ではもったいないですものね。

ボルダリングをやってみて、「楽しい!もっとやりたい」と思ったら、そのときに必要な道具をそろえてください。

ボルダリングシューズやチョークバッグのレンタル料は数百円です。

ボルダリングシューズには色々な型があるので、どの方のシューズが自分の足に合っているのか、ジムのレンタルで試してみてから買うのもおすすめです。

ルール

ボルダリングの壁には色々な色のホールドがついています。

ボルダリングではこのホールドに手や足をかけて壁を登っていきます。

ボルダリングでは難易度やコースごとに使っていいホールドが決まっています。

  • ボルダリングの基本的なルールは?
  1. スタートホールドに手を載せて体を浮かせる。
  2. フットホールドが決まっているときは、そのフットホールドに足をのせる。
  3. 決まっていないときには、好きなフットホールドに足をのせる。

  4. どんどん登っていき、最後、ゴールのホールドを安定した体勢で両手で約3秒持つか、登りきればクリア!

ルールを読んだだけでは、簡単そうに見えるけど(決まったホールドに手や足をかけてよじ登ればいいということですよね)、実際にやると難しいんでしょうね。

途中で、手足をどう動かしたらいいのか分からなくなったり、重力に負けて落ちてしまいそうです。

初心者がボルダリングを上達するコツを調べてみました。

スポンサードリンク

上達のコツ

①オブザベーション

登る前に使っていいホールドやコースを確認し、手足をどう動かしていくかをイメージしておくこと。

登る前の確認やイメトレを「オブザベーション」という。

なるほど、事前に確認しておけば、登っている最中にどっちの手や足を出すのか迷わずに済みますね。

何事も事前の確認やイメトレは大切です。

②腕を伸ばしてホールドを持つ

ホールドを持つ腕は曲げずに伸ばします。

腕を伸ばした方が腕の筋肉を使わないので、疲れにくいです。

また、手と足で三角形を作る(三点支持)ことを意識するとよいです。

③足→手→足→手の順番で動かす

なるほど、手からではなく、足から登っていくのですね。

はしごを登るときのように、足で登り、腕は体を支えるだけに使うと、腕がバテにくいです。

腕の力で登ろうとすると、バテます。

足はつま先をのせるようにして、ホールドにかけます。

気になる筋肉痛の程度は?

ボルダリングは、自分の体重を自分で持ち上げ支えるスポーツです。

なので、筋肉痛になります。そりゃあ、そうだ。

自分の体重を自分で持ち上げたり支えるなんて、日常では少ないですものね。

私なんて日頃は箸より重いもの持たないし(笑)、日頃甘やかしている分、筋肉が悲鳴を上げそうです。

また、ボルダリングは見た目には腕の筋肉を酷使しているようですが、実際には腕だけでなく全身の筋肉を使うスポーツです。

なので、筋肉痛は腕だけでなく全身に及びます。

ただ、ボルダリングを継続することで、ボルダリングに必要な筋肉がつきますし、もしかしたら体重の方にも変化があるかもしれない、体の使い方も上手になるので筋肉痛になりにくくなります。

筋肉痛の辛いのは最初のうちだけです。

ボルダリングの筋肉痛を軽減するためには、最初のストレッチと最後のアイシングが大切です。

ボルダリングを始める前はしっかりストレッチをして筋肉を伸ばしておきましょう。

ストレッチには筋肉痛を軽減するほか、怪我を予防する効果もあります。

ボルダリングを楽しんだ後、指や腕の痛い箇所をアイシングします。

痛くなった直後に氷水やスプレーで患部を冷やすことで、痛みが和らぎ、翌日以降に痛みや疲れが残りにくくなります。

まとめ

以上がボルダリングの始め方や上達するためのコツについてでした。

これからスポーツを始めたい方に、ボルダリングはオススメ度★★★三つのスポーツです。

運動が苦手な方でも、高齢の方でも楽しむことができますし、やればやるほど上達します。

始めるのに、それほどお金もかかりませんし、最初のお試しには自前で道具を揃える必要もなし。

まずは、気軽にジムを訪れてみましょう(。)/

ジムに行くときは、動きやすい格好(Tシャツにショートパンツなど、裾が長いズボンだと登るときに裾を踏んでしまうので要注意)に靴下も忘れずに!

怪我予防につめも切っておいてくださいね。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^