お腹周りの脂肪を短期間で落とすには?運動が嫌いな方へ^^;

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

お腹周りの脂肪、気になりますよね。

鏡で見たり、上から見下ろしたり、つまんだり叩いてみたり……色々した挙句「 やっぱり太ったか 」と渋々現実を受け入れています。

ダイエットを決意することもありますが、なかなか続きません。それに、お腹って全然痩せないのです(>_<)

  • お腹周りの脂肪ってどうやったら落とすことができるの?

ということで、今回は管理人の娘なぞ子が お腹周りの脂肪や落とし方などについて調べてみました。

更新:2017-10-07

 

お腹周りの平均値は?メタボチェック!

まずは現実を知るところから始めましょう。「ちょっと辛い現実かもしれないけど、現実から目をそむけてはいけません!」と良く母から言われます^^;

 

メタボチェックのときのお腹周りとウエストは違います。

 

 

ウエスト 一番くびれた箇所(細い箇所)を測りますが、 メタボチェック のお腹周りはおへそにメジャー を当てて測ります。

 

なので、ウエストよりもお腹周りは太いことが多いです。

少し古いデータですが、経産省による7000人を対象にした調査(平成16~18年度)の20代から40代のお腹周り(腹囲)の平均値は69cmでした。
  • 女性の平均値 :20代後半67.6cm、30代前半68.1cm、30代後半69.3cm、40代71.1cm
  • 男性の平均値 :20代後半77.9cm、30代前半81.8cm、30代後半83.5cm、40代85.4cm

 

    そして気になるメタボの基準値はというと、

  • 女性:90cm以上
  • 男性:85cm以上

あれ?男性の方が厳しいんですね。40代の平均値、基準値を超えている(^^;)

男性にとっては、厳しいチェックです。

 

お腹の脂肪を揉むと痛いのはなぜ?

お腹の脂肪

お腹の脂肪を揉んだりつまんだりすると、痛いときがありますよね。

不思議なことに、つまむ箇所をちょっとずらすと、今度は全く痛くありません。これは一体……

お腹の脂肪を揉んだりつまんだりしたとき、痛かったり痛くなかったりするのは、 血行やリンパの流れが原因 です。

お腹の血行やリンパの流れは一定ではありません。

血行やリンパの流れが悪くなっている箇所を揉むと痛いし、血行がよい箇所はつまんでも痛くないというわけです。

血行やリンパの流れが悪いと、そこに老廃物がたまり脂肪がつきやすくなります。

 

この老廃物や余分についた脂肪が痛みの原因です。

 

湯船にゆっくり浸かった後、お腹を見ると、皮膚が赤くなっている箇所とそうでない箇所があります。

この赤くなっている箇所が老廃物のたまった箇所、つまむと痛い箇所です。

 

  • ちなみに、お腹につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の二種類があります。

このうち、 つまめるのは 皮下脂肪 つまめないのは 内臓脂肪 です。

男性は内臓脂肪(ぽっこりお腹、りんご体型)がたまりやすく、女性は皮下脂肪(洋ナシ体型)がつきやすいです。

そして、メタボチェックでは主に内臓脂肪をチェックしています。


スポンサードリンク

 

お腹周りの肉の落とし方は?

 

有酸素運動編

  • お腹周りの肉を落としたいときに効果的なのが 有酸素運動 です。

運動で脂肪を燃やすことで、お腹周りの肉が落ちます。

特に内臓脂肪は、有酸素運動で落としやすいです。

 

おすすめの有酸素運動は?

 

エアロビクス

  • ウォーキング
  • スロージョギング
  • ジョギング
  • 水泳
  • エアロビクス
    など

 

有酸素運動では運動開始から20分後に脂肪が燃え始めるといわれています。

 

最低20分は続けるようにしましょう。

 

体重が重い方や運動不足の方は、膝や腰を痛めないように注意してください。

膝や腰に自信のない方は、ウォーキングや水泳から始めるのがおすすめです。

 

食事療法編

お腹周りの肉を落とすためには食事療法も大切です。

いくら運動しても、その分食べてしまえば、肉は落ちません。

 

食事療法では?

 

  • 炭水化物を摂り過ぎないこと
  • 野菜を食べること (食事の最初に野菜を食べると血糖値の急上昇を防ぐことができる)
  • おやつは控えめに

 

特に、運動後の一口や一杯は危険です。

運動をすると、食欲が刺激されてしまうので注意してくださいね。

 

運動嫌いの引き締めエクササイズ!

 

何十分も走るなんて無理 」「 ジムに通うのも面倒だしそもそも運動なんか嫌いだ(`´) 」「 短時間の運動で痩せたい 」という方におすすめなのが 無酸素運動 筋トレです。

お腹周りの筋肉を鍛えることで、お腹の脂肪を落とすことができ、さらに基礎代謝があがるのでお腹周りに脂肪がつきにくくなります。

また、無酸素運動は何十分もする必要がなく、毎日する必要もありません。

1回10~15分程度のトレーニングやエクササイズを週に2、3回行います。

 

  • お腹周りの肉を落とすのにおすすめのエクササイズがこちらです。

 

①腹筋運動

仰向けに寝っ転がって上半身を起こす、あれです。一回はやったことがありますよね。

ただ、一見簡単そうにみえるこの運動もやり方を間違えると、背中や腰を痛めます。正しいやり方を確認してください。

腹筋運動

  1. 仰向けになり、膝を直角に曲げる。
  2. 手は後頭部(耳の横)に当てるか、胸の前でクロスさせる。
  3. おへそをのぞき込むイメージで、肩甲骨が浮く程度まで上半身を起こす。上半身は完全には起こさない。
  4. 上半身を床に戻す。

1~4を繰り返してください。

頭が後ろに反っていると、腰や背中を痛めます。 顔や目(視線)は天井やおでこの方ではなく、おへそやお腹の方を見ながら上半身を起こすとよいです。

お腹を中心に体をぎゅっと丸めるイメージを持つと、よいかもしれません。


スポンサードリンク

 

②体幹トレーニング

体幹(インナーマッスル)を鍛えることで、お腹の脂肪を落とすことができます。

  1. うつ伏せになりこぶしを床につく(小指側を床につける)。
  2. 床につく位置は肩の下、こぶしから肘までは床につけたままにする。

  3. 体が一本の棒になったイメージで、頭から爪先までをまっすぐにする。
  4. 両足はそろえる。

  5. 肘と爪先を床につけたまま、体を浮かせる。
  6. お尻が出っ張ったり、上半身が沈まないように意識しすること。あなたは一本の棒です。

  7. このまま10秒キープ。

 

③スクワット

 

スクワットというと太ももやお尻を鍛えるイメージですが、実はお腹や背中の筋肉を鍛えるのにも効果的です。

また、太ももやお尻の大きな筋肉を鍛えることができるので、基礎代謝を上げやすいです。

スクワット

  1. 両足は肩幅に開き、爪先は心持ち外側に向ける。膝は爪先と同じ方に向ける
  2. (内側に向けたり倒すと膝を痛めるので注意)。

  3. 手は腰に当てるか、前にまっすぐ伸ばす
  4. (床と並行)。

  5. 息を吸いながら、腰を落とす。
  6. 膝を曲げるというよりも、股関節を折りたたむイメージ、お尻を後ろに突き出すイメージで。背中が反らないように注意すること。

  7. 息を吐きながら、元に戻す。

 

スクワットは効果が高い反面、膝や背中を痛めやすいです。

 

正しい姿勢をとれているか、姿見で確認しながら行ってください。

上記以外では、 フラフープや上半身を左右にねじる動きもお腹の肉を落とすのに効果的です。

 

お腹周りの肉をごまかす!着痩せ術は?

お腹周りの肉、いくらがんばっても急には落とせません。

 

お腹周りの肉をごまかすのにおすすめなのがAラインです。

 

Aラインのワンピースやトップスを選ぶと、お腹周りを隠すことができますよ。

また、 ブラウジング ぺプラム もおすすめです。

 

ベルトも着痩せアイテムです。

 

お腹周りの太い部分にベルトを巻くと、余計に太く見えてしまうので、太い部分は避けて、 ハイウエスト ローウエスト で巻くのがおすすめです。

男性では、サイズ感が大切です。

お腹を隠したいからと大きすぎるサイズのシャツやジャケットを選ぶと、余計に太く・野暮ったく見えてしまいます。

 

お腹周りをスッキリ見せたいときにはビッグサイズではなく、ジャストサイズで!

 

試着で自分に合った服を選んでくださいね。

 

お腹周りを隠したいときには、顔回りにアクセサリーを持ってくるとよいです。他人の目をお腹からそらすことができます。

女性ならピアスやネックレスなどのアクセサリーやストール、マフラーなど首回りの小物がよいですね。

男性は、サングラスやめがね、帽子、マフラーなどで顔回りに視線を集めるのがおすすめです。

 

なぞ子 管理人の娘(なぞ子)より

なぞ子

以上が、お腹周りの脂肪や落とし方などについてでした。

お腹周りの脂肪はなかなか落ちませんが、どちらかといえば、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が落ちやすいといわれています。

なので、メタボチェックにひっかかった男性のみなさん、運動をして内臓脂肪を落としましょう(^^)/


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ