年賀状か……そういえば、久しく出していないなあ。喪中なんかで一年あいてしまうと、とたんに出す量が減ってしまいますよね。

我が家は色々なタイミングが重なって(喪中続きだったのです)何年も年賀状を出せないでいるうちに、本当に出す相手がいなくなってしまいました。

とはいえ、昔の年賀状はまだ残してあります。

増えることはないけど、手元にある年賀状もけっこうな量、いつ・どうやって処分しようか悩んでいます。

管理人の場合は新しい年賀状が増えないからまだいいけれど、年賀状のやりとりをしている方では毎年新しい年賀状が増えるのでさらに大変!

年賀状の保管場所にも困りますよね。

ということで、今回は年賀状の処分方法や保管方法などについて調べてみました。

スポンサードリンク

年賀状は捨てる?捨てない?

年賀状、どのように処理していますか?

管理人はハガキホルダーや空き箱に入れて保管しています。箱に入れたままはや何年、もう出さないし見返すことはないだろうけど捨てるとなるとためらう……なかなか踏ん切りがつきません。

突然、相手に連絡をとりたくことがあるかな……いや、ないな。

じゃあ、なぜ捨てられないかというと、まずは個人情報の問題。

差出人の住所や名前が書いてある年賀状、そのままぽいっと捨てるわけにはいきません。シュレッダーにかけるか、個人情報保護スタンプで住所や名前を隠すか……いずれも大した労力じゃないけど、やるとなると面倒くさい。

さらに年賀状をシュレッダーにかけるときに気になるのが、家族写真や赤ちゃんの写真つきの年賀状。

赤ちゃんの顔がシュレッダーに飲み込まれていくのを見るのは忍びない、何かとても悪いことをしているような気持ちになります。きっと藁人形に五寸釘を打つときってこんな気持ちだろうなあ……それは考え過ぎか。

みんな年賀状の処理どうしてる?

年賀状の処理方法については、下記の3つに分かれそうですね。

  • 捨てる派
  • 捨てない派
  • 捨てるに捨てられない派

捨てる派では「新年の挨拶をした時点で年賀状の役目は終了するから」「保管している方が個人情報が漏れそうでこわい」「見返すことがない」「その都度捨てた方が楽」などの意見が多いようです。

また、新しい年賀状が来たらその人からもらった古い年賀状を捨てるという方もいました。この方法はよいですね。

年賀状がたまらないし、住所がわからなくなることもありません。

捨てない派では「思い出の一つ」「家族写真や赤ちゃんの写真を捨てると悪いことが起きそう」「見返すのも楽しい」「住所録として」などの意見が多かったです。

捨てるに捨てられない派、もしかしたらこれが一番多いかも?

管理人その一人です。

こんな人はきっと、本音は「捨てたい」「処分してすっきりさせたい」と思っているはず!

とりあえず、「捨てない(必要な)年賀状」と「捨てる(不要な)年賀状」の仕分けから始めてみるのがよさそうです。

スポンサードリンク

保管はいつまで?処分はいつ頃?

年賀状の保管期間や処分時期については、ルールやマナーはないようです。なので、届いてすぐにゴミ箱に捨てたとしても、マナー違反ではありません。

保管期間では、「捨てずにずっと保管」派を除くと、1、2年で捨てるという人が多いようです。

また、もらってうれしい年賀状(友達からの年賀状など)は残しておくけど、もらってうれしくない年賀状(絶縁したい友達や昔の職場の同僚など)は捨てるという意見もありました。

風水では捨てると運気が上がる?

風水的にいえば、風水には「古いものは処分した方が運気が上がる」という考えた方があるので、年賀状も一定期間が過ぎたら処分してしまった方がよいです。

特に、縁を切りたい相手や嫌いな人からの年賀状は、手元に置いておくと運気を下げてしまうので、早めに処分します。

【保管する年賀状】

  • 友達(からの年賀状)
  • 親戚
  • 恩師
  • 取引先や上司など今後もよい人間関係を築いていきたい人
  • 自分の運気を上げる、自分に幸運をもたらしてくれそうな人

【処分した方がよい年賀状】

  • 嫌いな人(からの年賀状)
  • 縁を切りたい相手
  • 断ち切りたい過去にまつわる相手
  • 今は付き合いがない人

年賀状の処分は春分の日までにするのがおすすめです。

春分は季節の変わり目、古い気が去り新しい気が入ってくる日で、運気が上がるきっかけでもあります。

春分の日を境に古い人間関係は清算し、新しい人間関係や運気が入ってくるようにするのがおすすめです。

ちなみに2018年の春分の日は3月21日(水)です。

春分の日をのがしたときには、秋分の日に処分します。2018年の秋分の日は9月23日(日)です。

春分の日というと、正月が明けてすぐだからもらったばっかりの年賀状を捨てにくいですが、秋分の日なら半年以上経っているので、心理的な抵抗感は軽減しますよね。

年賀状を捨てる絶好のタイミングです。

だめな処分方法

年賀状の処分方法についても、特に決まりはありません。お住いの地域のゴミ捨てルールに従ってゴミに出すのが一般的な処分方法です。

ただ、マナーや気遣いとして、個人情報が外に漏れない配慮はした方がよいですね。

ゴミに出す前にシュレッダーにかけたり、個人情報保護スタンプを押す、年賀状を束にしてからクラフトテープでぐるぐる巻きにするのもおすすめです。

シュレッダーは1000円前後、個人情報保護スタンプは100円ショップで買うことができます。まだ持っていない方は、買っておくと便利ですよ。

スポンサードリンク

年賀状を透明な袋にそのまま入れてゴミ捨て場に放置というのはだめです。

年賀状の処分方法ではゴミに出す以外にも以下の方法があります。

  • 古紙回収や資源ごみに出す
  • 回収ボックスに出す

古紙回収や資源ごみの回収方法ついては、各自治体や回収業者に従ってください。

回収ボックスについては、以前は郵便局に「使用済みはがきの回収箱」があったのですが、現在は設置していません。

郵便局では年賀状の回収は行っていないので、年賀状を郵便局に持っていかないようにしましょう。書き損じはがきについては1枚5円の手数料で新しいはがきと交換してもらえます。

  • 現在、年賀状の回収を行っているのがコンビニのナチュラルローソンです。

社会貢献活動の一環として行っているようですね。ただ、どの店舗でも行っているのかは不明ですし、そもそもナチュラルローソン自体、店舗数が少ないです。

なので、まずは近くにナチュラルローソンの店舗があるかどうか、店舗があったら店内に「個人情報書類回収BOX」が置いてあるかどうかを確認!

> ローソン店舗検索

確認できたら、処分したい年賀状を持っていきましょう。ナチュラルローソンは東京都や神奈川県などの首都圏に多くあるそうです。

> 年賀状コンビニ販売はいつから、いつまで?バラ売りは?

おすすめの保管方法

年賀ハガキの表面の絵

年賀状はハガキホルダーや箱などに入れて保管する方が多いですね。

住所録として保管するときには、同じ人からの年賀状は1枚だけ保管し残りは処分、分かりやすいように分類してからハガキホルダーに入れて保管するのがおすすめです。

年賀状を捨てる前や、住所録としてだけ保管したい(見返してしみじみしたり思い出に浸るという用途がないとき)ときには、スキャンしてデータで保存しておくとよいです。

保管に場所をとりません。

また、筆王や筆まめなどの年賀状作成用のソフトを利用するのもおすすめ!年賀状作成ソフトの住所録に登録しておけば、次に年賀状を作るときは住所録から年賀状を送る人を選ぶだけ、あとは印刷するだけで年賀状が完成します。

年賀状の現物を保管する必要がないし、住所の入力ミスなども防ぐことができますよ。

まとめ

以上が、年賀状の処分時期や保管方法などについてでした。

年賀状の処分時期や保管期間については、決まりやマナーはありません。

なので、不要な年賀状はこまめに処分してしまうのがおすすめです。保管期間が長くなればなるほど、捨てにくくなりますからね。

年賀状はゴミに出すか、資源ごみや古紙回収に回すか、あるいは回収ボックスに入れて処分します。

いずれの処分方法でも、相手の個人情報が漏れないために必要な処置をしてから、処分するようにしましょう。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^