毎年冬になると悩むのが暖房器具。

その年の灯油代や電気代を比較して、「さて今年の冬はどの暖房器具を使おうか」と悩みます。

なぜか我が家には、エアコンからホットカーペット、灯油ストーブまで暖房器具が一式そろっています。これが無駄かも?なんですよね。

とはいえ、ホットカーペットやファンヒーターは初期投資がかからないから、「今年は灯油が安いからストーブだ」と決めたり新しいものを購入するのもそう悩みません。

  • 悩むのは床暖房!

初期投資が高いですよね。電気代やガス代などのランニングコストもかかります。

挙句、暖房効果が低くて結局エアコンと併用ということになったら何のこっちゃわかりません。

床暖房にしなきゃよかったと後悔することもあると耳にすることもあります。

マンションを買う、リフォームを控えているという方には床暖房にするかどうかを悩んでいる方は多いのでは?

ということで今回は床暖房のメリットやホットカーペットとの電気代比較などについて調べてみました。

スポンサードリンク

床暖房の種類は?

床暖房には、大きく分けて電気ヒーター式と温水式があります。

床暖房のスイッチ

  • 電気ヒーター式
  • 床下に設置した発熱体に電気を通して放熱する(床を温める)床暖房です。

    ホットカーペットを床下に設置するイメージですね。

    熱源が不要なので初期投資は抑えられますが、ランニングコスト(電気代)は割高です。

    一室のみの床暖房に向いています。

  • 温水循環式
  • 電気やガス、灯油などで作った温水(40~60℃)を床下に通して床を温める床暖房です。

    熱源機にはエコキュート(電気)やエコウィル(ガス)、エコジョーズ(電気+ガス)、太陽熱利用温水式などがあります。初期投資は電気ヒーター式よりも高くなることが多いです。

    広い部屋や複数の部屋に設置するのに向いています。

床暖房の普及率は?

日本での床暖房の普及率は高くありません。

全国の普及率は10%程度なんだって。もっと普及しているものだと思っていました。Σ(・□・;)

最も普及している北海道でも21%程度と言われています。

普及が進まない理由は初期投資?

床暖房の普及が進まない理由の一つが高い初期投資です。

床暖房にもよりますが、20畳用の床暖房(リビングとダイニング)で設置費用は60~100万円程度

1畳あたり3万円以上ですね。これは高い!

このため、マンションの見積りを見たとき、真っ先に諦めるのが床暖房だといわれています。

さらに床暖房ではメンテナンス費用も馬鹿になりません。定期的に不凍液を交換する必要があり、メンテナンス費用は10年あたり5万円程度かかります。

床暖房のランニングコストは?

では、肝心の床暖房のランニングコスト(電気代、ガス代など)ですが、これは床暖房や床暖房に使用する熱源機、電気やガスの料金プランによって大きく異なります。

床暖房の1ヶ月のランニングコスト(10畳)では?

  • 電気ヒーター式7,300円
  • 温水式ガス床暖房5,100円
  • 温水式3,900円

寒い地域ではもっと高くなります。

床暖房のランニングコストについては、設置を検討するときにメーカーや工務店さんにしっかり確認してください。

スポンサードリンク

他の暖房器具と比較すると?

ちなみに、床暖房以外の暖房器具の1ヶ月あたりのランニングコスト(10畳)の目安がこちら。

  • エアコン4,500円
  • ガスファンヒーター4,500円
  • オイルヒーター4,400円

床暖房と同じように足元(床)を温めてくれるホットカーペットでは?

ホットカーペットのランニングコスト
  • 2畳用で1時間あたり5~8円(1ヶ月2,300~3,600円)
  • 3畳用で1時間あたり7~10円(1ヶ月3,100~4,500円)

 

こうしてみると、ランニングコストでは床暖房は他の暖房器具と比べて高いというわけではないですね。

床暖房のメリットは?デメリットは?

床暖房のメリットとデメリットをまとめてみます。

【床暖房のメリット】

確認

  • マンションなど外気に接しない、気密性が高い部屋ではランニングコストが安い(冬場も室内の温度が下がらないため)
  • 室内の空気が乾燥しない(エアコンやファンヒーターでは空気が乾燥する)
  • 埃が舞い上がらない

【床暖房のデメリット】

  • 初期投資が高い
  • メンテナンス費用が高い
  • 故障したときの修理費用や取り替え費用も高い
  • スイッチをつけてもすぐには温まらない(温水式で温まるまでに30~60分)
  • 床暖房用のカーペットを選ぶ必要がある
  • 床下や床に敷いた布団にカビが生えやすい
  • エコキュート(夜間電力でお湯をためる)の床暖房では湯切れ、昼間の電気を使用することで電気代が予想以上に高くなることがある

こうして比べてみると、床暖房ではデメリットが多いように見えてしまいますが、マンションのような外気と接しない、気密性・断熱性が高い部屋では、エアコンやファンヒーターよりもランニングコスト(光熱費)が格段に安くなることが多いです。

「エアコンを使うほど寒くない」というときには床暖房はメリットが大きいです。

ただ、このようなマンションや冬も暖かい地域では、「床暖房を使うほど寒くない」ということも多いのが、難しいところです。

寒い地域では、床暖房と他の暖房器具を併用することで暖房費(光熱費)が安くなります。

温かい空気は軽いので天井にたまりますよね。

エアコンでは暖房効率は悪いです。エアコンをフル稼働させても、ちっとも暖かくなりません。

床暖房は足元で放熱するので暖房効率がよいのです。

リフォームなどで床暖房を新たに設置するときには、フローリングをはがして床暖房を設置する、床に断熱材を入れたりカビ対策をほどこす、給湯器を床暖房用にしなければいけなかったり、と新築で床暖房を設置するよりも設置費用が高くなることが多いです。

また、床暖房を設置した部分だけ床が高くなるなどのデメリットがあります。

スポンサードリンク

リビングの暖房器具、選ぶポイントは?

一人暮らしで自分の居場所だけ寒くなければよいというときには、ホットカーペットやこたつ、電気ストーブ、電気毛布がおすすめです。
> こたつの時期 いつ出すか?しまうタイミングは?

ストーブ

ファミリータイプのリビングでは床暖房やエアコンなど、部屋全体をあたためる暖房器具が必須です。

寒い地域では床暖房やエアコンに加えて、こたつや電気ストーブもあると、寒くありません。

床暖房やエアコンは、スイッチをつけたときに最も電気やガスを使用します。

目安ですが、床暖房のスイッチをつけた直後の電気代は31円、安定運転時には10円以下です。こまめにつけたり消したりするよりも、長時間つけっぱなしの方がランニングコストは安くなります。

日中は誰もいない、使用するのは夜の数時間だけというときには、床暖房やエアコンは不向きかもしれません。

> エアコンとこたつを併用【電気代を比較】知らずに使うと。。

また、寒い外から帰ってきたのにすぐにあたたまらないというのも困りますよね。

夜だけ使用する、スイッチをつけたらすぐにあたたかくなるのがよいというときにはファンヒーターやガスストーブがよいです。

オイルヒーター

空気の乾燥が気になるときには、床暖房やオイルヒーターがおすすめです。


楽天広告
ROSSO オイルヒーター 省エネ タイマー チャイルドロック 静音 6畳〜10畳まで対応 10枚フィン

ただ、オイルヒーターは気密性や断熱性の高い部屋でなければあたたかくなりません。

マンションはよいですが、日本の戸建て住宅には不向きかもしれません。

床暖房のあたたかさは「あつっ( ゚Д゚)!」という感じではなく、「ほんのりあたたかい」というあたたかさです。

床にごろごろしたり素足や靴下で過ごす家庭では床暖房のあたたかさを実感することが多いですが、床にごろごろしない、室内ではスリッパを履くという家庭ではあたたかさを実感できないかもしれません。

赤ちゃんや犬、ネコなどのペットがいる家庭では、安全性も考慮して暖房器具を選ぶ必要があります。

エアコンが一番安全です。

床暖房も安全性は高いですが、設定温度によっては、赤ちゃんにとっては暑いかもしれません。

まとめ

以上が床暖房の種類や初期投資費用、メリットデメリットなどについてでした。

床暖房を設置するときの参考にしてください。

床暖房は初期投資が高いです。初期投資が高いのですから、ランニングコストは他の暖房器具よりも安くないとわりに合いませんよね。

床暖房を設置するか悩んだときには初期投資やメンテナンス費用だけでなく、月々のランニングコスト(光熱費)も計算して、設置するかどうかを決めてください。

リビングの暖房器具では、床暖房orエアコン(部屋全体をあたためる)+αで、電気ストーブなど(一か所をあたためる)を使用するのがおすすめです。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^