七五三は子どもの成長をお祝いし、健康と長生きを願う日本の行事ですね。

また、子どもにとって楽しみなのは千歳飴かな。

私は千歳飴をもらってとてもうれしかった記憶があるのですが、食べた記憶が全くない……帰り道に母親に渡したのまでは覚えているんだろうけどなあ。後日、肉じゃがにでも入ったのかな。

おいおい、しっかり千歳飴食べていたけどなぁ。お兄ちゃんのまで取り上げて食べていたのを覚えていないんだねぇ。子供の記憶とは怖いものですね。

七五三といいながら、全部の年齢でお祝いするわけじゃない、女の子と男の子でお祝いする年齢が違うのも不思議ですよね。

ということで、今回は管理人の娘なぞ子が、七五三や千歳飴の由来などについて調べてみました。

千歳飴の袋をおしゃれに手作りする方法もお伝えしていますので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

七五三の由来は?11月15日のわけは?

七五三の起源は平安時代までさかのぼります。

当時、子どもの死亡率が高かったため、子どもが7歳になるまでは人の子ではなく「神の子」とされていました。

子どもが急にいなくなることを「神隠し」といいますが、その「神」と同じですね。

そのため子どもが5歳や7歳になったら、子どもの成長をお祝いし神に感謝し、さらに子どもの健康と長生きを祈願していました。

これが七五三の起源です。

七五三のイラスト

このお祝いが終わると、子どもは晴れて「人の子」となり、村や社会に一人前の人として受け入れられていたのです。

3歳と5歳で男の子、3歳と7歳で女の子のお祝いをするなど、いわゆる七五三の風習が始まったのは江戸時代です。

七五三は最初は武家から始まったのですが、それには七五三の始まりが関係しています。

また、七五三が11月15日になった由来でもあります。

江戸時代、3代将軍家光は病弱なわが子徳松の成長を祈願し袴着の儀式を執り行いました。これが11月15日、現在の七五三の始まりです。

徳松は後の5代将軍綱吉ですね。

また、袴着というのは子どもの成長の一つの節目で、男の子が5歳から袴をつけはじめることに由来し、七五三の「五」は袴着のことです。

    徳川綱吉

  • 「三」は髪置、男女ともに3歳から髪を伸ばし始めることに由来します。
  • 「七」は帯解、女の子が帯をしめる年齢です。
  • 「七五三」と奇数の数字を並べたのは奇数はめでたい、縁起がよい数字だからです。

ということで、現在の七五三の風習(男の子は3歳と5歳女の子は3歳と7歳という風習や11月15日という日付)は徳川綱吉の七五三をきっかけに始まりました。

将軍家から武家へと広まった七五三はやがて庶民にも浸透、子どもの成長を祝う行事になりました。

  • この行事を「七五三」という名前でよばれるようになったのは明治になってからです。
スポンサードリンク

11月15日という日付の他の説

  • 旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)で吉日だったから。家光が15日を選んだのも鬼宿日だったためといわれている。
  • 七五三の数を全部足すと15だから15日になった。
  • 霜月祭(家業に関係深い神をまつる日)に由来するという説も。農家では、11月はその年の収穫を神に感謝する月。15日は満月になる日なので、この日に氏神様に収穫の感謝の祭りをしていた。そこに後から七五三がのっかったという説。

11月15日というのは、鬼宿日だったりお祭りの日だったり、と元々特別な日だったようですね。

そのため、綱吉の七五三の日取りに11月15日が選ばれた、それが庶民にまで広まり、元々あった風習やお祭りの上に七五三がのっかったというのが11月15日が七五三の日になった理由かなと思いました。

七五三の千歳飴の3つの由来は?

七五三といえば、千歳飴ですよね。

長い棒状の飴で、専用の袋に入れます。

千歳飴は読んで字のごとく、「千歳まで元気に長生きしてほしい」という子どもの健康と成長の願いを込めた飴です。

あの独特の形状も「長く伸びる」という願いが込められているからです。

  • この千歳飴の由来も諸説あります。

千歳飴

  1. 元禄時代、浅草浅草寺の飴屋の七兵衛が考案。紅白の棒状の飴を縁起物として売り歩いてたのがはじまりという説。
  2. 綱吉の七五三のときに売り出されたとも言われています。

  3. 1615年、大阪から江戸に出てきた商人が「長い長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる」という宣伝文句で売り歩いていた飴が七五三の千歳飴になったという説。
  4. ちなみに1615年というと、大阪夏の陣の年です。

  5. 江戸時代、神田明神前の天野屋さんで売り出されたのが始まりという説。
  6. 千歳飴の袋には鶴亀・松竹梅・「寿」がデザインされています。このデザインにも子どもの成長や長寿の願いが込められています。

  • 鶴亀:鶴は千年亀は万年
  • 松竹梅:冬でも緑を保つ松や竹、冬を耐えて真っ先に花を咲かせる梅
  • 寿:めでたい(*´▽`*)

日本のおめでたいものや縁起物を全て描いておきました!という袋ですね。これだけ、並べておけば、誰が見ても「おめでたい」と分かります。

千歳飴の食べ方は?

千歳飴の長さが長寿の象徴なので、切ったり折ったりせずにそのまま食べるのがよいという説があります。

節分の恵方巻みたいですね。

でも、千歳飴ってけっこう長いような……

調べてみると、千歳飴は「直径1.5cm以内長さ1m以内」と決まっているそうです。

さすがに1mの千歳飴はあまり見ないけど、でも、よく見かける千歳飴も30cmくらいはありそうです。

あの飴を、子どもが一人で食べられるかなあ……それも折らずに。屋台の林檎飴も一人で食べきったことがない私には無理そうです。

スポンサードリンク

千歳飴の食べ方(別説)

別の説では、千歳飴は年の数だけ食べるものという説もありました。

節分の豆みたいですね。

この説でいけば、千歳飴を年の数に切り分けて食べてもいいということみたいです。

また、「福を分ける」という意味で、千歳飴を切り分けてみんなで食べるのがよいという説もあります。

千歳飴を近所に配るのはこの「福を分ける」という考え方によります。

これなら、子どもが食べきれなくて困るという事態も避けられるし、他の兄弟も飴を食べられるのでよいですね。

折って食べるときには、折り口で口や手を怪我しないように気を付けてくださいね。

余った千歳飴は?

みりんや砂糖の代わりに料理やお菓子作りに使うとよいです。千歳飴には砂糖や香料(着色料)とでんぷんが入っています。

煮物に入れると優しい甘味と照りをつけることができます。千歳飴ではありませんが、私は食べられなかった飴は煮物に入れています。砂糖よりも優しい甘さになるので好きです。

 

千歳飴の袋をおしゃれに手作り

千歳飴の袋は手作りすることもできます。

子どもと一緒に作ったら楽しそうですね。

子どもが作った袋に千歳飴を入れてあげるのもおすすめです。

千歳飴の袋は、縦35~40cm、横12.5cm程度のものが多いです。飴を入れるだけなので、マチは必要ありませんね。

また、千歳飴も色々な長さのものがあるので、上のサイズの袋でなければいけないというわけではありません。

簡単に作りたいときには、画用紙を折ってのりづけし、縦長の袋をつくる。

そこにリボンやヒモで持ち手をつけて出来上がりです。

袋の絵柄やデコレーションは子どもが好きなようにすればよいですよ。

マジックやクレヨンだけでなく、リボンや折り紙、フェルトなどを使って楽しくデコレーションしましょう。

千歳飴の袋の型紙を無料でダウンロードできるサイトがこちらです。

作り方も紹介されているので、参考にしてください。

> 手作り千歳飴袋〜切り絵で楽しむ七五三製作遊び〜(保育や子育てに繋がる遊び情報サイト)

> 折り紙で作ろう!千歳飴袋(All about)

まとめ

以上が、七五三や千歳飴の由来などについてでした。

自分の七五三の記憶は、年齢が年齢なので、ぼんやりとしか覚えていませんが、「今年、七五三だったのよ~」といって親戚の子の写真を見せてもらうと、「この前まで赤ちゃんだったのに、もうこんなに大きくなって」と感動してしまいます。

親戚の子でこれなのだから、親の感動はとても大きいのでしょう。

日本の昔ながらの行事でも廃れたりなくなったりすものが多いなか、七五三は毎年盛況、盛況っていう言い方はおかしいかな。、でも廃れる気配がありませんよね。

七五三の写真を撮ろうというCMも毎年見かけます。

これはきっと、「子どもの成長と長寿を願う」という親の気持ちは平安時代や江戸時代も今も、変わらないからかなと、今回調べながら思いました。

子どもの成長を願う親の気持ちをやっとわかってくれたかε-(´∀`*)ホッ

> 七五三 母親の服装でコサージュはマナー的に?20代はコレ!

> 七五三 父親の服装はこのネクタイの色が今年は流行るかも?

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^