たまには温泉につかってのんびり過ごしたいですよね。

名湯秘湯じゃなくていい、近場の温泉でいいから心身のリフレッシュのために温泉に行きたいなあ。

また、冷え性解消の目的や美肌の湯など、温泉の効能目当てに温泉に行く方もいますよね。

何日も宿泊して温泉につかる湯治なんかでは、目当ての効能がある温泉に行きます。

私も「美人の湯」や「美肌の湯」といわれると、いつもよりも長めに温泉につかってしまいます( *´艸`)

  • ただ、温泉の効能って本当に効果があるの?
  • 美人の湯につかったら美人になれる??

ということで、今回は温泉の効能などについて調べてみました。美肌は本当か嘘か?ちゃんと科学的根拠はあるのでしょうかね?

スポンサードリンク

温泉の効能とは?

温泉の効能は泉質(温泉に含まれる物質)によって違いますが、どの温泉にも共通する効能がこちらです。

猿と温泉

①温熱効果

  • 「体が温まる」効果です。

まあ、温泉ですからね。そりゃあ、体は温まります。

温熱効果で体が温まることで?
  • 全身の血行が良くなる> 冷え性解消、肩こりや筋肉痛の解消、新陳代謝促進、新陳代謝による美肌
  • 発汗効果> 老廃物排出、乳酸排出による疲労回復
  • リラックス効果

 

ちなみに、日本人が「気持ちいい」と感じる温度は42℃前後です。

しかし、リラックス効果のためには42℃は熱すぎ、リラックスどころか交感神経を刺激されるため興奮してしまいます。

リラックス効果を得るためには37~40℃の「ぬるめ」の温泉がよいそうです。

ぬるめの温泉の方が長時間つかることができますしね。

②水圧によるむくみ解消、内臓への刺激

  • 水圧でむくみを解消することができます。

また、内臓も刺激されるので、食欲不振が解消したり、便秘を改善することができます。

③リラックス効果

温泉につかった後でおいしいものを食べる、自然の中で露天風呂につかる、家族や友達とわいわい楽しく温泉に入る、一人でゆっくり温泉を楽しむなど、日常生活とは離れた温泉で楽しく過ごすことで、日々のストレスや疲労を解消し、リラックスすることができます。

これらの効能に加えて、泉質によって、

  • 弱アルカリ性単純泉、炭酸水素塩泉(重曹泉)などのアルカリ性の温泉
  • 肌の角質をやわらかくし、皮脂を乳化するのですべすべの肌に。美肌の湯。

  • 塩化物泉(食塩泉)
  • 冷え性解消、皮膚の表面に塩の膜ができるため湯冷めしにくい。

  • 二酸化炭素泉(ラムネ泉、泡の湯)
  • 二酸化炭素を含む温泉、冷え性解消、代謝アップ。

  • 硫黄泉(硫化水素泉)
  • 血管を拡張する、しもやけや動脈硬化症に効果。

  • 酸性泉
  • 殺菌力が高く、皮膚病に効果。

  • 放射能泉(ラジウム温泉、ラドン温泉)
  • 万病に効く。

などの効能があります。

放射能泉の効果って一番怪しいですね(;´∀`)

スポンサードリンク

美肌の効能は本当?科学的根拠は?

美肌の湯は全国にあり、泉質は様々ですが、多くの美肌の湯は、炭酸水素塩泉というアルカリ性の温泉です。

アルカリ性の温泉は、ヌルヌル・しっとりした感触の温泉です。

苦手な方は苦手かもしれませんね。

アルカリ性は、肌の表面の角質をやわらかくし、取り除きます。

さらに、皮脂を乳化ため、湯から上がると、スルスルとしてなめらかな肌になっています。

これが美肌の湯の効果です。

美肌の湯

アルカリ性の温泉は効果があらわれやすく、また実感もしやすい(肌の表面に効果があらわれるので、神経痛に効くだとかリウマチによいというよりも、効果を実感しやすいです)ため、温泉の中でも美肌の湯は人気の高い温泉です。

ただ、アルカリ性の温泉の美肌効果は誰の肌にとってもよいというわけではありません。

皮脂を乳化させるため、乾燥肌の方では肌の乾燥が悪化します。

湯から上がってしばらく経つと、カサカサ肌になってしまうのです。

また、皮膚表面を軟化させるため、肌のバリア機能が落ちます。

  • 美肌の湯の中には、酸性泉もあります。

酸性泉の効果は、肌の殺菌です。

皮膚病やニキビなどに期待がもてますが、敏感肌の方では、酸性泉は刺激が強くて肌荒れを起こすことがあります。

ちなみに、日本三大美人の湯はこちらです。
川中温泉(群馬県東吾妻町)
龍神温泉(和歌山県田辺市)
湯の川温泉(島根県出雲市)

温泉の近場に住んでいる方は、ぜひ足を運んでみてください。すべすべ・つるつるの肌を手に入れましょう(。)/

おすすめの温泉は?効能は何?

名湯秘湯、日本を代表する温泉とその効能をご紹介します。

①下呂温泉(愛媛県)

単純泉です。

単純泉とは、温泉に含まれるどの成分も「○○泉」の基準に達していない温泉のことです。

効能がマイルドで、肌の弱い方から赤ちゃん、高齢者まで誰でも楽しめる温泉です。

主な効能は冷え性解消やリラックス効果です。

下呂温泉 旅館協同組合公式サイト

②長湯温泉(大分県)

日本では珍しい、炭酸泉(ラムネ湯)です。

温泉に入ると、炭酸の泡が肌に貼りつきます。温泉に含まれる二酸化炭素は皮膚を通って血管に入ります。

その結果、血行がよくなる・代謝がよくなるなど。
長湯温泉旅館組合公式サイト

③草津温泉(群馬県)

草津温泉も日本を代表する温泉ですよね。

我が家でも「草津温泉のもと」を愛用しています(笑)

草津温泉は酸性泉で、殺菌力の高い温泉です。慢性的な皮膚病に。
草津温泉ポータルサイト

④有馬温泉(兵庫県)

日本三名泉の一つが有馬温泉です。

有馬温泉は、硫黄泉と酸性泉を除く7つの泉質(単純性温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉・放射能泉)がそろっています。

おお、一か所で7つも!これはお得だ(*´▽`*)

効能は、冷え性や腰痛、関節痛、皮膚病、高血圧症などに。
有馬温泉観光協会公式サイト

⑤酸ヶ湯温泉(青森県)

酸ヶ湯温泉には5つの源泉があります。

泉質は、酸性・含硫黄泉です。

神経痛や関節痛、冷え性、疲労回復、皮膚病、動脈硬化症などに。

スポンサードリンク

酸性泉や硫黄泉では、温泉の効能が期待できる反面、皮膚が弱い方や高血圧や心疾患のある方には危険が温泉もあります。

特に、小さなお子様や高齢者の方は注意してください。

また、硫黄アレルギーなどのアレルギーを持っている方も注意が必要ですね。

アレルギーの方では、温泉に入らなくても、温泉街や温泉郷に近づくだけでアレルギーの症状があらわれることがあります。

実は管理人の父が硫黄アレルギー、そのため家族旅行では温泉に行けません。

父は高所恐怖症で飛行機も乗れないので、海外旅行もなし。

旅行に行くには、何かと足手まといな父親です(笑)

温泉は持ち帰ってもOK?

温泉水を持ち帰ってもよいかどうかは、温泉によって異なります。

温泉の管理者に確認してくださいね。

「持ち帰りOK」と書いてある場所や温泉スタンドの温泉水なら持ち帰ることができます。

温泉を持ち帰るときの容器はペットボトルやポリタンクを使うことが多いかな。

水筒や魔法瓶で温泉を持ち帰ると、水筒や魔法瓶が変色したり腐食することがあります。

注意してください。

  • 持ち帰った温泉水は早めに使いましょう。

お風呂に使うのなら1週間を目安に、化粧水や乳液として使うのであれば数日以内に使いきります。

温泉水の多くは殺菌されていないので、長期間保管すると腐ってしまいます。

なるべく長く保管したいときには、ガラス瓶やペットボトルに入れ冷蔵庫で保管してください。

一度沸騰させてから保管するとさらに長持ちするかもしれませんが、加熱することで泉質も変わるかもしれません。

持ち帰った温泉水を飲用するのはあまりおすすめではありません。

上にも書きましたが、温泉水は殺菌や消毒がなされていません。

温泉水を飲むのは持ち帰った日だけにした方がよいです。

まとめ

以上が、温泉の効能などについてでした。

温泉で健康や美肌になりたい方、今度の連休の旅行先を探している方、ぜひ参考にしてください。

グループや家族で温泉旅行に行くときは、単純泉がおすすめです。

効能はマイルドですがその分副作用もないので、誰にとっても入りやすく、安全安心な温泉です。

女子会の旅行なら美肌の湯もよいですね。

冬の温泉地では、雪深い温泉の露天風呂というのも憧れますが、予約する前に温泉地に行くまでの足を確保できるかを確認しておきましょう。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^