文化祭の出し物ゲーム!小学校の教室でおすすめ企画10選

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

ザッ君
最近の小学校は文化祭もあるんですね、知りませんでした。

 

文化祭というと、中学校高校のイメージでしたが、そっか、小学校も文化祭をする時代か。

でも 小学校の文化祭って何をするのだろう……

中学校高校では、クラスでお化け屋敷をしたり部活で焼きそばやわたがしを売ったりしていましたが、小学校の文化祭もこんな感じなのかな。

何をするにしても、子どもだけでは無理でしょうから、大人ががんばらなきゃいけないでしょうね。

ザッ君
最近の保護者は大変だ(´・ω・`)

 

ということで、 今回は小学校の文化祭や文化祭でおすすめの出し物ゲームについて調べてみました。

更新:2017-08-12

 

小学校の文化祭の特徴と傾向

 

文化祭というと、文化部は出し物をして、運動部は焼きそばやわたがしを売ってせっせと 部費を稼ぐ というイメージですが、小学校の文化祭に部費は関係ないですよね。一体どんなことをするのでしょう。

調べてみたところ、 各学校やり方は色々 です。

小学校の文化祭

午前中は学習発表会のように各クラスごとの出し物をやって、昼からは縁日のように教室でゲームをしたり食べ物を提供するというスタイルもあれば、一日中、縁日・お祭りスタイルという学校もあるようです。

自治体や地域が協力する学校もあれば、PTAが中心となってお店を出したりバザーや食べ物提供をする学校もあります。

とはいえ、やっぱり 主役は子供!

 

 

子供がやりたいことを大人がちょっと手助けしてあげるというのが小学校の文化祭の特徴です。

 

そういえば、小学生の頃って、男の子は野球選手やサッカー選手だけど、女の子はケーキ屋さんや食べ物屋さんに憧れていましたよね。

管理人の娘のなぞ子も、おもちゃのケーキ屋やアイスクリーム屋のおもちゃでよく遊んでいました。

自分で料理を作ってお客さんに出すという体験は子供にとってはとても楽しいことなのでしょう。

 

学校によっては食べ物は一切提供しない、出し物はゲームだけという学校もあります。

 

食中毒ややけどなどのケガ防止のためかな。

それに食べ物を出すとなると、どうしてもお金がかかりますからね。親の負担(お母さん方)も大きいし。

  • 小学校の文化祭はまだ始まったばかりなので、各学校、やり方を模索しているところなのでは?

もしあなたのお子様の小学校の文化祭があるなら、どんなことをして親はどんな形で参加するのかは、小学校や先輩ママに確認するのがよいと思います。

 

小学校文化祭の出し物予算は?

予算

小学校の文化祭では、どこが主催するのか(学校なのか、PTA行事なのか)によって異なりますが、学校やPTAからお金が出るはずです。

金額は1万円だったり3万円だったり学校によってさまざまですが、小学校の文化祭では、学校やPTAから出るお金の範囲内で準備をするのが基本です。

文化祭のためにクラス全員からお金を集めるというやり方はとらない方がよいでしょう。

予算内でやれることをやればよいのです。

お金をかけて豪華な出し物をする必要はありません。

私立ならいざ知らず、公立小学校では各家庭の経済力はさまざまですし、家庭内の事情でお金を出せない方もいるかもしれません。

子供たちが「もっとこうしたい」と言っても、 予算内でやりくりすることを学ぶいい機会 ととらえて我慢させましょう。

クラスから集めるのであればお金ではなく、段ボールや袋、ペットボトルなどの材料がよいです。


スポンサードリンク

 

小学校文化祭の準備期間は?

準備期間は?

小学校文化祭の準備期間は長くありません。出し物は教室で行うことが多いですよね。

文化祭前の最後の授業が終わるまでは準備はできないでしょうから、出し物の準備は 文化祭前日の放課後 、文化祭が日曜日の場合は前日の土曜日に準備できることもあります。

いずれにせよ、高校の文化祭や大学の学園祭のように何日もかけて準備をするということはできないので(保護者の方も仕事や家事があるので文化祭の準備に時間をかけられませんよね)、 小学校の文化祭では凝った出し物は避けた方がよいです。

教室(出し物の会場)での準備時間が短いときには、各家庭で準備(飾りを作ったりゲームに使うアイテムを作っておく)をしておいてもらって、教室では作っておいた飾りやアイテムを設置するだけにするというように、 短時間で準備が完了するように工夫 しておくとよいです。

 

小学校の教室で出し物ゲームおすすめ10選

 

小学校の教室でできる出し物ゲームをご紹介します。

 

①知力系

クイズゲームや宝探しゲーム、迷路・脱出ゲームなど頭を使うゲームです。

室内の出し物にはよいですね。狭い教室でも行うことができます。

 

  • クイズゲーム (○×ゲーム、早おしゲーム、ミステリーボックスゲーム)
  •  

  • 宝探しゲーム (宝探し、水槽コインゲーム)
  •  

  • 迷路脱出ゲーム
  •  

  • すくい系ゲーム (ヨーヨー、スーパーボールすくい)

ミステリーボックスゲームとは 、目隠しをした状態(箱を覆って中身を見えなくしてもよい)で箱の中身が何なのかを当てるゲームです。

バラエティ番組でよくやっていますよね。

なぞ子
箱の中身の定番はこんにゃく?

 

バラエティ番組ではへびやタコが入っていることが多いですが、小学校の文化祭ではさすがにへびは調達できないでしょうから(笑)、こんにゃく程度にしておきましょう。

手探りをしているときのリアクションもまた面白さの一つなので、ぬるっとしたりひやっとしたものを中に入れておくとよいです。

 

ヨーヨーすくい

宝探しゲームやヨーヨーすくいでは 、子供用のプールを利用するとよいです。

宝探しゲームなら 、プールの中に布きれや紙屑と一緒に宝物を入れておきます。

ちょっと工夫して、釣りゲームにするのもおもしろいですよ ね。

釣り竿に釣り糸を下げて、その先端に磁石をつけておきます。

宝物(魚)にはクリップをつけておきます。

 

水槽コインゲームとは 、水を入れた水槽の中にお椀を沈めておき、上から落としたコインがお椀に入るかどうかを競うゲームです。

水面より上からコインを落とすとなかなか入りませんが、水中でコインを落とすと比較的簡単に入ります。

子供と大人でハンデをつけて競うと楽しいかもしれません。

迷路脱出ゲームは 、教室をいっぱいに使った迷路を作るのがおすすめです。椅子や机、段ボールなどを上手に使ってください。


スポンサードリンク

 

②体力系

 

  • 投げ系ゲーム (射的、ストラックアウト、輪投げ)
  •  

  • フラフープ生き残りゲーム
  •  

  • 椅子取りゲーム
  •  

  • ボウリングゲーム
  •  

  • ボルタリング

けがをしないことを第一に考えて、企画・準備をしてください。 ボルタリングとは クライミングの一種で、壁についた突起物を手掛かり足がかりにして壁を上る競技です。

教室では難しいかもしれませんね。

ボウリングや輪投げは ペットボトルを利用するとよいです。

椅子取りゲームは 白熱しすぎると、怪我の元です。

特に大人と子供が混ざって椅子取りゲームをすると、子供がはじき出されてしまうことがあるので注意してください。

射的は 縁日のそれは危険なので、水鉄砲やソフトなボールがぽんっと飛び出すようなおもちゃの鉄砲を用意してください。

パチンコでもよいかもしれませんね。

 

 

【運動会の記事はこちら】

 

③驚かし系

 

  • お化け屋敷

文化祭の定番といえばこれ、お化け屋敷ですよね。

管理人も高校のときに教室でやりました。濡らしたタオルを上から落とすお化けの役でしたね。

地味なお化けです。しかも命中率が低かった(笑)

高校でお化け屋敷をしたときもそうでしたが、小学校でお化け屋敷をするときにはなおのこと、照明がネックです。

安全上、それに昼間開催ということで、真っ暗にはできません。

本格的なお化け屋敷のためにできるだけ暗くしたいということもあるかもしれませんが、準備を始める前に学校に照明や明るさを確認してください。

教室中に暗幕をはった後で、「だめ」と言われたら、子供たちもがっかりします。

小学校のお化け屋敷で、濡らしたタオルを上から落とすなんて役を子供にやらせるのはかわいそうなので、ハロウィンのように子供たちにお化けの仮装をさせるお化け屋敷がおすすめです。

お客さんを「わっ」と驚かせた後、「かわいいね」と言ってもらえるお化け屋敷はいかがでしょうか。

また、お化け屋敷を親がする、子供がお客さんというときには、びっくりさせ過ぎないように気を付けてください。

狭い教室ではびっくりついでに怪我をすることが多いです。

教室を暗くしすぎない・通路は広くする・追いかける系は控えるなどの工夫をしましょう。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、小学校の文化祭や文化祭でおすすめの出し物ゲームについてでした。

小学校の文化祭の出し物に困ったときの参考にしてください。

小学校の文化祭では、本格志向よりも子供がけがをしないこと、子供が中心となって企画準備できること、子供が楽しめることが大切です。

やりすぎやお金の掛けすぎは禁物!

ほどほどのところで楽しんでくださいね。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ