飛行機で耳が痛くなることがありますよね。

というか管理人はそもそも【飛行機が大の苦手です。】

耳抜きが苦手で、耳抜きにいつも失敗して耳が痛くなるんですよね。

あの痛みを一度でも経験をすると、二度と飛行機なんて乗るまいと決意するのですが、そういう訳にもいかず・・・。

今度こそ耳抜き成功させるぞと思うのですが、やっぱり耳抜き失敗してもう耳の鼓膜が破れそう!!

そんな経験したことないですか?

大人の管理人でこの状態ですから、子供や自分で耳抜きが出来ない小さいお子様や赤ちゃんの耳は大丈夫なんでしょうか?

そして子供に耳抜きの方法を教えるのは難しいですよね。自分が上手に出来ないならなおさら難しい。

飛行機

願わくば「離陸と着陸のときは寝ていてくれ、いや、いっそ飛行機に乗っている間中ずっと寝ていてくれ」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ただ親の気持ちはなかなか子供には通じません。親の気持ち子知らずです。

離陸着陸時、ずっと泣かれて困ったという経験をお持ちの方は多いでしょう。ここで絶対に泣くなと願うときに限って子供は泣きますから。

今度の旅行や帰省の飛行機のことを考えて、早くも気がめいっているという方もいらっしゃるかもしれませんよね。

ということで、今回は耳抜きの方法や赤ちゃんの耳抜きのコツなどについてご紹介します。

スポンサードリンク

飛行機で耳が痛いのはなぜ?

飛行機で耳が痛くなるのは、飛行機が上昇(離陸)したり下降(着陸)するときの【気圧変化】のためです。

耳は鼓膜を境に外耳と中耳にわかれます。

中耳には耳管という細い管がついていて“のどの奥とつながっています。”

風船にストローをつけた感じです。

普段は、耳管は閉じているので、中耳内の空気はほとんど入れ替わりません。

飛行機が上昇すると、気圧が低くなります。

その結果、外とつながっている外耳では空気が薄くなり、中耳は地上と同じ気圧が保たれるので膨らみます。

富士山の上のポテトチップスの袋と同じですね。←こちらの動画のようになります。

未開封のポテトチップスの袋を富士山の上に持って上がると、外の気圧が低くなる一方ポテトチップス内の気圧は地上と変わらないため、ポテトチップスの袋がぱんぱんに膨らみます。

耳の中でもこれと同じことが起こっているのです。

鼓膜や耳が中耳に圧迫されるとき、耳が痛くなります。

時間が経つと、中耳の気圧も外耳(外側)と同じになります。

すると今度は着陸時に離陸時と反対のことが起こります。

外耳の気圧が高くなり、相対的に中耳の気圧が低くなるため、また耳が痛くなります。

スポンサードリンク

耳抜きとは?バルサルバ法など

耳抜きとは、中耳とのどや鼻をつなぐ耳管を無理やり広げることで中耳の空気を出したり入れたりしやすくすることです。

一般的な耳抜きの方法はバルサルバ法です。

バルサルバ法って知ってますか?管理人、実ははじめてこの言葉を聞きました。いままでただ耳抜きしたらいいんだろうなぁって。これが問題だった!?

大人の方はバルサルバ法で耳抜きをすることが多いですが、上手にできない方もまた多いようです。そんな訳でバルサルバ法のやり方をご紹介します。

飛行機に乗る予定の方は事前に練習しておきましょう。

【バルサルバ法】
  1. 鼻から息を吸う。
  2. 指で鼻をぎゅっとつまみ、口も閉じる
  3. 指で鼻をつまんだまま、鼻から息を思い切り吐き出す。
  4. 口は閉じたまま、口から息が漏れないようにすること。そのうち鼻のあたりがピキピキしてきますがもう少しがんばって、ゆっくり鼻に空気を送ってください。

  5. 耳の中にシュッと空気が入る。
  6. これが耳管が開いたサインです。大体、耳管は片方ずつ開くので、もう片方の耳管が開くまで鼻に空気を送りましょう。

  7. 鼻から指を離し、唾をゴクンと飲み込む。

 

バルサルバ法のコツは鼻をぎゅっとつまんで、鼻から空気が漏れないようにすることです。

口と鼻という二つの出口が閉じることで、行き場のなくなった空気は耳管に向かいます。このとき、耳管が押し広げられるのです。

鼻に空気を送りこむとき、一気に送り込むと、耳や鼻に負担がかかりすぎうっ血や炎症を起こします。

ゆっくり空気を送り込むようにしましょう。

耳抜きのタイミングは?

耳抜きは、離陸時や着陸時に行います。

離着陸

離陸時は飛行機が動き始めてから、着陸時は着陸予定時刻の30分前から飛行機は徐々に高度を下げるのでこの頃に耳抜きを行うのがよいです。

着陸時刻は予定時刻からずれることも多いので、フライト中に着陸時刻を確認しましょう。

また、耳に違和感を覚えたら、まずは唾を飲み込んでみる、それでも違和感が消えないときにバルサルバ法をするとよいです。

ちなみに、耳の痛みは離陸時よりも着陸時の方が痛いです。

管理人はいつも着陸時です。

離陸時だけでなく着陸時の耳抜きも忘れないでください。

耳抜きに失敗した時

耳抜きに失敗したときには、唾を何回も飲み込んでください。

そのうち、外耳と中耳の気圧差がなくなり、耳の痛みや違和感が消えます。

ただ、一度気分が悪くなると耳の痛みがなくなってもずっと気分が悪いままのことが多いです、管理人は。こういうときは寝るに限ります。

スポンサードリンク

子供や赤ちゃんの耳抜きの方法は?

耳抜きは、唾をゴクンと飲み込むのが一番簡単なやり方です。

バルサルバ法ができない子供や赤ちゃん、また大人の方でも、飛行機の中では唾を飲み込みましょう。

何度も飲み込むうちに、耳の痛みや違和感は和らぎます。

子供や赤ちゃんでは、唾液が分泌されやすい(何度でも唾を飲み込める)状態を作ることで、耳抜きをしやすいです。

赤ちゃんの耳抜きでは、哺乳瓶を吸わせておきます。

おしゃぶりやおっぱい(授乳)でもよいです。

唾液が分泌されるので唾を飲み込みやすいです。

ただ、赤ちゃんが寝ているときには、起こしてまで耳抜きをする必要はありません。

起きないことを願いつつ、そのまま寝かせておきましょう。

赤ちゃんや小さなお子様と飛行機に乗るときには、飛行機に乗る前にめいっぱい遊ばせたり、お昼寝の時間を短くするなどして、飛行機で寝やすいようにしておくのがおすすめです。

小さなお子様では、水やジュースを飲む、唾を飲み込む、あくびをすると耳抜きをすることができます。

大人にもおすすめですよ。

  • 飴やガムを噛んで、唾液の分泌を促すのもよいです。

飛行機の搭乗時に飴をもらってください。

  • くしゃみをすることで耳抜きをすることもできます。

赤ちゃんや小さなお子様の鼻を綿棒などでこちょこちょくすぐってみてください。

耳抜きをうまくできない、前回のフライトでずっと耳が痛かったというお子様には、飛行機用の耳栓を購入しておくとよいです。飛行機用の耳栓は空港でも売っています。

赤ちゃん用もあるので、必要な方は用意しておきましょう。

【鼻炎や鼻が詰まっている方は、耳が痛くなりやすいです。】

点鼻薬をさしたりアレルギー性鼻炎の市販薬で鼻詰まりを解消すると、耳抜きをしやすいです。

お子様が鼻炎の方は、フライト前に病院を受診して、点鼻薬や内服薬をもらっておきましょう。

アレルギー性鼻炎で日常生活ではアレルギーはあまり起きないという方も、飛行機の中でアレルギー反応が起きることがあります。

念のため、点鼻薬などを用意しておいてください。

耳が痛くなってからでは、耳抜きは効果が出にくいです。赤ちゃんやお子様の耳抜きは早めに行ってください。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

赤ちゃんの搭乗については、航空会社によって規定が異なるようなので、事前に確認しておいてください。

ANAとJALでは、生後8日以降から同伴者1名つきで飛行機に乗ることができます。

ただ、赤ちゃんの体調のことを考えると飛行機に乗るのは生後1ヶ月目以降まで待った方がよいそうです。

旅行はまあ、控えればよいとしても、困るのが里帰り出産で遠方の実家に帰省しているときかな。

遠方の実家で里帰り出産をするときには、生後すぐの赤ちゃんは飛行機に乗れないことを覚えておくこと、自宅に帰る日を決めるときに注意してください。

飛行機を使っては、すぐに自宅に帰ることはできません。

飛行機がダメなら新幹線!

新幹線に関しても以前気になったので記事にしてます。興味があれば覗いてみてください。

> 新幹線の種類一覧!速さの違い、車両のヒミツを徹底解説!

まとめ

以上が、耳抜きの方法や赤ちゃんの耳抜きのコツなどについてでした。

赤ちゃんや小さなお子様を連れて飛行機に乗る予定のある方は、事前に耳抜きの方法を考えておきましょう。

飴やジュースを多めに用意しておくのがおすすめです。

また、耳の痛みから意識を逸らせるためのおもちゃもおすすめです。

飴やジュースを使った耳抜きでは、飴をなめたりジュースを飲むことで耳抜きをするのではなく、それによって分泌された唾液をゴクンと飲むことで耳抜きをします。

この「唾液を飲む」というのが肝心要なので、必ず唾を飲み込んでください。

飴をなめたままぼーっとしていると、耳が痛くなってしまいますよ。

気圧の変化や耳抜きの失敗で、飛行機からおりた後も、耳に違和感や痛みが残ることがあります。

フライト後数日経っても耳の違和感や痛みが消えないときには、耳鼻科を受診しましょう。

管理人飛行機には出来ることなら乗りたくないのですが、次回はバルサン⁈じゃなくてバルサルバ法を正しく試してみよう思います。

ポイントは【唾液を飲む】ですね。_φ(・_・

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
しろねこ夫婦の【新】面白い雑学ブログは子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が好きなことや、得意なことを記事にして運営しています。 ブログへのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 プロフィールやブログ実績はコチラをご覧ください。