暑い!暑い!エアコン!あれ?エアコンがつかない!?

えっ、まじ

このクソ暑いのにエアコン壊れた?それとも、リモコンの調子がわるいだけかな?

異常気象なんだか、年々夏の暑さ身にしみますよね。

そんな中、我が家のエアコンのリモコンをピッと押しても“うんともすんとも”言わないんですよ。

ということで、今回はエアコンのリモコンが壊れた?本当に壊れている?というときの対処法について調べてみました。

エアコンをOFF

我が家では毎日、エアコンの設定温度を巡って、壮絶なリモコンの取り合いをしています。

設定温度を下げたい人と冷え性の人との争い、その隙にエアコンを消そうとするのは環境のことを考えている、もとい、けちな管理人の奥さまです(笑)

つけたり消したり、上げたり下げたりを繰り返しているせいか、大体エアコン本体よりもリモコンの方が先に壊れてしまいます。

リモコンが壊れたときの「えっ、まじ」っていう感じ、これってエアコンをつけている最中で消せなくなってしまったパターンと今まさにつけようとしていたときつかないパターンと、どっちがショックが大きいかなあ。

みなさんはどちらがショックですか?

管理人は、暑い中エアコンをつけれないパターンは最悪だと思います。(だって今その状態ですから・・・。あち〜い)

スポンサードリンク

どうしよう、エアコンのリモコンが効かない!

エアコンのリモコンが効かない!というとき、パニックになってしまいますよね。

これまでにも我が家では「つけたまま消せなくなったパターン」と「電源をつけられなくなったパターン」のどちらも経験しました。

消せなくなったパターンはコンセントを抜いて対処、電源をつけられなくなったパターンは本体の手動ボタンを押して対処しましたが、これまで結局リモコンは復活しなかったなあ……。

ということは、今回もリモコンはTHE END。

いやいや、今回の管理人、以前と比べて多少は成長しましたからね。何事もちゃんと調べれば良い解決策はきっとある。そう信じて!

まずは、エアコンのリモコンが効かない時 に考えられる原因から見てみましょう。

  1. リモコンの故障
  2. エアコン本体の故障
  3. エアコン本体とリモコンの間に障害物あり

リモコンの液晶表示はちゃんとつくし発光部分も光る、エアコン本体も故障していないというときは③の可能性が高いですね。

「故障した」と嘆いたりリモコンを買い替える前に、立ったり座ったりしてリモコンがきく向きや角度を探してみましょう。

また、最近新しい照明器具に変えた・新しい家具をエアコンのそばに置いたというときは、照明器具や家具がリモコンの通信の妨げになっていることがあります。

照明器具や家具の位置や向き、高さを変えてみてから、もう一度リモコンが効くかどうかを確認しましょう。

そして、そもそもですが・・・。

リモコン

リモコンの電池切れではないですか?

リモコンが壊れたと、リモコンをパンパン叩いたりしてしまいますが、リモコンの電池が切れていることはよくあることです。

また、我が家でもありましたが、なぜか電池が2本入っているところ、1本しか入っていなかったり、そもそも電池が入っていないことがありました。

この原因は、我が家のリモコン争奪戦や所定の場所になおさず、そこら辺に置いているのが原因ですが、電池は意外と見落としがちなので、まず1番目に確認しましょう。

スポンサードリンク

①のリモコンの故障にも種類があります。

  • 本体に信号を送れない
  • 液晶表示がおかしい
  • 電池の接触不良
  • スイッチの反応が鈍い、悪い

リモコンの発光部分が光らないときには、リモコンから本体への信号がきちんと送れていません。

リモコンが壊れているので、リモコンを新しくするなどの対処が必要です。

液晶表示がおかしいとき、液晶はうつらかったり、設定温度などが液晶表示に反映されなくてもエアコン本体にはきちんと信号が送れていることがあります。

このときは、多少は不便ですが、エアコンを操作するというリモコンの最低限の役割は果たしているので買い替えるかどうかはあなた次第!

我が家は問題は先送りするタイプなので、この程度の懸案事項は数年放置します。

↑↑↑これが問題じゃないの(#^ω^)

電池の接触不良やスイッチの反応が悪いときは、そのうち本当に故障して動かなくなってしまうので、早めに新しいリモコンを買っておくのがおすすめしま〜す。

リモコンを買い替える前に!

リモコンを買い替える前に、リモコンがちゃんと壊れている、ちゃんと壊れているっておかしな言い方ですね(笑)、でも壊れていないのに新しいリモコンを買うのはもったいないですから、リモコンが壊れていることを確認しましょう。

リモコンが故障していることを確認する方法
  1. 電池を交換してみる
  2. リモコンのリセットボタンを押してみる(リセットボタンがないリモコンもある)
  3. リモコンの発光部分が光るかどうかを確認する

 

電池を交換したり、リセットボタンを押した後リモコンが正常に操作できるようになったら、半ば壊れているかもしれませんが、今のところ完全に故障しているわけではありません。

早急な対処は不要でしょう。

ひと夏くらいは持ちそうです。

ただ心配性な方は新しいリモコンを用意しておいてくださいね。

純正のリモコンをメーカーから取り寄せる場合、届くまでに時間がかかります。

リモコンの発光部分が光るかどうかも、リモコンが故障しているかどうかを確認するときには外せないポイントです。

肉眼で見て「よし、光っている」と確認できることもありますが、肉眼では光を確認できないタイプのリモコンもあります。

なので、「光らない」ことを確認するためには肉眼ではだめ!

発光部分をデジカメやスマホのカメラで撮影して、発光を確認してください。

デジカメで撮影した画像を見ても発光していないときには、リモコンが故障しています。

また、忘れずに確認したいのが、エアコン本体は壊れていないことです。

リモコンが壊れたのかと思いきや、実はエアコン本体が壊れていたということがあります。

このとき、純正のリモコンを取り寄せたら……無駄な買い物です。

エアコン本体にボタンがついているときにはそれを押して作動するかどうかを確認しましょう。

ボタンが見当たらないときには、アプリのリモコンで試してみるのがよいらしい。

スポンサードリンク

リモコンを買い替える前に!試してみたいリモコンアプリ

今回のリモコンの不都合による調査の収穫はこのアプリの方法

『リモコンを買い替える前に、リモコンアプリを試してみてください。』といった情報を見つけました。

便利な世の中になったものですね。

リモコンが壊れても、アプリでリモコン操作が出来ると言うではないですかΣ(゚Д゚)

おすすめのリモコンアプリは?

 

おいおい。jigマルチリモコンはガラケー対応だし、マルチリモコンiアプリiRemo2はアンドロイド対応じゃん。我が家は全員iPhoneだって。

どちらも無料のアプリです。ただ、非対応の機種があるので、お持ちのエアコンの機種を確認してから利用しましょう。

そんな訳で、アプリで対応できず。

でもここで諦める管理人ではありませんよ。せっかくアプリで対応できる可能性があることを知ったのですからiPhoneアプリを探してみました。

調査した結果やっぱりほかに、メーカー専用リモコンアプリもありました。

これなら、必ずきくので、メーカーがリモコンアプリを出しているときには、そちらを利用すれば確実性があがると言うものです。

iPhone エアコンアプリの一覧

リモコンがきかないとき、本体が故障していないかを確認する際にも、リモコンアプリがあるとよいですね。

我が家のエアコンはビーバーちゃん。対応アプリがない(●`ε´●)

日立やシャープ、ダイキンはアプリがありますね。

スマホを利用していて、対応アプリがある場合はぜひお試しあれ。

リモコンを買い替えるとき、純正?それとも汎用リモコン?

残念ながら、我が家のエアコンはアプリがないので、いよいよリモコンの買い替えを検討せざる得なくなりました。

えっ!?まじでぇ。絶対にお母さんに怒られるよ。

エアコンのリモコンを買い替えるときの選択肢は二つ。
  • メーカーの純正のリモコンを買う
  • 汎用のリモコンを買う

 

メーカー純正のリモコンなら間違いがありません。リモコンとエアコン本体の相性もばっちりです。当然ですよね。

ただ、高いです。

5000円以上することもあります。

また、お近くの家電量販店で購入できないときは、通販やメーカーからの取り寄せで購入することになるので、手元に届くまでに時間がかかります。

そこで、

汎用のリモコン!!

汎用リモコン

汎用リモコンなら500円前後で購入することができますし、家電量販店やホームセンターで購入できるのでお手軽です。

ただ、エアコンによっては汎用のリモコンがきかないことがあります。

汎用のリモコンを購入するときは、パッケージの裏や説明書にある対応機種をきちんと確認すること!

お持ちのエアコンがそこに載っていないときには、別の汎用のリモコンを探すか、純正のリモコンを購入してください。

いくら安くてもきかないリモコンは無駄です。

メーカー純正のリモコンを購入するか、汎用のリモコンを購入するかは人それぞれです。

どっち派が多いのかなあ。

やっぱり安さが一番?

エアコン本体もがたがきているというときには、汎用のリモコンで十分かもしれませんね。

リモコンではありませんが、管理人はこれまでプリンターのインク、掃除機の紙パックと純正でないものを使用してひどい目にあった(インク漏れや故障)ことがあるので、今では何においても「純正」を買うようにしています。

そんな訳で、色々調べましたが、純正購入をすることにします。

結局そうかい。でも1つ雑学が増えて良かったね。

まとめ

以上が、エアコンのリモコンが壊れた?本当に壊れている?というときの対処法についてでした。

エアコンのリモコンがきかないとき、「新しいリモコンを買わなきゃ」と焦って買いに行かないこと。

まずは、リモコンが本当に故障しているのか、故障しているのは本当にリモコンなのかを確認しましょう。

忘れてはいけないのは、電池がそもそも入ってるか。

新しいリモコンを購入する前に、リモコンアプリが機種に対応しているなら試してみてください。

リモコンアプリで操作できるときには、新しいリモコンを購入しなくても済むかもしれません。

メーカーや購入した家電量販店の保証期間内にリモコンが故障したときには、新しいリモコンを購入する前に、メーカーや家電量販店に問い合わせてみましょう。

無料で修理してもらったり、新しいリモコンに交換してもらえるかもしれません。

【エアコン関連記事】
除湿機の電気代はエアコンより安い?ハイブリッドで比較だ!

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^