夏の暑さ、たまらないですよね。

炎天下にいると、体内の水分と一緒に体力気力も奪われてしまいますよね。

夏になるとお腹はすいているのに食欲は出ないし、胃がもたれて何も食べられないという方も多いのでは?

管理人も夏は食欲が落ちます。それでますます夏バテがひどくなってしまいます。

暑気払いでビアガーデン行きたいなぁ〜。

暑気払いってなに?どうせ理由つけてビールを飲みたいだけでしょ。

大人の夏の楽しみといえば暑気払い!

今回は暑い時期を乗り切るための暑気払いによいと言われる食べ物や飲み物をご紹介します。

暑気払い

暑い夏にも楽しみはありますね。

職場で暑気払いをする方も多いでしょう。

ビールを飲む口実にしている方もいるかもしれませんが、昔ながらの暑気払いで夏を乗り切ろう!という方もおおいことでしょう。

スポンサードリンク

暑気払いは昔と今で意味が違うらしい!

「暑気払い」を広辞苑で引くと、「暑さをはらいのけるために、何らかの方法を講ずること。」とありました。

エアコンも扇風機も冷蔵庫もない時代の暑気払いの方法は体を冷やす食べ物や飲み物で夏の暑気を払うことでした。

それが、いつの頃からか暑い時期の飲み会を暑気払いということが多いですね。

おいしいものを食べて飲んで、体力鋭気を養って暑い夏を乗り切ろう!というのが暑気払いです。

あと、暑気払いはビールを飲む口実です(笑)

ほら、やっぱりね(#^ω^)でもどうして、ビールなの?本当に暑気払いになるの?

暑気払い、体を冷やす食べ物・飲み物

暑気払いにおすすめの体を冷やす食べ物・飲み物をご紹介します。

まずは、麦類!

暑気払いの食べ物は、基本的には夏に旬を迎える(収穫される)食べ物です。

夏に収穫される食べ物には、体を冷やす効果があるのですね。

そして冬の食べ物には体を温める効果がある、自然ってうまくできていますよね。

麦の収穫時期は6~7月なので、夏の食べ物!

体を冷やしてくれます。

そうめんや冷やしうどんなどの冷たい麺類がよいですね。

「夏バテでもそうめんなら食べられる」という方は多いのでは?

麦でできた食べ物といえば……いや、飲み物か。

ビールです。

やっぱり暑気払いにはビール!外せません(*ノωノ)

麦茶でも良いのですけどね。麦茶にはミネラルが多いので、熱中症予防に効果があります。

スポンサードリンク
  • 暑気払いにおすすめの食べ物の二つ目は夏野菜!

特にきゅうりやスイカ、なす、トマトなどです。

夏野菜

いずれも体を冷やす効果がありますし、水分補給にもおすすめです。

夏祭りの屋台で売られている冷やしきゅうり、1本数百円でぼったくりもいいところですが、ついつい買ってしまいますよね。あと居酒屋の冷やしトマト、ね。

江戸時代にはきっとなかったであろう暑気払いの食べ物が氷です。

かき氷や氷菓子、暑い夏には欠かせません。頭がキーンとするのがわかっているのに、一口目はついついたくさん口に入れてしまいます。

そして、頭を抱えて悶絶……大人になっても、やっていることは子供の頃と同じです。

ところで、かき氷を一気に食べるとどうして頭がキーンとなるのでしょう?気になる方は、こちらの記事を覗いてみてください。(でも、帰ってきてねm(_ _)m)

> かき氷で頭痛!キーンの原因と痛くならない人の理由はケチだから?

  • あと、夏の食べ物といえば「うなぎ」です。

うなぎは土用の丑の日に食べますよね。

最近は毎年のように、うなぎの値段がニュースになっていますが、今年のうなぎはどうなのかな。手ごろな値段だったら、一度くらいは口に入るかも。

江戸時代の人は甘酒

江戸時代の人々は暑気払いに何を食べていたのか。

冷蔵庫や冷凍庫はないので、氷はありません。あと、ビールもありません。

この二つがないなんて……これじゃあ、夏は乗り切れない(+_+)

氷やビールの代わりに江戸時代の人々が食べたり飲んだりしていたのが、

  • びわや桃の葉を煎じた薬湯
  • みりんに少量の焼酎を加えたもの

薬かな(。´・ω・)?おいしそうでも、食欲をそそりそうでもないですね。

そうだね、びわの葉っぱ……実の方は好きなんだけどね。

そして、江戸時代の夏といえば「甘酒」です。

甘酒というと、現代では冬のイメージがありますが、江戸時代には夏を乗り切るための滋養ドリンクとして飲まれていました。

夏には「甘酒売り」がやってきて甘酒を売り歩いていそうですよ。

また、江戸時代は「甘酒」は夏の季語でした。

お米を発酵させて作る甘酒には、ブドウ糖やアミノ酸、さらにビタミンB群が豊富に含まれていて、栄養たっぷり。

しかもブドウ糖でエネルギー補給にもなる!

江戸時代の人はアミノ酸やビタミンなんて知らなかったでしょうが、経験から「甘酒は滋養になる」と知っていたのでしょう。

それに、暑い夏にかまどで「フーッフーッ」しながらご飯を炊くのも大変だったでしょうし、甘酒でブドウ糖やアミノ酸を摂取できたら助かりますよね。

スポンサードリンク

暑気払いは冷えに注意!冷たいものばかりを食べちゃだめ!!

暑気払いや暑い夏にはビールを飲んだり、かき氷を食べたりと、体を冷やす食べ物ばかりを食べてしまいますよね。

管理人も夏になると、炊きたてのご飯がのどを通らなくなってしまい、そうめんばかり食べてしまいます。

暑い夏、食欲がないからといって何も食べないでいると、ますます夏バテがひどくなってしまいます。

なので、氷でもジュースでも、食べられるものを食べて体力をつけることは大切です。

ただ、体を冷やす食べ物や冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、胃や腸が冷えてしまうため弱ってしまいます。

夏、冷たい飲み物の飲み過ぎでお腹をこわしたという経験をお持ちの方は多いのでは?

また、消化機能が落ちるので、ますます胃もたれや食欲不振に陥りがち。

夏はついつい体を冷やす食べ物や冷たい飲み物ばかりに手が伸びてしまいますが、体を冷やしすぎないよう、体を温める食べ物や飲み物も摂るようにしましょう。

おすすめはほうじ茶や緑茶、ハーブティー(ペパーミント、ハイビスカス、ローズヒップ)などの熱いお茶です。

緑茶

最初の一杯はキンキンに冷やした麦茶やスポーツドリンクで体にこもった熱をとる。

二杯目三杯目からは、熱いほうじ茶や麦茶で胃腸を労わってください。

ハーブティーには、リラックス効果や自律神経の不調を整える効果があります。暑さでイライラしたり、ストレスや疲労がたまっている方におすすめです。

熱い飲み物でも、コーヒーや紅茶などカフェインの多い飲み物は避けましょう。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには体を冷やす効果があります。

ホットコーヒーでも、お腹を冷やしてしまうので注意してください。

また、コーヒーには利尿効果もあります。

脱水症を起こしやすくなるので、夏のコーヒーはアイスもホットも控えめにしてください。

> ホットコーヒーとアイスコーヒーの違い?眠気覚ましの効果ならば!

食べ物では、肉や魚などのタンパク質を摂取することが大切です。

タンパク質を摂取して筋肉を増やすことで夏に負けない体力をつけることができますし、タンパク質を摂取することで血液の量も増えます。

熱中症や貧血を予防することができますよ。

食欲不振で肉や魚を食べられないときには、牛乳がおすすめです。

暑気払い、挨拶と乾杯の仕方は?

暑気払いや納涼会、夏の飲み会で乾杯の挨拶や乾杯の音頭をまかされたり幹事を引き受けた時の挨拶と乾杯の仕方をご紹介します。

ビアガーデン

まず、挨拶や乾杯は、短ければ短いほどよいです。

ビールを前に「待て」は誰にとってもつらいものです。

犬じゃないんだから〜(●`ε´●)

長ったらしい挨拶は不興を買うだけなので注意しましょう。

暑気払いの挨拶の例文がこちら

「僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきます○○と申します。

梅雨も明けて連日暑い日が続いておりますが、今日は楽しく飲んで食べて、この暑気払いで鋭気を養ってこの暑さを乗り切っていきましょう。

では皆様のご健勝と暑さを元気に乗り切ることを祈念いたしまして、乾杯!」

 

こんな感じで、挨拶や乾杯はさっさと終わって、早く楽しい暑気払いを始めてください。

自分のビアガーデンの挨拶のために今回調べただろ(#^ω^)

まとめ

以上が、暑い時期を乗り切るための暑気払いについてでした。

暑気払いの時期は決まっていませんが、大体、梅雨明けからお盆前(立秋まで)の期間で行うことが多いです。

暑中見舞いの時期ですね。最近では、お盆を過ぎてからも残暑が厳しいことから、9月になって暑気払いをすることもあります。

暑気払いには、夏が旬の食べ物を食べるのがおすすめです。体を冷やしてくれます。

また、甘酒も暑気払いに効果的!

最近は甘酒ブームで、スーパーには手軽に飲める甘酒もたくさん並んでいます。

甘酒というと、熱いのを飲むイメージですが、冷たい甘酒もなかなかいけますよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^