男性で眉毛の形を整えるのは抵抗がありますよね。

「女みたいで恥ずかしい」「気取っているんないとか言われそう」という男性の方は多いのでは?

また、ボサボサげじげじの眉毛を前に、どこをどう整えたら清潔感のあるきれいな眉毛になるのか分からないと途方に暮れている方もいるかもしれませんね。

今の「モテ」のキーワードは男らしさでもスタイリッシュでもなく「清潔感」

ボサボサげじげじ眉毛は女性にモテないだけでなく、仕事でも損をしてしまうかも!?

清潔感のある営業マンの方が人気がありますものね。

  • 男性諸君、モテて仕事運もアップさせたいのなら、今すぐ眉毛を整えるべし!

ということで、今回は男性の眉毛の形や眉毛の整え方について管理人の娘のなぞ子がご紹介します。

スポンサードリンク

眉毛の必要性?眉毛の形で性格がわかる?

キリッとした眉毛

眉毛は目鼻口と並ぶ顔のとても重要なパーツです。

眉毛の有無ではもちろん、眉毛の形で顔面偏差値が左右されるといっても過言ではありません。

しかも目や鼻と違い、眉毛は自分で形を変えたり整えることができるというのも大きなポイント!

眉毛を手入れしただけで、顔の印象ががらりと変わってイケメンになるということも珍しくないのです。

さらに、眉毛の形は顔全体の印象を決めたり、表情を作るのに大きな役割を担っています。

眉毛の形で他人に与える印象も変わりますしね。

たとえば、眉尻が眉頭よりも高い「上がり眉」は男らしい印象を与えます。

そのときの気分が如実にあらわれる目とは違い、眉毛は感情に左右されません。

落ち込んだからといって上がり眉が下がり眉になることはありませんから、眉毛の形を変えることで、他人に与えるあなたの印象をコントロールすることもできるのです。

眉毛の形別、他人に与える印象はこちら。

手入れをしていない自然な状態の眉毛を見ればその人の性格も分かるといいます。

相手のナチュラルな眉毛からその人の性格を見抜くか、見抜かれるふりをして相手を騙すか……人間関係って化かしあいですね。特に異性との関係ではそうです。

「こう見せたい自分」「なりたい自分」「好きな子のタイプになりたい」があるとき、人間、中身はそうそう変わりませんから、眉毛を整えて相手に与える印象を変えるのが手っ取り早いですよ。

スポンサードリンク

眉毛の整え方は?おすすめの眉毛お手入れ道具は?

初めて眉毛を整える方、まずは道具から揃えましょう。

ハサミ

  • 毛抜き
  • 眉毛用のはさみ
  • 顔用(眉用)シェーバー、かみそり(顔用、I字)
  • アイブロウブラシ(スクリュータイプ)
  • アイブロウコーム(櫛)
  • アイブロウ(ペンシルタイプ)

毛抜きやはさみなど眉毛のお手入れ道具のセットを用意するのがおすすめです。


楽天広告:男の眉毛のお手入れはこの福袋にお任せ!「モテ眉」キット〜男眉〜5点セット

流行りの眉の形や自分に似合う眉の形は色々ありますが、基本の眉毛の形は男女ともに同じです。

①眉頭

小鼻のキワから目頭の延長線上。

アイブロウやアイブロウブラシの持ち手を当てて眉頭の位置を決めるとよいです。

眉頭の位置が決まったらアイブロウで印をつけておきましょう。

②眉山

正面を向いたとき、黒目の外側から目尻の間に眉頭(眉の一番高いところ)。

鏡を顔の正面に置いて、黒目の位置がずれないようにしてください。

③眉尻

小鼻のキワと目尻の延長線上よりも内側、眉頭よりも高い位置に眉尻。

これもアイブロウやアイブロウブラシを当てて、位置を確認するとよいです。

眉頭よりも眉尻が低くなるとハの字眉になるので気を付けてください。

さらに、眉頭から眉山までの長さと眉山から眉尻までの長さが2:1になるように、眉尻の長さを決めます。

眉頭と眉山、眉尻の3点が決まったら、アイブロウでそれぞれをつないで、眉の大体の形を決めます。

眉毛を整えるコツ

眉毛を整えるときは、まずは、スクリューブラシで眉毛をとかし毛並みを整えます。

眉毛のアイブロウのラインからはみ出した毛は毛抜きで抜いて、産毛や眉毛の上など毛抜きで抜きにくい眉毛はシェーバーやかみそりで剃ります。長い眉毛は眉毛用のコームを当てながら、眉毛ようのはさみで切って整えます。

眉用や顔用のシェーバーで眉毛の長さを整えるときには、4mmの長さに設定するとよいです。眉毛を短くしすぎると眉毛が薄くなってしまうので。

毛抜きを使うべきかシェーバーで剃るべきか悩んだときには、毛抜きを使った方がよいです。

シェーバーでごっそり剃った後、「あれ、失敗した。剃っちゃいけないところ剃ってしまった」となっては後の祭り、生えてくるまで眉毛なしです。

毛抜きで一本抜いては鏡で全体のバランスを確かめるというのが、一番失敗の少ないやり方です。

鏡は手鏡ではなく、洗面台や浴室、鏡台の鏡を使用するのがおすすめです。

視野が狭くなる手鏡では、眉毛ばかりを見てしまい、顔全体のバランスや左右の眉毛のバランスが分かりづらいので。鏡と顔は30cm以上離しましょう。

 

一度きれいに整えた眉毛は毎日、お手入れするのがおすすめです。毎日、気になる無駄な眉毛を抜いたり切るだけで、眉毛の形をキープすることができます。

眉毛の形をがらりとかえたいときには、数週間放置してくださいね。

スポンサードリンク

最近のメンズは眉毛を描くの?

眉毛の濃さや太さは男性ホルモンが関係するそうです。だから、女性よりも男性の方が眉毛が濃い方が多いのですね。

> 男の眉毛!濃い・太いが女は最高?手入れを失敗しない整え方

眉毛の濃い男性はアイブロウで眉毛を描く必要はありませんが、眉毛の薄い方や眉のお手入れで失敗してしまったときにはアイブロウで眉毛を描き足すとよいです。

アイブロウはペンシルタイプがよいです。

色は髪の毛の色と合わせるか、髪の毛よりも少し明るめを選ぶと自然な眉毛を描くことができます。

黒髪の方は、黒のアイブロウではなく、グレイやダークブラウンがよいです。

黒のアイブロウで眉毛を描くと、海苔を貼り付けたみたいになってしまいます。

眉毛を描く前にまずはスクリューブラシで毛並みを整えましょう。

眉尻に向かってスクリューブラシで眉を梳かします。

アイブロウは眉全体に使うのではなく、眉毛がなかったり眉毛が足りない部分を描き足してください。

眉頭をしっかり描くと不自然な眉になるので、眉頭はしっかり描かないこと。

最後にスクリューブラシでもう一度梳き、アイブロウを眉毛になじませます。

女性が好きな眉毛は?

男前

最近は、女性の眉毛もナチュラルや太眉が流行っていますよね。

アムラー世代の細くてきりっとした眉毛は今は流行っていません。

男性の眉毛も同じ、いかにも「整えました」というような眉毛よりは、手入れをしていないように見える眉毛の方が女性の好感度は高いです。

本当に手入れしていないボサボサげじげじ眉毛はだめですよ。

  • あくまで「手入れをしていないように見える」です。女性の「スッピン風メイク」と同じです。

女性の好感度の高い眉毛はナチュラルな眉毛ということなので、自眉(手入れしていない眉毛)の形はあまりいじらず、無駄な眉毛を抜いたり剃ったりするだけというお手入れがよいと思います。

眉毛は高さや眉頭の位置が骨格に合っていないととても不自然なので、この二つはいじらない方がよいでしょう。

眉毛の上の毛は抜いたり剃ったりせず(これをやり過ぎると眉毛全体の高さが変わるので不自然になりがちです)、眉毛の下の毛だけ毛抜きで抜くというお手入れもおすすめです。

この方法なら、初めてお手入れする方でも失敗しにくいですしね。

まとめ

以上が、男性の眉毛の形や眉毛の整え方についてでした。

初めてお手入れするときは、いきなりカミソリで剃ったりせず、明らかに眉毛からはみ出したり瞼の真ん中に生えているような無駄な眉毛を毛抜きで抜くことから始めてみてください。

無駄な眉毛を抜くだけで、目元がすっきりします。

瞼の眉毛を抜くときは、毛抜きと反対の手で、瞼の皮膚を押さえてくださいね。眉毛ごと瞼の皮膚を引っ張ると痛いです。

眉毛を整えたいけれど、不器用だしきれいに整える自信がないというときは、メンズ専門の眉毛サロンを利用するとよいです。

最近メンズ専門の眉毛サロンは流行っていて、3,000円くらいの料金になります。髪の毛を切るのと同じくらいですね。

一度、きれいに整ってもらったら、あとは生えてきた眉毛を抜いたり剃るだけで眉毛を整えることができますし、自分に似合う眉毛の形が分かれば、自分でお手入れしやすいですよね。

眉毛は自眉の形や骨格によって、似合う似合わないがあるので、芸能人と同じ形の眉毛にしたい!というのはやめた方がよいです。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^