メガネがずれると気になりますよね。

鼻が低いからメガネがずれるのかな。

また、メガネが新品のうちはぴったりフィットしてずれないのに、長く使っているうちに、ずれるようになることもありますよね。

これは、使ううちにメガネがゆがんでくるから?

それともゆがんでいるのは私の顔!?

そういえば最近、左右で目の大きさや、フェイスラインが違うような……

頬杖をすると顔の歪みが出来ると聞いたことあります。やめよーっと。

ということで、管理人の娘のなぞ子が今回はメガネがずれる原因や鼻ずれ防止グッズなどについて調べてみました。

スポンサードリンク

メガネがずれる原因は?

メガネがずれる原因はいくつか考えられます。

眼鏡の女性

  1. メガネが鼻や耳、顔の形と合っていない
  2. 使ううちに、先セル(耳の部分)や鼻パッドがゆがんだ
  3. 鼻が低い、鼻の高さと鼻パッドが合っていない
  4. 耳の高さが左右で違う
  5. 鼻の汗で鼻パッドがずれる
  6. メガネを買うとき、メガネ屋さんでのフィッティングが大切です。

    そもそもメガネと自分の鼻や耳、顔の形が合っていなければ、先セルや鼻パッドを微調整しても、ぴったりフィットするメガネにはなりません。

    また、メガネを見ると分かりますが、メガネって華奢でとても繊細なやつ。そのくせ、持ち主は乱暴につけたり外したり、ときには踏みつけたり(笑)、というわけでメガネは使ううちにゆがんだりゆるんだりします。

    最近多いのが、フレームと鼻パッドが一体化したセルフレームや鼻あてのないメガネ。

    これ、鼻が低いとずれます(。;

    > メガネのレンズ交換のみ!持ち込み可能なJINSの価格は?

    鼻の汗で鼻パッドがずれることもあります。鼻に汗をかきやすい方は大変ですよね。

    私も、顔の中ではまず鼻に汗をかきます。特に、集中すると鼻に汗をかいてしまいます。

    ずり落ちるメガネを直しながら、キーボードを打ったり、文字を書くのはけっこううっとうしいです。

    自分でずれないようにする方法は?

    どうもメガネがずれるというときには、市販されている“耳ストッパー”や、“ずり落ち防止のパッド”を使うのがおすすめです。

    ずり落ち防止の鼻パッド

    ずり落ち防止の鼻パッドはメガネの鼻パッドの形をみて買ってください。

    セルフレーム用とメタルフレーム用、どちらにも使える兼用タイプのものと色々あるそうです。

    耳ストッパー

    耳ストッパーは先セルにつけるグッズです。先セルがずれたり滑ったりする、鼻パッドなしのメガネがずれるというときにおすすめです。

    耳ストッパーも鼻パッドもシリコン製がよいですね。当たった箇所が痛くなりにくいですし、半透明なので目立ちません。

    耳ストッパーやずり落ち防止のパッドはメガネ屋さんや通販で500円~700円程度で購入することができます。100円ショップにも売っています。

    数百円の出費なので、ずれるのを我慢している方はぜひ試してみてください。

    > メガネの耳あてが臭い!シリコンやゴムの交換費用は?

    鼻パットの調整

    鼻パッドの調整は自分では少し難しいですが、先セルの微調整なら自分でもできます。

    ドライヤーなどで先セルを温めてから、耳の形に合うように曲げたり伸ばしたりしてみましょう。

    ドライヤー

    あまり力を入れすぎると、折れたりメガネ全体がゆがむ原因になるので注意してくださいね。

    運動する方や、耳が小さくて耳ストッパーをつけてもずれるというときには、メガネバンドがおすすめです。

    メガネをゴーグルのようにつけることができるので、激しく動いてもずれにくいですよ。

    > メガネで耳の上痛い!自分で調整して対策する3つのコツ!

    以上が、自分でできるメガネのずれ対策やおすすめグッズですが、やはり一番よい方法はメガネ屋さんで調整してもらうことです。

    鼻パッドや先セルの調整はアフターサービスに含まれるので、メガネを買ったお店に持って行けば無料でやってもらえることがほとんどです。

    ついでにメガネの洗浄もしてもらえば、メガネはずれないし視界も良好!

    ただ、メガネ屋さんに行くのってなんだか面倒くさい……どうしてでしょうね。

    スポンサードリンク

    鼻が低い人に似合うメガネは?

    鼻が低い人には、鼻パッドなしよりも、鼻パッドありのメガネの方がずれにくいのでおすすめです。

    目とメガネの距離(頂間距離)は12mmが適正だそうです。

    鼻が低いと、この距離が短くなりすぎたり、メガネのレンズにまつげがつきやすい。ということで、鼻が低い方はメタルフレームで足つきの鼻パッドがよいとのことです。

    鼻が低いからといって、セルフレームはだめ!というわけではないので、色々試着してずれにくいメガネを探してみてください。

    鼻ではなくこめかみで止めるタイプのメガネも鼻が低い人にはよいかもしれませんね。

    鼻に鼻パッドの跡や日焼けもできませんし。

    ただ、こめかみで止めるタイプのメガネは頭痛を起こしやすいという噂もあります。

    私個人的に感想ですが、私は鼻が低いのですが、足つきの鼻パッドのメガネをかけると、鼻パッドの部分で鼻がきゅっと細くなって見えるので、なんとなく鼻筋があるように見える気が……

    まあ、気のせいだと思いますが。

    団子鼻の解消で洗濯バサミは逆効果?

    鼻を高くする方法は?

    鼻を高くするには整形しかない!まあ、劇的な変化を求めるのなら整形しかありませんが、自宅でできる方法でも鼻を高くすることはできる……かも。

    • 自分でできる鼻を高くする方法をご紹介します。

    鼻筋

    ①お風呂上がりの鼻マッサージ

    鼻の骨は手足に比べて柔らかくできています。なので、外部から押したり刺激することで、形が変わる、つまり鼻が高くなることもあるそうです。

    特に、子供や若い方はまだ鼻の骨がかたまっていないので、変形しやすいとのこと、まだ間に合うぞという方はぜひ試してみてください。

    マッサージはお風呂上がりに行います。

    お風呂で温まることで、鼻の骨もちょっとだけ柔らかくなっているからです。

    スポンサードリンク

    鼻マッサージのやり方

    手の親指と人差し指で鼻筋を左右からきゅっとつまみましょう。

    そのまま、目と目の間から鼻の先まできゅっきゅっとつまんでいきます。

    鼻の先まで行ったら、また目と目の間に戻ってもう一度。

    これを繰り返す鼻が少し高く、鼻筋が少し細くなりますよ。

    小鼻が気になる方は、小鼻を左右からぎゅっとつまみましょう。

     

    鼻マッサージは「継続は力なり」です。すぐに目に見える効果は出ませんが、毎日続けることで鼻が高くなるので、諦めずに続けてみてください。

    ②鼻から息を吸う動きで鼻を高く!

    鏡を見ながら、鼻から息を勢いよく吸ってみてください。少しだけ鼻が細く・高くなりますよね。

    その状態でストップ、苦しくなるまで我慢したら、力を抜いてください。

    鼻から息を勢いよく吸う→力を抜く→鼻から息を吸う、を繰り返すことで、鼻が細く・高くなります。

    ③鼻叩きで鼻を高く!

    骨には刺激を受けると、その部分に新しい骨ができたり高く盛り上げるという性質があります。

    • 鼻を叩いて鼻の骨に刺激を与えれば、鼻が高くなるということ!

    さっそくやってみましょう。

    鼻の叩き方

    叩く場所は、目と目の間、鼻が一番低くなっている部分です。

    この部分を指の関節でこつこつと500回、叩いてください。500回叩いたら、少しだけ下に移動、鼻が少し高くなる箇所をまた500回叩きます。

     

    鼻を叩くときは力加減に要注意!

    強く叩きすぎると、鼻が痛くなるので、痛くならない程度の適度な力加減で叩いてくださいね。

    • 鼻を高くするためのグッズもおすすめです。

    鼻を高くするというと、洗濯ばさみで鼻を挟もう!という方がいますが、洗濯ばさみで鼻を挟む……私はやったことがありませんが、きっと痛いですよね。

    洗濯ばさみでなく専用のグッズを使用すれば、痛くありません。

    洗濯ばさみの代わりに「ノーズグリップ」がおすすめ、鼻を挟んで鼻を高くするグッズです。

    ノーズグリップも痛そう、鼻を挟むのは怖いという方には、「ミニプチ小鼻」がおすすめです。こちらはグリップではなくテープタイプ、痛くありません。

    まとめ

    以上が、メガネがずれる原因や鼻ずれ防止グッズなどについてでした。

    メガネのずれ防止には鼻パッドや先セルを調整したり、グッズを使ってずれるのを防止したり、あるいは自分の鼻の方を高くするなんて方法もありますが、やっぱり自分の鼻や耳、顔の形に合ったメガネを選ぶのが一番のずれ防止方法です。

    メガネ屋さんでは、かっこいい/かわいいメガネを探すのもよいですが、必ずフィッティングをして自分の顔に合っているかを確認してくださいね。

    メガネをかけると、自分の低い鼻を残念に思うことが多いですが、鼻が高い人には高い人で悩みがあるみたいです。

    たとえば、近視レンズでは、鼻が高いとメガネと眼の距離が離れてしまうので、目が小さく見える、とか。

    鼻が高い人には高い人なりに悩みがあるものですね。

    スポンサードリンク

    The following two tabs change content below.
    「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^