暑いとき、あなたはうちわ派?それとも扇子派?

なぞ子は暑くなると、日がな一日うちわをあおいでいます。

扇風機は頭が痛くなるし、日中一人しかいない家でエアコンをつけるのももったいない。親にも怒られますしね。

その結果、昔ながらのうちわが一番よいという結論にいたりました。

近年では、片手でうちわをあおぎなら、もう片方の手に箸をもってそうめんを食べるという特技まで身につけ……お行儀が悪いだけですね。

大丈夫、家族がいるときはやっていません(`・ω・´)ゞ

ところで、日本の夏にはうちわともう一つ、うちわと兄弟のようによく似た子がいますよね。

そう「扇子」!

どっちも電気いらずで風を起こすアイテムですが、うちわと扇子の違いや使い分け、分かりますか?

まあ、形が違うということは分かるかなあ、あと我が家に扇子はない(笑)ということで、今回は管理人の娘、なぞ子がうちわと扇子の違いや歴史などについて調べてみました。

スポンサードリンク

うちわと扇子の違いは?

うちわと扇子の違いの一つが形状です。

うちわの特徴

あおいで涼しい風を起こすということに特化したうちわには携帯性やコンパクト化という考えはありません。

うちわのファンの部分を小さくしてコンパクトにすれば、その分風を起こす力も小さくなります。

扇子の特徴

一方の扇子、こちらは、涼しい風も起こすし持ち運びにも便利というアイテムです。

折り畳めばお弁当のお箸ケースよりも小さくなり、内ポケットにもおさまります。

うちわと扇子、どっちが涼しいの?

着物と和小物

では、肝心の涼しさはというと……これはうちわの方が上です。

まあ、涼しさまで扇子にお株を奪われたのではうちわの存在意義が、ね。

そもそも、うちわと扇子では風を起こすメカニズムが違います。

うちわが風を起こすメカニズム

うちわでは、うちわを上下させることで空気を圧縮、圧縮してできた空気のかたまりを前に送り出します。

この空気のかたまりが肌に当たったとき、涼しく感じるわけです。

扇子が風を起こすメカニズム

扇子では、波型のデコボコがそれぞれ小さな羽となってカルマン渦を起こします。

この空気の流れによって、涼しく感じるそうです。

扇子は少ない労力で涼しい風を作ることができます。

うちわと扇子の風量の強さ比較

うちわと扇子の風量を比較すると、あおぐ労力はうちわ>扇子、涼しさもうちわ>扇子です。

うちわと女性

言われてみたら、うちわをあおぐときは「ばっさばっさ」という感じ、扇子は「ぱたぱた」というイメージですよね。

うちわの方が涼しいけど、扇子の方がお上品かな。

ちなみに、うちわを使って少ない労力で大きな風を起こすためには、手首のスナップを使い、うちわの柄をしならせるようにあおぐのがコツです。

また、柄の先からうちわの先までが長いほど、テコの原理で大きな風を起こすことができますよ。

スポンサードリンク

うちわと扇子の歴史は?

  • うちわは600年代、ちょうど飛鳥時代ですね、中国から伝わってきました。

当時は「うちわ」ではなく「翳(さしば)」と呼ばれていたそうです。

    当時のうちわの用途はあおぐ以外にも、

  • 高貴な人が顔を隠す
  • 邪気を払うまじないとして
  • 虫を追い払う

最後の「虫を追い払う」用途が「うちわ」の語源になっています。

「虫を追い払うさしば」→「虫を打つはね(羽)」→「うちわ」となったそうです。

  • 扇子の歴史はうちわよりも浅く、平安時代(900年代)に日本で考案されました。

うちわは中国生まれ、扇子は日本生まれだったのですね。

扇子

扇子の原型は「檜扇(ひおうぎ)」といううもの、大河ドラマや映画で天皇や貴族が持っていますよね。

口や顔を隠しながら「ほっほっほっ」と笑っています。

あれが扇子の原型です。

扇子は元々高貴な方が使っていたもので、扇子の用途はあおぐ以外にも、

  • 神事
  • 茶道や舞踊の道具
  • 和歌を書いて送ったり
  • お盆代わりに花を載せて相手に送ったり

などなど、ばっと広げた扇子に和歌を書いたり、扇子を持って踊ったりというシーンは大河ドラマでもよく見かけますよね。

現在でも、結婚式で振袖などの着物を着るときには扇子(末広)を差します。

このときの扇子は普段使いの扇子ではなくもっと小ぶりなもの、あおぐための扇子ではなくあくまで飾りです。

中国から伝わってきたうちわを元に、日本で考案された扇子は、その後中国に輸出されます。

中国に逆輸入されたうちわはヨーロッパへ。

社交界の小道具として扇子が愛用されました。

かの有名なベルサイユ宮殿でも扇子は流行したとか。18世紀のフランスでは扇ことばなるもののあったそうです。

一例をあげると!

貴族

  • 扇で右頬に触れる→「はい」
  • 左頬に触れる→「いいえ」
  • 左手でクルクル回す→「私たち、見られています」
  • 右手でクルクル回す→「私は他の人が好きです」
  • ゆっくり扇ぐ→「結婚しています」
  • 早く扇ぐ→「婚約しています」

 

楽しそうな舞踏会ですね。

こうして見ると、日本でもヨーロッパでも貴族のやることってそう変わりませんね。

エジソンの発明にも一役した扇子

扇子はエジソンのあの偉大な発明のきっかけにもなりました。

その偉大な発明品とは……

  • 「実用的な白熱電球」です。

エジソン以前、白熱電球のメカニズム自体は分かっていたものの、肝心のフィラメントの寿命が短く実用化されていませんでした。

エジソン

エジソンはこの白熱電球の実用化に挑戦、長時間使えるフィラメントを開発するために世界中から植物繊維を集めたといわれています。

その中からエジソンが選んだのが、扇子の丈軸に使われる京都の真竹!

これにより、エジソンは長時間使えるフィラメントの開発と世界初の商業ベースの白熱電球の開発に成功しました。

エジソンが京都の真竹に注目したきっかけは、部屋にあった扇子だそうです。

エジソンの目につくところに京都の扇子をおいた方、Good Job!

スポンサードリンク

 

うちわと扇子の生産量日本一位は?

  • うちわの生産量日本一位は香川県です。

香川県といえば丸亀うちわが有名ですよね。

日本で生産されるうちわの90%が丸亀で生産されています。

  • 扇子の生産量一位は京都です。

扇子は元々、宮廷で使用されていたものですから、京都が産地なのですね。日本で生産される扇子の80%が京都で生産されています。

海外におすすめのお土産は?

ホームステイ先や外国のお友達のお土産には、日本の伝統工芸品のうちわがおすすめです。

  1. 丸亀うちわ(予算1000円~)

    香川県の丸亀で生産されるうちわ。平たく削った真竹を使用し、柄と骨が1本の竹から作られるのが特徴。丈夫で安価。庶民に愛されてきたうちわです。

  2. 京うちわ(予算1500円~)

    京都では元々宮廷の御所うちわが作られていました。その歴史を持つ京うちわは装飾性が高く、観賞用に人気です。もちろん実用性も◎ですよ。京うちわでは上部の骨が多いほど上級品です。

  3. 房州うちわ(予算1500円~、一番多い価格帯が3000円前後)

    千葉県の南房総市などで生産されているうちわです。篠竹を材料に、丸みを帯びた柄が特徴、手になじみやすくしなやかであおぎやすいです。房州うちわには色々な形がありますが、その中でも特に珍しい形が楕円形のうちわです。

うちわといえば絵柄を選ぶのも楽しいですよね。

金魚や朝顔、花火などの定番の絵柄からレトロな絵柄、格子や縦縞もスタイリッシュでおしゃれです。

また、最近はグラフィック柄のうちわもあるそうですよ。

お土産に買っていくのであれば、相手の好きなキャラクターのうちわを探してもよいですね。また、うちわといえば浴衣!

浴衣とうちわをセットにしてプレゼントするのもおすすめです。

> 浴衣と甚平どっち派?夏祭りデート前に違い!どっちのお揃いが良いか

まとめ

以上が、うちわと扇子の違いや歴史などについてでした。

家や会社で使うのにはうちわ、通勤通学中や出先で使うのには扇子がよいです。満員電車の中でうちわを使うことはできませんものね。

うちわをお土産にしたいとき、MADE IN JAPANかどうかをチェックしてください。

100円ショップにもうちわは売っていますが、安いうちわは日本製とは限りません。

相手が日本製にこだわるかどうかは分かりませんが、やっぱり「日本のお土産」といって外国製のものを渡すのはちょっとね。

自分用のうちわであれば何でもOK、大体ひと夏で2、3回は記念品や販促用のうちわをもらいますよね。

私は某保険会社からもらった世界的有名なねずみさん達の絵がついたうちわを愛用しています。

さすが保険会社の景品、地元の盆踊りでもらううちわよりも丈夫です(笑)

我が家に扇子がないのは、誰もくれないからです。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^