クロールの息継ぎ、難しいですよね。

管理人、小学校の低学年の時はカナヅチでした。3年生、4年生頃はカナヅチは克服できたのですが、クロールの息継ぎが出来ず、25m泳ぎ切る一歩手前で息が限界だったことを覚えています。

息継ぎしないと苦しいですよね・・・。

苦労せずに泳げた人は、「クロールの息継ぎなんてタイミング!要はバランスのコツをつかめば余裕!!」なんて言いますが、「言うは易く行うは難し」とはまさにこの事。

それがね、ある日、突然息継ぎのコツをつかんでからはクロールも平泳ぎも出来るようようになって、小学校6年生のときにはクロールで1km泳ぎきった記憶があります。

長年謎だった「ブクブクパー」の謎が解けてから、息継ぎが楽になりました。あのときは目から鱗でしたね。

ということで、今回はクロールの息継ぎのコツについてご紹介しますので、今、泳ぎで悩んでいるなら参考にしてみてください。

クロールの息継ぎを完璧にマスターして、夏休み明けには、お友達をギャフンと驚かしちゃいましょう。

管理人は、小学生6年生の夏休み前は25mを泳ぎきったことなかったんですよ。息継ぎが出来なかったから・・・。

それが、息継ぎが出来るようになって、夏休み明け25mを泳ぎきったものだから、友達はビックリ!さらに、記録大会で1km泳いだのでみんな目玉が飛び出してました(`・∀・´)エッヘン!!

プールサイドに立つ少年

また、夏休み中、お父さんやお母さんは子供に息継ぎの方法を教えたいけど、どう教えれば良いのか悩みますよね。管理人も自分が苦労した息継ぎを子供に伝えることに大変苦労しました。

言葉で伝えても、子供は「(・・?」って顔するし、少しきつく言うと「(T_T)」し、あやうく水泳を嫌いな子供にするところでした。

そうならないように、注意してくださいね。

では、では。

スポンサードリンク

クロールの息継ぎ左右どっち?

クロールの息継ぎは左右どちらでも、自分がやりやすい方でやってかまいませんよ。

右利きや左利きと息継ぎの向きはあまり関係ないようです。

管理人は右利きで左向きに顔を出していました。

クロールの息継ぎ

息継ぎが必要なのは、息が苦しくなるからです。なので、25m競争するなら息継ぎなしの方が速く泳げます。(息継ぎ出来る人が、息継ぎなしで泳いだ場合の比較ね。)

息継ぎが出来ない状態で泳ぐのが速いということはまずないと思うので、まずは息継ぎをマスターしましょう。

クロールで長い距離を泳いだり、楽に息継ぎしたいときには、左右どちらでも息継ぎができるように練習した方がよいです。

左右どちらの息継ぎもできれば、奇数回のストロークでも息継ぎができるので、「あっ、苦しい」と思ったときにぱっと息継ぎをすることができます。

スポンサードリンク

25mクロール息継ぎは何回が目安?

息継ぎの回数は25mを泳ぐためのストローク回数と、息継ぎの頻度によって決まります。

25mのストローク回数は15~20回程度かな。

ストローク2回に1回の息継ぎなら、7回~10回の息継ぎになりますね。

ストローク3回に1回、息継ぎをする場合は、顔の向きは右・左・右・左と左右交互になります。

息が苦しいときにはストローク2回に1回の息継ぎでよいですが、息継ぎが少ない方が泳ぐスピードは速くなるし、体力の消耗も少ないです。

なので、慣れてきたらストローク3~4回に1回の息継ぎを目安に泳ぐのがおすすめです。

水泳の先生

このように、クロールの息継ぎは、右でしないといけないとか、左だとか、息継ぎの回数は何mに対して、何回と決まりがないことがわかりましたか?

息継ぎは「右でしょ」とか、「25mで何回」と決まりを作って、子供にそのまま押し付けてしまう傾向が親にはあるみたい。

なので、その通りに出来なくても大丈夫。

それより、クロールの息継ぎで沈む原因を理解しましょう。

クロール息継ぎで沈む原因は?

  1. 体に余計な力が入っている←いわゆるカナヅチ
  2. 息継ぎのとき、顔を上げすぎ・天井に向けようと体を回転させすぎ
  3. 息継ぎで顔を上げるときに、伸ばす方の腕が沈んでいる
  4. 息継ぎのためにフォームが乱れたり、腕の回転の流れがとまっている
  5. 息継ぎの際、息を大きく吸いこんでいる

息継ぎがうまくできないと、顔を水面より上に出そうとして体をぐるりと回転させてしまいがち。

これをすると、伸ばす腕や脚が沈むし、泳ぎの流れが止まるし、さらに耳や鼻に水が入ってくるし、でとても苦しい泳ぎ方になってしまいます。

また、息継ぎの際、多くの空気を吸い込もうとすると、空気ではなく水が口の中に入ってくるうえに、体に余分な力が入るため沈みます。

スポンサードリンク

息継ぎの練習よりもっと大事なこと!

で、息継ぎのコツの前に一番大事な基本は①の体に余計な力が入っている。これをまず克服しないといけませんね。

それには、水泳の基本フォームのストリームラインをマスターすることが大事。

これが出来るのようになると、蹴伸びだけで25mも可能となります。

最初は力が入って下半身が沈んだりすると思います。でも伏し浮きを繰り返し練習すると、ある日突然と、「あれ、浮いてる?」となります。

なんでも、基本が大事。こちらの動画を見て練習してみて。


楽天広告:ゆったりクロールで長く、楽に泳ぐ! [ 柴田義晴 ]

クロールの息継ぎのコツは?練習方法は?

クロールの息継ぎで大切なことは、顔を上げすぎないこと。

息継ぎ

息継ぎのためには顔全体を水から出す必要はなく口元だけ出せばよいので、息継ぎは、顎を水中から出すイメージでやってみてください。

このとき、息継ぎの顔は正面(ゴールの方)を向くのではなく伸ばした腕に耳を当てる感じで横(隣のレーン)を向きます。

伸ばす腕は思いっきり伸ばすイメージで!

ぐっと伸ばすと、腕が沈みません。息継ぎが苦手な方は、腕をゆっくり回しながら、息継ぎの顔の向きや顔の出し方を確認してみてください。

右側で息継ぎのイメージ

クロールのコツは、水をかくときがとっても大事です。

肘を直角に曲げながらかくと良いですよ。右手に水のボールを抱えているイメージで、後ろに押し出す感じです。

左の片腕が前に伸びたときに顔を真横(右斜め後ろ)に向けます。

この時が息継ぎのタイミング!!

 

  • 息継ぎするとき、最初は水を飲んでしまいますよね。

これは、頭を水面に上げすぎているからバランスがぎこちなくなって余計に口の中に水が入ってしまっていることが多いです。

蹴伸びから、右手の水のボールを後ろに押し出し、左手が伸びた時の息継ぎのタイミングだけを繰り返し練習してみて!

そこまで頭を上げなくても、口が水面から一瞬出るポイントがわかるはず。その形をまずはマスターしましょう。

楽な息継ぎのためには基本の準備が大切!

水をかくときは、指の間を1cmぐらい開けると良いですよ。手に力が入らずリラックスできるのと、水が逃げずにかけるので力が加わります。

足のキックも大事だよ。

足首だけでなく、ひざを曲げずに股関節から動かします。イメージはムチを打つよな感じですね。

  • 水中では鼻から息を吐いておきましょう。

管理人が息継ぎが出来るようになって、さらに1kmもおよげるようになったのは、「ブクブクパー」の謎がとけたから。

水中で鼻からブクブクと息を吐いて、「パー」で口から息を吸う、あれ息継ぎの練習だったんですね。

長い間、気付きませんでした。たぶん説明は受けたであろうが、理解していなかった。

クロールの最中、隣のレーンを見てびっくり!

鼻からブクブク泡が出ている……そっか、水中で吐けばいいのか(゚д゚)!

これをきっかけに、息継ぎの短い時間で、「吐いて吸う」の二つを行うのではなく「吸う」だけになったので、息継ぎがとても楽になりました。

さて、さて、お父さん、お母さん、プールの季節はプール熱に注意ですよ。

まとめ

以上がクロールの息継ぎのコツや泳ぎ方についてでした。

クロールの息継ぎのコツは、顔を出しすぎないこと、伸ばした腕や沈めないこと、さらに水中で鼻から息を吐ききっておくことです。

顔を出しすぎると、耳や鼻に水が入りやすくなりますしね。

また、これは管理人が水泳が苦手だったことの経験談ですが、水泳って余分な力が入ると、体が沈みます。

少し疲れているくらいが体に余分な力が入らないので、自然と楽な姿勢で息継ぎをしたり腕を回せるようになるかなと思います。

練習してコツをつかんで、夏休み明けお友達をびっくりさせましょう。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^