ホットコーヒーとアイスコーヒーの違い?眠気覚ましの効果ならば!

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

コーヒーですが、あなたはホットコーヒー派ですか、又はアイスコーヒー派ですか?

暑くなるとアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。

✓管理人は外ではホットコーヒー、家ではアイスコーヒーです。理由は後ほど^^

コーヒー豆を買うとき、あるいは喫茶店でアイスコーヒーを注文するとき、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が高いなと思うことがあります。

 

同じコーヒーなのに、どうして アイスコーヒーの方が高い のか不思議ですよね。

また、コーヒーといえば カフェインの効果 による眠気覚ましやダイエット、ホットとアイスでこれらの効果に違いはあるのでしょうか。

ということで、 今回はホットコーヒーとアイスコーヒーの違いや効果について調べてみました。

更新:2017-04-21

 

ホットコーヒーを冷やしたらアイスコーヒー?

家庭で飲むときは、 冷めたホットコーヒー アイスコーヒー って感じですが、おいしいアイスコーヒーを飲みたいときはホットコーヒーを冷ましてアイスコーヒーなんて作りませんよね。

 

 

お客様用のアイスコーヒーを用意するときには、 アイスコーヒー用のコーヒー豆 を使い、ホットコーヒーよりも濃い目に抽出、さらに、淹れてから時間をおくとコーヒーの風味がとんでしまうので、淹れてからすぐに氷を入れたグラスに注ぎます。

 

溶けた氷で薄まる分を考慮して、濃い目に淹れるのですね。

もしくは水出しコーヒー、ただ、こちらは時間がかかります。

ホットコーヒーとアイスコーヒーでは、やっぱりホットコーヒーの方が人気なのかな、夏でもホットコーヒーを飲む人は多いですよね。

コーヒーは、ホットでも利尿効果があり体を冷やす飲み物なので、冷え性の方や女性では、アイスコーヒーを控えている方は多いでしょう。足が冷たくて寝れなくなりますからね。

管理人もアイスコーヒーを飲むとお腹が痛くなるので、アイスコーヒーを飲むのは自宅だけ、喫茶店やカフェではホットにしています^^;

 

ホットコーヒーよりもアイスコーヒーが高いのはなぜ?

博士

アイスコーヒーはホットコーヒーよりも酸味を強く感じる一方、苦みを感じにくいです。

なので、アイスコーヒー用のコーヒー豆は深煎り(フルシティーロースト、フレンチロースト、イタリアンローストなど)を使用します。


楽天広告:フルシティ ロースト コロンビア【500gパック】

深煎りなので、アイスコーヒーにしても程よい苦みが残るのです。

 

ただ、 深煎りのコーヒー豆は高いです。

煎る(焙煎)とは、コーヒー豆に含まれる水分を蒸発させるということですよね。煎れば煎るほど、豆から水分が抜けていきます。

焙煎後のコーヒー豆が軽くなるので、その分、100gあたりでは値段が高くなってしまうのです。


スポンサードリンク

 

眠気覚ましにはホットコーヒー?

コーヒーといえば徹夜の強い味方!

職場では、食後のコーヒーで午後の眠気を追い払うという方も多いのでは?

 

カフェインの効果はホットコーヒーの方が短時間で強くあらわれます。

 

なので、眠気覚ましのためにカフェインを摂取するときには、ホットコーヒーの方がおすすめです。

 

ダイエットにはホット?アイス?

コーヒーに含まれるカフェインにはリパーゼ(脂肪分解酵素)の働きを活性化させる効果があります。

つまり、コーヒーを飲むことで脂肪が分解、燃焼しやすくなるということ!

 

コーヒーにはダイエット効果もあるのです。

さらに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸にもリパーゼの働きを助ける効果があります。

 

ダイエットのためには、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方がおすすめです。

ホットコーヒー

カフェインやクロロゲン酸を効率的に吸収することができ、その効果も強くあらわれるからです。

また、普段はブラックで飲んでいる方も、アイスコーヒーだとついガムシロップやミルクを入れたくなりますよね。

ダイエットのつもりが、ガムシロップやミルクのカロリーのせいでかえって太ってしまうということもあります。

 

ダイエットのためにコーヒーを飲むときは、ブラックのホットコーヒーを飲んでください。

食後に飲むのがおすすめです。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、ホットコーヒーとアイスコーヒーについてでした。

アイスコーヒー用の豆を購入するときは、普段購入している豆よりも一段階、二段階深煎りのコーヒー豆を選ぶのがおすすめ。

アイスにしたとき、ホットコーヒーと同じくらいの苦みが出ます。

カフェインやクロロゲン酸の効果はホットコーヒーの方が強くあらわれます。

眠気覚ましやダイエットのためにコーヒーを飲みたい方は、ホットコーヒーで飲んでくださいね。

ところで、「 冷コー 」って言葉知っていますか?

管理人は恥ずかしくて使いませんが、アイスコーヒーのことを指しています。

最近は、死語になりつつありますが、関西出身の年配の方は、喫茶店で今も「ご注文は?」と聞かれると。

「そやなぁ〜、とりあえず冷コー1つ」と言っています。

つまらない、雑学でした。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ