ホットコーヒーとアイスコーヒーの違い

今回のテーマはコーヒーです。
早速ですが、あなたはホットコーヒー派ですか、又はアイスコーヒー派ですか?

暑くなるとアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。
寒くなるとホットコーヒーと言いたいところですが、寒い冬は紅茶の方がいいみたいφ(・_・

ナナナナ

わたしは外ではホットコーヒー、家ではアイスコーヒーです。
理由は後ほどね。

コーヒー豆を買うとき、あるいは喫茶店でアイスコーヒーを注文するとき、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が高いなと思うことがあります。

  • 同じコーヒーなのに、どうしてアイスコーヒーの方が高いのか不思議に思ったことありませんか?

また、コーヒーといえばカフェインの効果による眠気覚ましやダイエットにもいいとか…。
ホットとアイスでこれらの効果に違いはあるのでしょうか。

ということで、今回はホットコーヒーとアイスコーヒーの違いや効果について調べてみました。

スポンサードリンク

ホットコーヒーを冷やしたらアイスコーヒー?

コタロウコタロウ

ホットコーヒーを冷やしたら、アイスコーヒーになるのんじゃないの?
それより、今日はキンキンに冷えてるねぇ!!

おいしいアイスコーヒーを飲みたいときはホットコーヒーを冷ましてアイスコーヒーなんて作りませんよね(◞‸◟)

家庭で飲むときは、冷めたホットコーヒー=アイスコーヒーって感じですが…。

ナナナナ

お客様用のアイスコーヒーを用意するときには、アイスコーヒー用のコーヒー豆を使い、ホットコーヒーよりも濃い目に抽出します。

さらに( ̄^ ̄)

淹れてから時間をおくとコーヒーの風味がとんでしまうので、淹れてからすぐに氷を入れたグラスに注ぎます。

溶けた氷で薄まる分を考慮して、濃い目に淹れるのですね。

もしくは水出しコーヒー、ただ、こちらは時間がかかりますけどね( ̄^ ̄)

コタロウコタロウ

ごめんなさい。
そんなにいろいろ考えてたとは知りませんでしたm(_ _)m

ナナナナ

わかればいいけど( ̄^ ̄)ゞ

ホットコーヒー派?アイスコーヒー派?

  • ホットコーヒーとアイスコーヒーでは、やっぱりホットコーヒーの方が人気なのかな?

夏でもホットコーヒーを飲む人がわたしの周りには多い気がします。

あなたの周りではどうですか?

コーヒーは、ホットでも利尿効果があり体を冷やす飲み物なので、冷え性の方や女性では、アイスコーヒーを控えている方は多いのではないでしょうか。

それにわたしはアイスコーヒーを飲むとお腹が痛くなるので、アイスコーヒーを飲むのは自宅だけ、カフェや喫茶店ではホットにしています。

雑学博士雑学博士

“22.5℃”を超えると、アイスコーヒーを飲みたくなる派が、ホットコーヒー派を上回る

ホットコーヒーよりもアイスコーヒーが高いのはなぜ?

アイスコーヒーはホットコーヒーよりも酸味を強く感じる一方、苦みを感じにくいですよね。

雑学博士雑学博士

アイスコーヒー用のコーヒー豆は深煎り(フルシティーロースト、フレンチロースト、イタリアンローストなど)を使用します。
深煎りなので、アイスコーヒーにしても程よい苦みが残るのです。

  • ただ、深煎りのコーヒー豆は高いです。

煎れば煎るほど、豆から水分が抜けていきます。
※煎る(焙煎)とは、コーヒー豆に含まれる水分を蒸発させること。

焙煎後のコーヒー豆が軽くなるので、その分、100gあたりでは値段が高くなってしまうのです。

スポンサードリンク

ドリンクバーのコーヒーの値段の秘密

コタロウコタロウ

何杯でもおかわり自由のドリンクバーには、コーヒーもホットとアイスがあるよね。
種類もブレンド、エスプレッソ、ラテなど5種類くらいあるよ。
アイスコーヒーは赤字なのかな…。

ナナナナ

ドリンクバーはおかわり自由でサービスメニューに感じるけど、実はお店のメニューの中でも利益率の高いメニューなんだってφ(・_・

ドリンクバーのコーヒーの秘密
  1. スケールメリットを活かしてコーヒー豆を安価で仕入れている。
  2. 食品添加物のリン酸塩(増量剤)をコーヒー粉に混ぜることで5倍のコーヒーを抽出している。

 

雑学博士雑学博士

コーヒー豆100gで10杯と言われているが、増量剤を混ぜることで50杯抽出されます。
また苦味と香りは合成香料を加えています。
これにより、原価は5円以下と言われています。

しろねこ夫婦しろねこ夫婦

ドリンクバー300円として、コーヒーのおかわり60杯。
元を取るのは至難の技ですね…。

眠気覚ましはホット?アイス?

コーヒーといえば徹夜の強い味方!
職場では、食後のコーヒーで午後の眠気を追い払うという方も多いのでは?

  • カフェインの効果はホットコーヒーの方が短時間で強くあらわれます。

眠気覚ましのためにカフェインを摂取するときには、ホットコーヒーの方がおすすめです。

ダイエットにはホット?アイス?

コーヒーに含まれるカフェインにはリパーゼ(脂肪分解酵素)の働きを活性化させる効果があります。

つまり!!

コーヒーを飲むことで脂肪が分解、燃焼しやすくなるということ!

さらに!!

コーヒーに含まれるクロロゲン酸にもリパーゼの働きを助ける効果があります。

  • ダイエットのためには、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方がおすすめです。

カフェインやクロロゲン酸を効率的に吸収することができ、その効果も強くあらわれるからです。

また、普段はブラックで飲んでいる方も、アイスコーヒーだとついガムシロップやミルクを入れたくなりますよね。

ダイエットのつもりが、ガムシロップやミルクのカロリーのせいでかえって太ってしまうということもあります。

ナナナナ

ダイエットのためにコーヒーを飲むときは、食後にブラックのホットコーヒーを飲む方がいいみたいφ(・_・

まとめ

以上が、ホットコーヒーとアイスコーヒーについてでした。

アイスコーヒー用の豆を購入するときは、普段購入している豆よりも一段階、二段階深煎りのコーヒー豆を選ぶのがおすすめ。

アイスにしたとき、ホットコーヒーと同じくらいの苦みが出ます。

カフェインやクロロゲン酸の効果はホットコーヒーの方が強くあらわれます。

眠気覚ましやダイエットのためにコーヒーを飲みたい方は、ホットコーヒーで飲んでくださいね。

ところで、

  • 「冷コー」って言葉知っていますか?
ナナナナ

わたしは恥ずかしくて使いませんが、アイスコーヒーのことを指しています。

最近は、死語になりつつありますが、関西出身の年配の方は、喫茶店で今も「ご注文は?」と聞かれると。

「そやなぁ〜、とりあえず冷コー1つ」と言っています。

わたしの父がそうです(・・;)

つまらない、雑学でした。
では、ごきげんよう~。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
しろねこ夫婦の【新】面白い雑学ブログは子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が好きなことや、得意なことを記事にして運営しています。 ブログへのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 プロフィールやブログ実績はコチラをご覧ください。