顔の産毛処理は面倒、「どうやって産毛を処理したらいいの?」とお悩みの方も多いのでは?

は〜い。今回の記事はお久しぶりです。「なぞ子」が担当です。

なぞ子の画像

産毛の処理のために、電気シェーバーや専用のシェービングクリームを買うのはもったいない、目立たない産毛のために高いお金はかけられないという方もいるでしょう。

そんな時は、ダイソーさんだよねぇ。生活用品もたくさんあります。もちろん、産毛処理グッズもあるんだよね。

ということで、今回はダイソーで購入できる産毛の処理グッズランキングをご紹介します。

スポンサードリンク

ダイソーで購入できる産毛の処理グッズランキング

ダイソー

1位 I字カミソリ

1位はI字カミソリ!これはわざわざ紹介するまでもない定番ですよね。これがないと顔の産毛処理はできません。

フェイス用カミソリは、T字とI字がありますが、眉の周りや鼻の下など細かい部分を処理するときにはI字の方が使いやすいですよ。

というか、なぞ子は良くわからないのですが、T字を産毛処理に使ったことないんだよね。額やフェイスラインには使いやすいのかなあ……I字より一気に剃れそうな気はしますね。今度、試してみたいと思います。

2位 ならかしわナチュラルパック

炭が配合されたフェイスパックで、とても人気の商品です。

鼻のぶつぶつ角栓や黒ずみがとれると評判の商品ですが、角栓と一緒に産毛も取ることできます。

顔全体に使えば、一気に顔の産毛を処理できますね。

100円とは思えない使いやすさとクオリティです。

ただ、パックのやり過ぎは禁物!

毛穴が開いてしまうので、1週間~1ヶ月に1回の頻度で使ってくださいね。

3位 RJローション美容液

産毛を処理した後の肌はとても敏感、乾燥しやすくなっています。美容液で保湿してあげましょう。

RJローション美容液はローヤルゼリー配合、お肌をぷるぷるに潤してくれます。

100均でローヤルゼリーの美容液を購入できるなんて驚きですよね。ダイソー恐るべしです。

同じような美容液では、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された美容液も見かけたことがあります。今もあるのかは不明。

ダイソーに行った際にはぜひ探してみてください。

スポンサードリンク

4位 DC保湿ゲルクリームコラーゲン

こちらは、コラーゲン配合のゲルクリームです。

濃厚なクリームなので産毛処理後のスキンケアに使ってもよいですが、おすすめはシェービングクリーム代わりに使用すること!

産毛を処理する前に、肌にゲルクリームをたっぷり塗っておきましょう。

カミソリ負けやカミソリによる肌のダメージを防ぐことができますよ。

5位 酒しずく化粧水・乳液

酒しずく化粧水と乳液はもはやダイソーの定番商品ですよね。

なぞ子も一時期使用していました。

ごく普通の化粧水と乳液で、特別潤う・品質がよいというわけではありませんが、なんといっても100円です。

ぱしゃぱしゃとたっぷり使用することができますよ。

潤う

乳液は産毛処理前のシェービングクリームとして使用、処理後は、化粧水と乳液を塗れば乾燥対策もばっちりです。

顔の産毛処理のときだけでなく、手足のムダ毛処理の前後にも使うと良いですよ。

いくらでもためらいなく使えるというのが、この酒しずく化粧水・乳液の一番の長所です。

これがドラッグストアの数百円の化粧水になると、とたんに出し惜しみしちゃいます。たった数百円なのにね。

やっぱり我が家族はみんな貧乏性です。

なぞ子より

なぞ子の画像

以上が、ダイソーで購入できる産毛の処理グッズランキングについてでした。

安く、手軽に産毛を処理したいという方は、ぜひ100均のダイソーで産毛処理のグッズを探してみてください。

ダイソーのスキンケアグッズではピーリングジェルも高評価!顔の角質を除去できると評判です。ただ、ピーリングジェルなので産毛までとれるかどうかは不明です。

少しは取れるかな、気になる方はぜひ試してみてください。

ぱっと見には目立たない産毛ですが、産毛があるのとないのとでは、顔の透明感が全く違います。

また、女性では産毛を処理することで化粧のりもよくなりますし、化粧を落とすときも産毛がない肌にはクレンジング剤が肌になじみやすいので、短時間できれいにオフすることができます。

産毛をきれいに処理して、くすみのない透明美肌をめざしましょう。

むだ毛はあらゆるところに出ますよね。鏡を見てたら鼻頭なんかにも。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
しろねこ夫婦の【新】面白い雑学ブログは子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が好きなことや、得意なことを記事にして運営しています。 ブログへのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 プロフィールやブログ実績はコチラをご覧ください。