iPhoneなどのスマートフォンを使っているついに、指が痛くなったりピリピリしびれることがありますよね。

管理人はよく利き手の親指の付け根が痛くなります。それでもポチポチをやめられないのがスマートフォンの怖いところ、ではなく、管理人の意志の弱いところ。

痛いのにやめられないなんて、もうどっぷりスマートフォン依存症ですね。

ということで、今回はiPhoneによる指先のしびれについて調べてみました。

スポンサードリンク

iPhoneタッチパネルで指先しびれの原因

iPhone

①電磁波過敏症!?

いきなりびっくりしたのですが、iPhoneによる指先のしびれの原因の一つ目は電磁波過敏症です。

“電磁波!?”

いきなりびっくりする原因ですが、なんと、iPhoneから出ている電磁波が体の不調の原因になっているようなんですよ。

さらにこの電磁波過敏症指先の痛みやしびれの他に、めまい・吐き気・頭痛などの症状が出ることもあります。

iPhoneを使用していたら、指先のしびれに加えてめまいや吐き気を覚えるという方は、電磁波過敏症かもしれません。

iPhone用の電磁波対策グッズを使うとよいですよ。

おおすすめiPhone電磁波対策グッズ

スマホカバーやタッチペン、手袋などの対策グッズがあるので探してみてください。また、iPhoneの使用時間を短くすることも大切です。

電磁波過敏症は頭蓋骨が小さく薄い子供やアレルギー体質の人に起こりやすいそうです。また、電磁波は電子レンジやテレビ、IHヒーターなどiPhone以外からも出ています。

調理中に頭が痛くなる、テレビを見ていると吐き気を覚えるという方は、電磁波に弱い体質かもしれません。

今はiPhoneの操作中に症状が出ていなくても、これから電磁波過敏症の症状が出るかもしれないので、早めに大切をしておくのがおすすめです。

遅れている日本の電磁波対策

実は日本の電磁波対策は世界の先進国と比べると遅れていることを知っていますか?

スマホ

  • イギリスでは携帯電話の使用勧告・・・16歳未満に対して
  • フランスでは子供用携帯電話の広告禁止・・・12歳未満の子供用を対象に法律で禁止

このように子供に対しての電磁波の悪影響を防ぐ為に、電磁波の対策がされています。日本は、電磁波先進国とくらべて、SAR許容値が3倍近くゆるいと言われています。

②腱鞘炎!?

腱鞘炎、いわゆる「ばね指」ですね。

管理人は学生時代に手首の腱鞘炎になり、きっと現在はスマートフォンで腱鞘炎になりつつあります。覚えがあるわあ、この、手首と親指の痛み……( ;∀;)

> スマホで小指の変形はデマじゃない?治す対策いらず1番は?

ちなみに、学生時代の腱鞘炎は勉強のしすぎではなくゲームのしすぎです(笑)

腱鞘炎では、指の痛みに加え、指の曲げ伸ばしがしにくくなります。心当たりのある方は形成外科を受診してください。

痛い指はなるべく使用しないこと!タッチペンを使用するか、iPhoneを机の上に置いた状態で操作するとよいですよ。

スポンサードリンク

③手根管症候群!?

小指以外の指がピリピリしびれるときには、腱鞘炎ではなく手根管症候群の可能性が高いです。

手首の正中神経が炎症を起こすことでしびれが出ます。

こちらも痛みがひどいときには形成外科を受診し、消炎剤やサポーターを使って治癒を目指しつつ、iPhoneを使用するときは手首や指に負担をかけないようにすることが大切です。

腱鞘炎のときと同じように、タッチペンを使用したり、iPhoneを机に置いて操作してくださいね。

④関節の病気!?

指先のしびれが腱鞘炎や手根管症候群ならまだまし、関節の病気の可能性もあります。

関節リウマチ

朝、手や指がこわばる・関節が腫れるときには、リウマチかもしれません。

手指の変形性関節症

加齢により、関節の軟骨がすり減ることで痛みや変形が起こります。

いずれも自然治癒は難しいので病院で治療を受けてください。関節リウマチや変形性関節症は、iPhoneが病気の直接の原因ではなくても、iPhoneの操作によって痛みや変形などの症状が悪化することがあります。

まとめ

以上が、iPhoneのタッチパネルで指先のしびれの原因と対処法についてでした。

iPhoneを操作しているとき、指先がピリピリしびれる・痛いときの参考にしてください。

電磁波過敏症ではないけれど、度々指先がしびれたり痛くなるという方は筋肉痛の可能性があります。

そのままiPhoneを使用し続けると、腱鞘炎や手根管症候群になるので、iPhoneの使用時間を短くする、手首や指に負担のかからない方法で操作するなどの対処をしてください。

人によっては、iPhoneが大きすぎる・重すぎることで、手首や指に負担がかかっていることもあります。

手が小さい方、箸よりも重たいものが持てない方は、片手ではなく両手でiPhoneを操作するとよいですよ。

いっそ、画面が小さく軽い端末に変更するのもおすすめです。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^