忘れ物が多い癖の子供!減らす方法は?まさか病気じゃないよね

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

担任から「おたくのお子さん、忘れ物が多いですよ」と言われると、親としてはとても気になりますよね。

忘れ物が多い子供の忘れ物を減らすために、親はどのようなことに気をつければよいのでしょう。ということで、 今回は子供の忘れ物を減らすための方法について、ご紹介します。

更新:2017-02-05

 

学校の準備は前の晩に!

体操帽

朝の忙しい時間、顔を洗って着替えて、朝食を食べて……眠たい頭ではこれだけでも難事業なのに、ここにその日の学校の準備、ランドセルの教科書を入れ替えたり体操服を用意したりなんてことまで加わると、頭はもうキャパオーバー!

忘れ物をするのも仕方なしです。

 

  • 子供の忘れ物が多いと悩んでいる方、子供には前の晩、寝る前に学校の準備をさせましょう。

 

このとき、 「あれ持った?これは入れた?」と親が一つずつ確認する必要はありません。 それでは子供の自立心が養われないので口や手の出しすぎは禁物!

ただ、 寝る前に一言「学校の準備は終わったの?」と声をかけてあげましょう。 お風呂に入る前や夕食の前など、学校の準備をするタイミングを決めておくと、学校の準備を忘れるということがなくなります。

 

体操服や校内靴はランドセルの上にスタンバイ!

学校の忘れ物で多いのが、体操服や校内靴など、ランドセルに入れらないもの!

いやし

ランドセルを忘れるということはほとんどありませんが、体操服や校内靴は忘れがちですよね。

管理人もよく体操服の手提げ袋を忘れていました。なので子供に強く言う資格なない(けど言いますが・・・^^;)

学校の準備をしたとき、体操服や校内靴をランドセルから離れた場所に置くと、朝家を出るまでのばたばたとしている間に忘れてしまいます。

  • 体操服や校内靴は、ランドセルの上にスタンバイ!

ランドセルを背負うとき、必ず目に入る場所に準備しておきましょう。

 

朝、玄関先でもう一度忘れ物がないかを確認すること!

忘れ物チェック

 

朝、家を出るときの「行ってきます」「いってらっしゃい」、このときもう一度子供の忘れ物をチェックしましょう。

このとき、「あれ持った?これは入れた?」と 口に出すのではなく 目で見て「体操服は持っているね、手提げ袋も忘れていないね」と 確認 、もし体操服が見当たらなければそのとき、「体操服は持った?」と 声をかけてあげます。


スポンサードリンク

 

忘れ物をしたときはフォローが大切!

忘れ物が続いたり、先生や親に怒られると、子供は落ち込みますし自信を失います。

子供の自信を失わせないためには、忘れ物をしたときのフォローが大切!

鬼婆

忘れ物が多いからといって、怒ったり、毎日毎日「あれ持った?これは入れた?」と口やかましく確認してはいけません。

 

まずは「誰にでもうっかり忘れ物をすることはある」ということを子供に伝え、その後、「忘れ物をしないためにはどうすればよいのか」を子供と一緒に考えてください。

子供自身が、忘れ物をしないための方法を考えることが大切です。

 

忘れ物を減らすコツは親の愛情

子供の忘れ物を減らす方法は、上記でご紹介したように、“ 事前準備 ”と“ 確認 ”です。

「我が子はどうして、他の子を比べて忘れ物が多いのだろう?」と悩んでいう方もいるでしょうが、 思い出してみてください。

最初からあなたも忘れ物が少なかったのでしょうか。事前準備と確認は親から教えてもらわずに、自然と身についたものでしょうか。

 

あなたも数え切れないほど忘れ物をしてきたからこそ減ったのです。

親の愛情

親がサポートして忘れ物をしないコツを身につけたのでしょう。また、休みの日など一緒にお出かけをするさいに親の行動を見て真似をしたから身についたと思います。

生まれて勝手に忘れ物が減るということはありません。

  • 忘れ物をしないようにするコツをサポート
  • 忘れ物をしたらフォロー

忘れ物をした子供にたいして自業自得なんて言ったら、いつまでたっても忘れ物は減らないですよ。(管理人、ちょっと反省・・・)


楽天広告:忘れ物防止アラーム 忘れ物をする前にブザーでお知らせ!! 子供が離れるとブザーでお知らせ迷子防止!!【02P03Dec16】

 

忘れ物が多い、もしかしたら病気かも!?

子供の忘れ物が多い、「うっかり」というには忘れ物が多すぎるというときには、注意が必要です。

たとえば、ADHD(注意欠陥多動性障害)の子供は忘れ物が多いです。

我が子の忘れ物が多い方は、一度お子様にADHD診断を受けさせてみてください。

ADHDの特徴

忘れ物 に加えて、お子様に、 落ち着きがない じっとしていられない 人の話を最後まで聞けない という心当たりがあるときは、ADHDかもしれません。

 

また、うつ病や睡眠不足の子供は忘れ物が多いです。

 

子供がうつ病に!? とちょっと意外に思われるかもしれませんが、子供のうつ病は珍しいことではありません。

忘れ物が急に増えたというときには、ADHDよりもうつ病を疑ってみましょう。忘れ物の他に、 食欲がない 元気がない 寝起きが悪い 口数が少なくなった 学校の話を家でしない など、お子様の様子に心当たりがあるときは小児科や心療内科を受診してみましょう。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、子供の忘れ物を減らすための方法についてでした。

子供の忘れ物を減らすためには、前の晩に学校の準備をすること、家を出る前にもう一度忘れ物がないかをチェックすること、この二点が大切!

ゆくゆくは子供自身が気を付けて、自分で準備やチェックをしなければいけませんが、最初のうちは親が声掛けをしたり、忘れ物チェックを促すなどの手助けをしてあげてください。

忘れ物が極端に多い場合、ADHDやうつ病の可能性があります。担任と相談のうえ、しかるべき医療機関で診察を受けてみてください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ