エイプリルフールの意味と由来【嘘は午前中だけ?】元ネタ調査結果

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

4月1日はエイプリルフール、嘘をついてもよい日とされています。

このエイプリルフールの由来についてはあまり知られていませんよね。 元ネタは何なんでしょう?

ということで、 今回はエイプリルフールの意味や由来について調べてみました。本当か?噂か?嘘か?真相解明です。

更新:2017-02-04

 

エイプリルフールはヨーロッパ由来!

エイプリルフール

はじめてエイプリルフールを知ったのはいつですか?

管理人は、小学生の低学年ごろだったと思います。

いつも仲良しの友達と小学校の帰りに体験しました。いまでもよく覚えているのですが、「 ○○先生、実は男らいしよ 」と言われ、大好きだった先生だったからか、その後、友達と「 絶対に違う 」と口喧嘩した記憶があります。

その後、友達から「 うそー!エイプリルフールだよ〜ん 」と言われ、何のこっちゃさっぱりわかりませんでした。

家に帰って、母親に「今日は嘘をつかないと行けない日なの?」と聞いた記憶がありますね。日頃、「ウソをついては絶対に行けません!」と言ってた母親が少し困った顔をしていたような気がします。

 

今思いだすと、管理人も純粋な時期があったんだんなぁと思います。

それでは、エイプリールフールの由来を見ていきましょう。

 

聖書も関係しているって本当??

実は、エイプリルフールの由来ははっきりとは分かっていません。

なので、いくつかの有力説をご紹介しますね。

 

まずはヨーロッパ由来説から。

エイプリルフール

16世紀までヨーロッパでは春分にあたる3月25日が新年の始まり、つまりお正月で、4月1日まで新年のお祝いをしていました。

現在のイースターのお祭りがこれにあたるのかな。

しかし、1564年、フランスのシャルル9世が1月1日をお正月とする新しい暦を採用、 これに反抗した国民は4月1日を「嘘の新年」としてバカ騒ぎをしたのがエイプリルフールの始まりとされています。

 

ちなみに、このバカ騒ぎした国民はシャルル9世の逆鱗に触れ、処刑された、とか。エイプリルフールって意味が分かると怖い話かも(; ・`д・´)

 

フランス発祥説は他にもあります。

フランスでは4月1日を「ポワノン・ダブリル(4月の魚)」と言います。

フランスで4月によく釣れる魚は鯖!そのことから、 鯖は「馬鹿な魚」 と呼ばれていて、馬鹿な魚が釣れる4月1日は「嘘(バカげたこと)をついてもいい日」とされたそうです。

 

フランスでは、気づかれないように他人の背中に魚の形の紙を貼るいたずらもある、とか。これ、日本でもよくやりますよね。先生の背中に紙を貼って猛ダッシュ、みたいな(笑)

 

さらに、聖書由来説もあり。

イエス・キリスト

旧約聖書の有名な話の一つ「ノアの方舟」、ノアは陸地を見つけるためにハトを放つのですが、一回目はハトは陸地を見つけられずに帰ってきます。

この日が4月1日だったことから「 無駄なことをする=嘘をつく 」ということで、エイプリルフールができました。

 

また、 4月1日はイエス・キリストの命日 です。

ユダの裏切りを忘れないために、エイプリルフールを「嘘の日」としたという説も……いきなり重い話になりましたね(^^;)


スポンサードリンク

 

インドの修行僧がエイプリルフールの由来!?

  • インドの修行僧がエイプリルフールの由来という説もあります。

インドの修行僧は春分の日から1週間、修行をするそうです。

この修行が終わるのが4月1日、せっかく修行をしたのに俗世に戻るということで「 修行の甲斐がない=修行を無駄にする・無駄なことをする=嘘をついてもいい 」ということで、4月1日がエイプリルフールになった、とか。

インドでは4月1日を「揶揄説」というそうです。

 

エイプリルフール、日本の始まりは?

エイプリルフール

エイプリルフールが「嘘をついてもいい日」として日本で広まったのは、大正頃からといわれています。

しかし、エイプリルフール自体は、江戸時代にすでに日本に入ってきていました。

江戸時代は「嘘をつく日」ではなく、「不義理の日」とされており、4月1日には、不義理をした人に宛てて不義理を詫びる手紙を書いていたそうです。 不義理……たとえば「お金を返さなくてごめんね」とか、かな(笑)

 

嘘をついてもいいいのは午前中だけ?

エイプリルフールで嘘をついてもいいのは午前中だけ、という話がありますが、これはイギリス由来の説です。

 

イギリスでは、国王に忠誠を誓うために樫の実を身につける「オークアップルデー」があり、この日に樫の実を身につけていないと「不忠者」と怒られます。

しかし、 怒られるのは午前中だけ! 午後には怒られなくなることから、「 怒られることをする(嘘をつく)のは午前中まで 」というエイプリルフールのルールができたそうです。

 

4月はエイプリルフール以外にも、面白い雑学がありますよ。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、エイプリルフールの意味や由来についてでした。エイプリルフールの由来の中にも嘘っぽいものがちらほら、まあ、エイプリルフールですから嘘が混ざっていても仕方ありませんよね。

エイプリルフールを楽しむときは節度を持って! 他人の名誉を傷つける嘘はつかないようにしましょう。

また、嘘をついた後はきちんと嘘を明かすこと!

皆が「ふふ」と笑いたくなる嘘でエイプリルフールを楽しんでくださいね。

くれぐれも嘘によって、お金や物をだましとってはいけませんよ!この場合は、シャレでは済まず、「詐欺罪」といった罪になりますよ。

あと、エイプリルフールは世界中で「嘘をついて良い日」ということで、企業もいろいろと面白いことをしますが、中にはフィッシング詐欺やニセサイトの出現で被害を受けたということが残念ながら每年起こっています。

エイプリルフールを楽しむためにも、パソコンのセキュリティーをこの機会に見直して置くのも良いかもしれませんね^^


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ