雛人形の処分はいつする?供養の仕方!やっぱり娘に譲る?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

娘を持つ親として気がかりなのが雛人形の行く末。

雛人形の処分や供養に悩んでいる方は多いのでは?

おもちゃの人形ですらゴミに出しにくいのに、 雛人形は女の子の災厄を代わりに引き受けたり神霊が依りつく「形代」、女の子にとってのお守りみたいなもの だと思うと余計に処分しにくい(´・ω・`)

ましてや、雛人形は祖父母が購入してくれたものだし・・・処分した途端、バチ当たりな感じだし、悪いことが起きそうな気もします。

ということで、 今回は雛人形の適切な処分方法について調べてみました。

更新:2017-02-02

 

雛人形はいつ処分する?

本来、雛人形は女の子の一生の災厄を本人に代わって引き受けるものですから、女の子が生きている間は処分はしません。

しかし、雛人形が家にいくつもあるのも困りもの、「これはおばあちゃんの雛人形、こっちはママので、こっちが私」なんてことになると、雛人形の保管だけで蔵を一つ建てなければいけません。

まぁ、マンション暮らしの我が家に蔵なんてものは、不可能なわけで、収納スペースが少ないしトランクルームでも借りようか!なんて経済的に余裕があるわけでもなく、頭を悩ませるところです。

雛人形

 

というわけで、現在では雛人形は、女の子が成人する・結婚する・子供が生まれるなどの節目で処分されることが多いようです。

一般的なのは結婚するときかな。

嫁ぎ先や新居に雛人形を持っていくことはなかなかできませんからね。

 

雛人形の処分方法

雛人形

 

①譲る

雛人形をゴミとして処分したくないときには、誰かに譲りましょう。

自分の娘や孫に譲る・親戚の子や近所の子に譲るのがおすすめです。ただ、あなたの雛人形にはこれまであなたの代わりに引き受けてくれた災厄がついています。

 

一度お祓いや清めてもらってから、譲った方がよいでしょうね。

 

身近に譲る相手を見つけられないときは オークションやフリーマーケット に出して新しい持ち主を探したり、 老人施設や養護施設、保育園 などに寄附します。

老人施設や養護施設に寄附したいときは、まずは施設側に問い合わせてみること。いきなり雛人形を送りつけてはだめですよ。

足長おじさんや、伊達直人タイガーマスクのように感謝されることはないですからね^^;


スポンサードリンク

 

②人形供養

神社やお寺で供養してもらう方法もあります。

供養

人形供養を行っている神社やお寺を探してみてください。

供養料は神社によって異なりますが、大体3000~5000円程度です。

 

近所で人形供養を行っている神社を見つけられないときには、日本人形協会が行っている人形供養代行サービスを利用してみてください。供養の申込は日本人形協会のサイトから手続きすることができます。

人形感謝(供養)代行サービス|一般社団法人日本人形協会

日本人形協会に送った雛人形は、毎年10月に行われる東京大神宮人形感謝祭で供養後、処分されます。

 

③ビッグひな祭り

雛人形の処分・供養として最近人気なのが、徳島県勝浦郡勝浦町で毎年2、3月に行われる「ビッグひな祭り」です。

供養料5000円を払い雛人形を送ると、イベント中、雛人形を飾ってもらえ、イベント後には供養してもらえます。

長らく押入れに眠っていた雛人形が最後に、イベントに訪れた多くの方に見てもらえるというのがうれしいですよね。

 

徳島県勝浦郡勝浦町で始まったひな祭りのイベントは今では、全国の勝浦町に広まっていて、各々雛人形の供養を受け付けています。

イベントの期間中に足を運べる勝浦町に自分の雛人形を送るのがおすすめです。

 

主なひな祭りイベントがこちらです。

 

  • 千葉県勝浦市かつうらビッグひな祭り
  • 2017年2月24日(金)〜3月5日(日)
    公式サイト:かつうらビッグひな祭り

  • 南紀勝浦ひなめぐり
  • 2017年2月25日(土)〜3月5日(日)
    公式サイト:南紀勝浦ひなめぐり

    それぞれ申込方法が異なるので、各公式サイトで申込方法をご確認ください。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、雛人形の処分時期や処分方法についてでした。

雛人形は形代やお守りであることから「一人一つ」が原則、本来は誰かに譲るものではありませんが、処分に困ったときには誰かに譲ってもよいでしょう。

お祓いで雛人形についた災厄を一度リセットしてから、新しい持ち主に譲るのがおすすめです。

老人施設や養護施設などに寄附したいときは、施設側に寄附できるかどうかを確認してから送ってください。いきなり送ると、相手も困ってしまいます。

神社やお寺、「ビッグひな祭り」などのイベントの人形供養で供養してもらえるのは、「人形だけ」です。

ひな壇や小道具など人形以外のものは供養の対象外なので、送らないこと!人形以外のものは自分で処分してください。

雛人形の処分時期についてですが、娘に娘が生まれたらその娘に譲ることもできます(分かりにくい書き方でごめんなさい)。なので、成人や結婚のときは処分をするのをもう少し待った方がよいかもしれません。

子供(孫)が男の子だった、女の子だったけど新しい雛人形を買うことに決めた、となってから処分するのがおすすめです。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ