ジョギングとランニング!違いは時速?定義を比較してみた結果…

なるほど!

 

こんにちは。管理人の「 ザッ君 」と娘の「 なぞ子 」です。

ブログへお越しくださりありがとうございます。今回ご紹介する内容がお役に立てればうれしいです。

 

スポンサードリンク

 

 

ジョギングとランニングって同じでしょう? とつい最近まで思っていたのですが、この両者、どうやら違うものみたいです。

管理人の中では両方とも「 持久走 」なのですが、一体どのあたりが違うのでしょうね。

走る速さ?時間??それとも走るにあたっての心がまえ?

 

ということで、 今回はジョギングとランニングの違いについて調べてみました。

 

ジョギングとランニングの違い

ジョギング

 

①ジョギングとランニング定義

ジョギングとランニングの大きな違いは走る目的です。

ジョギングは、自分の気力や体力に合わせてゆっくりと走るのが目的 、「できるだけ速く」や「できるだけ長い距離を走ろう」という運動ではありません。また、サッカーや野球など本格的なスポーツを始める前の準備運動として行われることもあります。

つまりジョギングは、競技ではなく運動、限界を極めるものではありません。

 

一方のランニング、こちらは目標タイムや目標距離を設定しできるだけ速いスピードで走る運動です。 マラソンや持久走はランニングですね。

「もっと速く走りたい」「もっと長い距離を走りたい」という目標を掲げて走るときはランニングです。

 

②ジョギングとランニングの時速の違いは?

ジョギングとランニングの目的の違いは上記の通りですが、走るスピードによっても区別されます。

 

時速の違い

 

  • ジョギングは大体1kmを7分で、時速に換算すると5~9km/hが目安です。
  • ランニングはジョギング以上のスピードで走るので9km/h以上のときはランニングということが多いです。

 

ただ、はた目にはちんたら走っているように見えても、本人が限界に挑戦しているのであれば、ジョギングではなくランニングといってもよいようです。というのも、 ジョギングとランニングを区別するときは時速よりも心拍数の方が大切だからです。

 

③ジョギングとランニングの心拍数の違いは?

ジョギングとランニングを区別するときの大きなポイントが心拍数です。

心臓

心拍数をはかることで、本人にどの程度の負荷がかかっているのかがわかるからです。たとえば、足が速い人なら時速10km以上でも余裕で走ることができますよね。息も上がりません。

しかし、管理人のような運動不足人間は、歩いているのか走っているのか分からない速度でも、ぜえぜえはあはあ、心臓が止まりそうなくらい心拍数が上がります。

心拍数が上がるということは、はた目にはどう映ろうと、本人にとっては激しい運動です。

ジョギングの心拍数の目安は120~140回/m 、これは少し息は上がるけど会話はできるという程度の心拍数です。

ランニングの心拍数の目安は140回以上/m です。これは、会話はちょっと無理(;´Д`)というくらいの心拍数です。


スポンサードリンク

 

④ジョギングとランニングの消費カロリーの違いは?

ジョギングとランニングでは、体にかかる負荷が違うので、消費カロリーも当然違います。

  • 体重50kgの方が1時間ジョギング/ランニングをした場合の消費カロリーはこちら。
  • ジョギング(8km/h) 約420㎉
  • ランニング(12km/h) 約656㎉

ジョギング

ジョギングやランニングの大体の消費カロリーはこちらの計算式で求めることができます。

体重(kg)×距離(km)=消費カロリー

 

メッツ係数を使う場合

メッツ係数×運動時間(h)×体重(kg)×1.05=消費カロリー

メッツ係数は、ジョギング(8km/h)8メッツ、ランニング(12km/h)12.5メッツです。

ちなみに、ウォーキングの場合は心拍数120回/m、50kgの方が1時間ウォーキングするときの消費カロリーは260㎉です。やっぱり走った方がダイエット効果は高いですね。

 

ウォーキングとの違いは?

ジョギングとランニングの違いをご紹介してきましたが、そう言えば、ウォーキングとの違いが気になりましたのでご紹介しておきます。

ウォーキングは「歩いている」、ジョギング/ランニングは「走っている」という違いですが、 足の動きに違い がありますよ。

左右の足のどちらかが地面に必ずついているのが、ウォーキングです。 一方の、ジョギング/ランニングはどちらかの足が地面につきますが、一瞬両足が空中に浮いている状態があります。

 

ちなみにですが、ウォーキングと競歩の違いですが、競歩にはルールがあります。つまり競歩は競技になりますね。

ウォーキングと同じく片方の足が必ずつきますが、「必ず片方の足をつける」ことと、「膝を曲げない」というルールでタイムを競い合う競技になります。

 

ザッ君の画像 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、ジョギングとランニングの違いや消費カロリーなどについてでした。

上記の通り、タイムや距離などで上を目指して走っているときはランニング、タイムや距離において限界を目指しているわけではなくただ走りたいから走るだけ、無理はしないように走りましょうというのがジョギングです。

腰やひざを痛めないように走りたいというときには、ランニングではなくジョギングをしてください。 といっても、走り始めるとついつい無理をしてしまうという方も多いでしょう。

速く走りたくなるという方は、心拍数に気を付けるとよいですよ。隣の人と会話ができる程度のペースを守ることで、無理のない走りをすることができます。


スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!