最近では、バレンタインやホワイトデーも大人だけのイベントではなく、「友チョコ」といって、バレンタインにチョコレートなどのプレゼントのやり取りを行う子供たちが増えているそうです。

子供たちにとっては楽しいイベントかもしれませんが親にとっては大変!お金のかかることですから全部子供任せにすることはできませんよね。

「○○ちゃんにきちんとお返しをしなきゃ」「どんなものをプレゼントすればよいの?」など、バレンタインやホワイトデーに頭を悩ませている保護者の方は多いのでは?

バレンタインデーできちんと貸し借りゼロにできたのならまだよいですが、悩みの種になるのが、「バレンタインデーにお返しできなかった」というとき。

ホワイトデーできっちりとお返しをしなければいけません。ということで、今回は子供同士のホワイトデーで人気のお返しについてご紹介します。

バレンタインをお子様がもらって「どうしよう」と悩んでいるようでしたら、アドバイスの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

小学生ホワイトデーお返し人気ランキング

ハート

人気ランキング1位 お菓子

バレンタインにチョコレートなどのお菓子をもらったときには、お菓子でお返しするのがよいでしょう。

手作りお菓子

既製品(市販のお菓子)をもらったときには、既製品でお返しすればよいです。同じ値段のものをお返ししてくださいね。お返しのお菓子が高価すぎると、かえって相手に気を使わせてしまいます。

バレンタインに手作りのお菓子をもらったときには、手作りのお菓子でお返しするのがベストですが、我が子が息子さんの場合は「お菓子を手作り」といっても、あまりぴんとこないかも。

「手作りお菓子なんて恥ずかしい」という息子さんも多いと思うので、そんなときは手作りにこだわる必要はありません。

娘さんが友チョコで手作りお菓子をもらったときには、ホワイトデーには娘さんと親子でお菓子を手作りしてみてはいかがでしょうか。

人気ランキング2位 文房具

女の子が好きなキラキラの文房具やかわいいキャラクターのついた文房具は、ホワイトデーのお返しにぴったりです。

ペンや消しゴム、シールなら、数百円程度、バレンタインのお菓子ともつり合いがとれますよ。

人気ランキング3位 リップクリームやヘアアクセサリー

小学生でも4年生以上の女の子には、文房具はちょっと子供っぽいかも!?

文房具よりも色付きのリップクリームやヘアアクセサリーの方が人気です。ヘアアクセサリーはヘアピンやヘアゴムがよいですね、数百円程度で購入できます。

色付きのリップクリームなら、口紅ほど色がつかないので、おしゃれをしたいお年頃の女の子にはおすすめ!

CANMAKEなど、プチプラコスメもよいですよ。

> ホワイトデーお返しの意味の違い【マカロン・マシュマロ・クッキー】

幼稚園児に人気のホワイトデーお返しは?

幼稚園児

幼稚園児のお返しにはお菓子がおすすめです。

玩具つきのお菓子もよいですね。玩具つきのお菓子をプレゼントするときは、幼稚園児がうっかり飲みこんだり遊んでいる途中で怪我をすることのないように、玩具の対象年齢をよく確認しておきましょう。

手作りでお返しをしたいときには、折り紙や絵がおすすめです。また、幼稚園児のお返しということは、気にするべきは本人よりも相手の親の目!

なので、靴下やハンカチなどでお返しするのもありです。

スポンサードリンク

中学生に人気のホワイトデーお返し

中学生の女の子には、CANMAKEなどのプチプラコスメやポーチなど、あの年頃の女の子が喜ぶものを選んでください。

息子さんがプレゼントを選べないときには、母親がちょっとアドバイスしてあげるとよいかも。

ただ、コスメは息子さんが「プレゼントするのが恥ずかしい」と言うかもしれませんね。そんなときには、無難にお菓子にするか、ハンカチやタオルなどをプレゼントにするとよいでしょう。

> 片思いの中学先輩に告白!LINE交換が成功のコツ!?

子供同士のホワイトデーのお返しは、注意点が1つあります。

それは、お子様が通われている学校側の対応です。

先生に怒られる

やはり、学校ではバレンタインデーやホワイトデーの受け渡しを禁止しているところも少なくありまません。その場合、「学校の校則は気にするな!」や「先生に絶対バレない極意!」なんて間違えてもアドバイスしてはいけませんよ。

一度、家に帰宅させてから、渡しに行くように教えてくださいね。なので、学校へは持って行かせないようにすることが大事です。

あなたのお子様が校則を破って先生にしかられるのは自業自得ですが、相手のお子様が同罪に扱われてしまうことお忘れなく。

まとめ

以上が、子供同士のホワイトデーで人気のお返しについてでした。

子供同士のお付き合いとはいえ、お金がかかるイベントのときには、プレゼントの予算やきちんとお返しをしているかなど、親がきちんと気にかけておくことが大切です。

バレンタインでお返しをできなかったときには、ホワイトデーには忘れずにお返しするようにしましょう。子供はうっかり忘れていることがあるので(子供って1か月も前のことなんて、忘れていますよね)要注意!

お子様が一人で選べないときには、一緒に選んであげてくださいね。特に、女心に疎い息子さんをお持ちの方、息子さんが相手の女の子から嫌われないように、お母様がアドバイスしてあげましょう。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^