準中型免許と普通免許の違い!いつから新設されたの!?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

平成29年3月12日、自動車免許に 「準中型免許」 という新たな免許が加わりましたね。

準中型免許新設の主な目的は、人出不足が深刻なドライバーの確保!……なんていうと、奥様が「私は普通免許しか持っていないし、運転する仕事ではないから関係ないや」(^◇^;)

でも知らないより、知っておいて損はないと思うんだけどな。

準中型免許の新設によって、普通免許にも変更点がありますよ。

ということで 今回は、準中型免許のポイントや普通免許との違いなどについて調べてみました。

更新:2017-03-11

運転免許証

管理人が自動車免許を取得した頃は、普通か大型の2種類しか免許の区分はなかったです。それが、免許の更新を繰り返していると、ある時、「 中型車は中型車(8t)に限る 」なんて文字が入るようになりましたね。

これは普通と大型の間に「中型」というのが2007年に出来たからなんですが、「中型車は中型車(8t)に限る」と書いている免許を持っている人は、2007年6月2日以前に免許を取得していた方が対象の免許区分です。

中型免許との違いは、「中型(8t限定)」は車両総重量が8t未満までに対して、中型免許は車両総重量11t未満の車の運転することができます。

そして、今回さらに「準中型」が新設されたのです。

 

準中型免許のポイントは

クールビズのポイント

平成29年3月12日から始まる準中型免許では以下の車を運転することができます。

  • 車両総重量 7.5t未満
  • 最大積載量 4.5t未満
  • 乗車定員 10人
  • 受験資格 18歳以上

受験資格をみるとわかる通り、準中型免許は、未経験者(普通免許を持っていない人)でも取得することができます。

ちなみに、中型免許には20歳以上で普通免許の運転経歴2年以上という条件があります。

 

準中型免許と普通免許の違いは?

準中型免許と普通免許の違いについてご紹介する前に、普通免許の変遷について簡単にまとめておきます。

 

実は一口に普通免許といっても、免許を取得した時期によって、運転できる車は違います。

 

  • 平成19年までに取得した普通免許 現在は中型(8t限定)、車両総重量8t、最大積載量5t
  • 平成29年3月12日までに取得した普通免許 これからは準中型(5t限定)、車両総重量5t、最大積載量3t。
  • 免許証への表記がどうなるかは今のところ不明です。

  • 平成29年3月12日以降に取得した普通免許 →普通免許、車両総重量3.5t、最大積載量2t

 

上記の通り今回、普通免許で運転できる車の範囲は以前よりも狭くなり、その代わりに準中型免許が新設されます。準中型免許で運転できる車は上の項目の通りです。

準中型免許を取れば、今回の改正前に取得した普通免許(平成19年以降)よりも、大きな車を運転することができますね。


スポンサードリンク

 

中型(8t限定)の運転免許はどうなるの?

運転免許

平成19年以前に普通免許を取得した方は、免許証を見ると「中型(8t限定)」となっているはずです。

この中型(8t限定)の免許は、「 改正してもこれまで通りの権利を! 」ということで、そのまま残ります。

つまり、管理人の場合はそのまま引き継がれるわけですねε-(´∀`*)ホッ

平成29年3月12日以前の普通免許は今度免許の更新をしたときには、「準中型(5t限定)」と表記が変わります。

 

準中型免許の適正検査は中型・大型と同じ!?

準中型免許の適正検査は中型・大型免許と同じです。

なので、視力や深視力について以下の基準に合格しなければいけません。

 

  • 両眼で0.8以上
  • 一眼がそれぞれ0.5以上
  • 深視力として、三桿法の奥行知覚検査器による検査(3回)の平均誤差が2センチ以内

平成29年3月12日以前に普通免許を取得した方で、準中型免許(5t限定)を限定解除して準中型免許にしたいときも、深視力の検査を受けます。

 

そしてもし深視力の検査に合格しなかったとき……ここは注意が必要なのですが、普通免許になります。

準中型免許(5t限定)には戻れないので、ご注意ください。運転できる車が少なくなります。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、準中型免許のポイントと普通免許との違いなどについてでした。準中型免許は未経験者でも取得することができるのが大きなポイントですね。

学校を卒業後、すぐにドライバーの仕事に就きたい方には、今回の改正は朗報だったのでは?と思います。もちろん、若いドライバーを確保したい会社にとっても。

プライベートで普通自動車や軽自動車を乗るだけの方は、これまで通り普通免許を取るのか、それとも一応準中型免許を取っておこうかという話になるのかな。このあたりは、教習料が影響しそうですね。

普通免許とそれほど変わらない教習料なら、使う予定はないけれど準中型免許を取っておくかという人も出てきそうです。

とりあえず、今まさに車の免許を取ろうかなと考えている方、普通自動車免許を取るのなら3月12日までに取るのがおすすめ!

普通自動車免許で運転できる車が3月12日以前と以降では変わりますよ。ちなみに、3月12日までに普通免許を取得するためには、3月9日(金)に試験に合格、免許証を交付してもらう必要があります(3月9日までに教習を終えても、免許証の交付を受けていないと、3月12日以降の普通免許になってしまうので要注意!)。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ