風邪かな?まさかインフルエンザ?見分け方と症状の違い

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

風邪とインフルエンザは見分け方が難しいうえに、風邪とインフルエンザではその後の対応が違います。

インフルエンザなら、感染源にならないよう会社や学校を休まなきゃいけません。

風邪の場合は、マスクをつければ何とか……まあ、あまりに咳をコンコンしていると、隣の席の人には嫌われてしまいますが・・・^^;

でも会社や学校に行けないことはありませんよね。

特に、インフルエンザの流行る時期は受験や卒業を控えた大切な時期、「絶対に休めない」という方も多いでしょう。

ということで、 今回は風邪とインフルエンザの見分け方や症状の違いについてご紹介します。

更新:2017-01-21

 

ザッ君 風邪とインフルエンザ、症状の違いは?

風邪とインフルエンザでは、共通する症状が多くありますが、 症状の出るタイミングや程度に違いがあります。

たとえば、風邪もインフルエンザでも発熱は主な症状の一つですが、風邪の場合は微熱~38℃程度で高熱が出ることは少ないです。

 

一方、インフルエンザでは、38℃以上の高熱が出ます。また、発熱のタイミングも違います。

 

風邪は喉の痛みや咳、鼻水などの呼吸器の症状の後、微熱が出ることが多いですが、インフルエンザの場合は突然発熱し、一気に38℃以上まで上がります。

このように、同じ症状でもタイミングや程度が違う風邪とインフルエンザ、それぞれの主な症状や症状の違いはこちら。

風邪の症状

  • 風邪のひき始めは呼吸器の症状
  • (くしゃみ、鼻水が出る、喉が痛い)

  • 微熱~38℃程度の発熱

インフルエンザの症状

  • 突然の発熱
  • 高熱(38℃以上)が1~3日間続く
  • 発熱後に関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感などの全身症状
  • 発熱後にのどの痛みや咳などの呼吸器の症状が出ることが多い

 

ザッ君 風邪とインフルエンザの見分け方は?

  • 風邪ではまずのどや鼻に症状がでることが多いです。

インフルエンザ

「のどが痛いな」「鼻水が出る」というときは、風邪の可能性が高いです。ただ、インフルエンザでも初期症状でのどや鼻に症状が出ることがあります。

これは、のどや鼻の粘膜がインフルエンザウイルスと戦っている証拠です。

 

ところが、 インフルエンザの場合は突然38℃以上の高熱が出ます。 急に寒くなり(悪寒)、全身がだるく、筋肉痛のように関節が痛くなります。

風邪の場合は、ゆっくり症状が進行する点が違います。インフルエンザは突然きます。

なので、突然、悪寒がはじまり一気に高熱が出たり、インフルエンザの可能性が高いです。

熱が出ても微熱程度が続くときには風邪ですね。

 

また、インフルエンザは「流行する時期」があります。インフルエンザが流行しているときは、風邪ではなくインフルエンザにかかったという前提で対処した方がよいです。

  • インフルエンザは12月〜3月が多いです。(風邪は年中)


スポンサードリンク

 

ザッ君 インフルエンザの誤診?

「風邪かしら、インフルエンザかしら」とインフルエンザだったら、大変なのでつらい症状を我慢して病院を受診。もしインフルエンザだったら、大変ですからね。

管理人も昨年、夜中に熱がでて、体もだるく、インフルエンザが周りで流行っていたので、職場を休み病院へ行きました。

いやし

看護師さんに症状を言ったら、インフルエンザの可能性があるとのことで、別室に隔離されました。

そして、ウイルスの有無を検査した結果・・・。

陰性!?・・・。

「インフルエンザではなかったです」と職場へ違ったことを報告して、一先ずは安心して(内心はちょっぴりガッカリ)帰宅したところ、その後さらに熱がどんどん上がり39℃以上の発熱!

実はインフルエンザだった!! ということがあります。

 

これは、あとで知ったのですが病院の誤診ではなく良くあることだそうです。

インフルエンザなのに検査しても陰性が出ない、そのため風邪と誤診されてしまうのは、体内の インフルエンザの数に理由 があります。

医者

  • インフルエンザは感染後1~3日間の潜伏期間を経て発症、高熱が出たり、咳やのどの痛みなどの症状があらわれます。

多くの方は、高熱が出るやいなや「こりゃ、病院だ」と病院に駆け込みますが、発症後すぐに病院に行っても、インフルエンザの陽性反応は出ません。

 

インフルエンザの陽性反応が出るのは、症状が出始めて 12時間以上 が経ってからです。

12時間というとちょうど半日ですね。

管理人の場合は夜中に熱が出て、病院の受診が午前10時頃だったので、12時間経過していませんね。有給休暇と病院の診察代金、薬代を無駄にしてしました^^;

【関連記事】
>>> インフルエンザの検査のタイミングは?もう遅いと言わせないぞ

 

ザッ君 インフルエンザで誤診されないためには?

インフルエンザで誤診されないためには、症状が出始めて半日以上経ってから病院に行きましょう。

インフルエンザが疑われる症状が出たら、その時刻を覚えておくとよいですよ。

 

病院に行くときは、マスクをして感染を防いでください。

 

あなたが、他の病院へ受診に来られている方にうつす可能性もありますが、もし、インフルエンザが陽性と出なかった場合、病院を受診しに行ったことで感染してくることも無きにしもあらずです。

また、インフルエンザのウイルスがいなくなって・弱くなってから病院を受診しても意味がありません。

症状が出てから2日以上経過した場合は、もう体の免疫力でインフルエンザウイルスは弱くなっているので、病院には行かずそのまま自宅で安静にしてください。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、風邪とインフルエンザの見分け方や症状の違いについてでした。

風邪とインフルエンザの違いには、関節痛や筋肉痛の有無や咳や鼻水が出るタイミングなどもありますが、一番の違いは突然の高熱です。

突然の高熱が出たときはインフルエンザ!

インフルエンザの適切な対処をとりましょう。学校や会社は休んでくださいね。

インフルエンザ PICK UP!

 


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ