天皇の生前譲位によって、元号が変更されるそうですね。ということで、慣れ親しんできた「平成」とももうすぐお別れ、新しい元号は一体何になるんでしょう。

今から楽しみです(´艸`*)にしても、「平成」なんてついこの前始まったばかりという気がしていましたが、もう平成に変わって28年も経っていました。

管理人も年をとるわけだ(´・ω・`)

しみじみしたところで、今回は元号変更の理由や決め方について調べてみました。

スポンサードリンク

元号変更の理由とは?

皇居

元号変更の理由は、ずばり「天皇が変わるから」です。

現在(明治以降)は、一世一元が採用されているため、天皇の在位中に元号が変更されることはありません。

元号が変更されるときは崩御や譲位によって新しい天皇に変わるときだけです。

明治・大正・昭和・平成までについては、天皇の崩御によって、新しい元号に変更されてきました。

今回は生前譲位によって元号が変更される予定です。

まずは法律を特例法として成立させる必要があるため、国会で話し合われますが、2019年1月1日には新天皇が即位、そして元号変更(改元)を目指しています。

そして、国民生活の影響を最小限に抑えるため、新元号は2018年の前半で決定して発表を目指しています。平成で言うと、『平成31年の1月1日』ですね。

大昔の元号の変更が面白い

昔の元号の変更はどうしていたんだろう?と疑問が湧いたので調査してみたら、同じことを考える方はたくさんいるのですね。

Twitterで「昔の元号変更の理由がメルヘンチック」と話題になっていました。

ウィキペディアの元号一覧をご覧いただくと、今までの元号一覧が紹介されています。

そして、面白いのは『改元理由』の部分。

ざーと見ていくと、天変、地震、火災、疫病などは、大昔なので昔だから、そうなんだぁと言ったレベル感ですが、亀が原因で改元されているのです。

Twitterひきこうもり@より

ひきこうもりさんがTwitterで発信したように、もしかしたら奈良時代の支配者は亀だったのかもしれませんね・・・。

奈良時代には元号が12個ありますが、4個(3分の1)が、珍しい亀が見つかったことが理由で元号が変更されています。

スポンサードリンク

新しい元号の決め方は?

元号の決め方は元号法によって定められています。

それによると、新しい元号を決めるときはまず、内閣総理大臣が選んだ有識者によって候補名が考案されます。

その後、候補名から原案を選定、新しい元号が決定され、国民に発表されます。

平成になったときは、当時の官房長官であった小渕恵三氏によって発表されました。

覚えている方も多いのでは?

元号

新しい元号については、以下の条件を満たさなければいけないそうです。

  • 国民の理想としてふさわしいよい意味
  • 漢字2字
  • 書きやすい、読みやすい
  • これまでにない
  • 俗用されているものでない

これはなかなかのハードル。

日本で最初の元号は「大化(645年7月17日~650年3月22日)」、あの有名な大化の改新のときの元号です。

それからはや1300年ちょっと、そろそろ候補名も尽きてしまいそうですね。

ちなみに、「平成」を決める際は、他に「修文」「正化」という候補名があったそうです。

しかし、この二つの場合、アルファベット表記した場合の頭文字が「S」、昭和と同じになってしまうため、「これは混乱の元だわ」ということで「平成」に決まりました。

なるほど、頭文字も考慮しなきゃいけないということですね。となると、最低でも明治以降の「M(明治)」「T(大正)」「S(昭和)」「H(平成)」は外さなきゃいけないでしょう。

うーん、ますます難しい。

新元号の予想

新元号は、ご紹介したように“内閣総理大臣が選んだ有識者によって候補名が考案”されます。

考案してみたい、予想してみたいと思うのは管理人だけでしょうか。と思い調査してみたら、Twitterで#いちばんかっこいい新元号を考えたやつが優勝と元号予想が大盛り上がりしていました。

しかも、元号で利用された漢字は72個と意外に少なく、利用されている漢字も偏りがあるようです。

  1. 永・・・29回
  2. 元・・・28回
  3. 天・・・27回

管理人も優勝目指して、新元号考えてみるか!!あなたも挑戦してみたらいかがでしょう。

それよりわが家で面白いのは、新元号になったら、HeySayJUMPはどうなるんだと言った娘の一言でした。(確かに。)

新しい元号はいつから?

皇居

今のところ、平成30年にあたる2018年の大晦日に譲位、年が明けて2019年の元旦から新元号元年とする予定になっています。

平成もあと少しで終わってしまうのですね(´・ω・`)

天皇崩御による元号の変更では、崩御後に新しい元号が決定・発表されますが、今回は生前譲位の半年前、平成29年(2018年)6月までに発表されるとのこと。

元号変更による混乱を防ぐためです。

元号変更、システムの影響は?

元号変更で戦々恐々としているのは、システムエンジニアたちでしょう。

昭和から平成に切り替わったとき、システムエンジニアは「平成」の発表後システムエンジニアたちはいっせいに新元号切り替え作業に突入、なかには27時間以上ぶっ通しで作業をしていたという方もいたそうです。

想像を絶する過酷な現場です( ゚Д゚)

また、2000年問題のときは、前もって準備・対策をしていたにも関わらず各所でトラブルが発生、システムエンジニアたちの年末年始は大変なものでした。

今回は前もって新しい元号が発表されるとはいえ、半年という期間は準備期間として十分なのか。2018年後半から2019年にかけては、仕事で家に帰れないという方が多くなりそうですね。

システムの対応や改修は本当に大変らしいです。他人事のように言ってますが、システム影響を最小限に食い止めないと、生活や仕事に支障をきたしますからね。

まとめ

以上が、元号変更の理由や決め方、システムの影響などについてでした。

新しい元号は楽しみですが、平成から新しい元号への変更は様々なところに影響を与えそうですね。

もうかりそうなのはスタンプ屋さんや印刷屋かな。

カレンダーや手帳では、例年は9月頃から新しい年のものが発売されますが、2018年は発売時期が遅くなるかもしれませんね。

一番大きな影響を受けそうなのは、システム業界でしょう。

年末年始のお休みはとれなさそうですね。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^