就活生を悩ます様々なビジネスマナー、ビジネスマナーのうちでも難しいのが服装ですよね。

特に女性の服装は悩みポイントがいっぱい!

スカートかパンツか、から始まってジャケットの色は?ボタンの数は?襟の形は??

女性に比べると男性の就活スタイルは悩む必要がないのでよいですよね。管理人もリクルートスーツ一つで就活を乗り切りました。

そんな悩み多き女性にさらに新たな難問が!?

それがクールビズ問題です。

「クールビズでお越しください」の会社からの問題、さてさてこのときの服装の正解は?

ということで、今回は女性の就活クールビズスタイルについてご紹介します。

スポンサードリンク

クールビズとは?

クールビズとは、「冷房の設定温度を上げ環境を守りましょう」という環境省が推奨する薄着キャンペーンのことですよね。

最初のうちは「こんなの定着するわけがない」と言われてきたクールビズも最近ではすっかりおなじみになりましたね。

クールビズ

思い返せば、管理人もはじめてのクールビズの時は、同僚の様子を伺いながらネクタイをはずしました。それでも、外出時や取引先への訪問の際ははずしたネクタイを再び締めなおしていましたね。

「ネクタイをはずして、申し訳ございません。会社でクールビズを取り入れておりまして」なんて、取引先に訪問した時は相手へ謝罪を入れないと、ネクタイをはずすことは失礼な行為だったと記憶しています。胸ポケットにクールビズバッチをつけていた年もありましたね。

今はノーネクタイノージャケットスタイルのサラリーマンもよく見かけますし、ネクタイをしている方が少ない状況になりました。

クールビズの期間は6月1日~9月30日、ちょうど衣替えのタイミングです。

> クールビズの期間!シャツを着こなして女性くぎ付け?

そして、この時期は就活シーズンともまるかぶり、そのため就活生クールビズ問題が出てくるわけです。

「クールビズでお越しください」のときは?

では、就活生のクールビズについてご紹介します。

まず、会社から「クールビズでお越しください」という指定がないときは、クールビズ期間であってもクールビズで試験や面接に行ってはいけません。

クールビズは会社の方から指定されたときだけです。

つまり、会社からクールビズ指定があった場合、このときはクールビズで大丈夫です。

環境省から、「環境省におけるクールビズの服装の可否」というのがありますが、女性は判断が難しいという声を良く聞きます。

女性 クールビズ

  • 女性の場合はジャケットは脱ぎ、ブラウススタイルで行きます。

寒がり・冷え性の方は、もちろんジャケットを着用してもよいですよ。

「クールビズでお越しください」とは「汗だくで面接会場に入るくらいならジャケットを脱いでもよいですよ」という意味です。

ジャケットを脱ぐときは、下着が透けて見えないように気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

ブラウスは長袖?半袖でも大丈夫?

ブラウスの袖の長さで体感温度が大きく変わることはないと思いますが(管理人は、直射日光が腕に当たる方が暑い気もします)、長袖だと暑いという方は5分袖や7分袖でもよいです。

長袖ブラウスの袖を腕まくりするくらいなら、5分袖のブラウスを着てください。

ただ、半袖になると少しカジュアルすぎるかもしれません。

暑がりの方も肘くらいまでは袖のあるブラウスを選びましょう。

もちろん、袖のないブラウス(スリーブレス)やタンクトップ・Tシャツはだめですよ。

> クールビズに半袖スーツでダサい男!最新の服装は?

その他、クールビズで気を付けることは?

ジャケットやブラウス以外の気を付けるポイントはこちら。

クールビズのポイント

  • ストッキングは必ず履くこと。

素足は×、靴もサンダルやミュールはだめですよ。

  • 汗じみや下着の透けに注意すること。

ワキ汗パッドや汗を吸収してくれるキャミソールなどを使って、汗じみを防ぎましょう。下着の透けも要注意!ブラウスから透けない・見えない下着を選んでください。

白よりもベージュなど肌に近い色、もしくは黒の方が透けにくいです。

  • 胸元は開け過ぎないこと。

ボタンを開けるのは第一ボタンまで。

  • スカート丈、暑いからといって短すぎはだめ。

椅子に腰かけたとき太ももが見えすぎない丈にしてください。

また、夏の暑い時期は汗による化粧崩れに注意しましょう。汗や皮脂に強い化粧下地を使い仕上げにパウダーをのせると、汗をかいても化粧崩れしにくいです。

> クールビズはいつまで?チノパン風パンツはおしゃれ?NG?

まとめ

以上が、クールビズ女性就活編についてでした。

会社の方から「クールビズでお越しください」というお知らせがあったときには、ジャケットを脱ぐなどのクールビズスタイルで試験や面接に行ってもかまいません。

ただ、「本当にクールビズで大丈夫?」「他の就活生がジャケットを着て来たらどうしよう」と悩むときには、ジャケットを着て行ってもよいですし、念のためジャケットを持っておくと安心です。

ジャケット持参のうえ周りの様子を見て、着るか脱ぐかを決めてくださいね。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^