ヒノキ花粉が肌荒れの原因に!?ぶつぶつ対策におすすめ市販薬一覧

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

更新:2017-01-08

年が明けるといよいよ花粉症の季節!

管理人はスギもヒノキもだめなので、花粉症の季節はとても辛いです。くしゃみ鼻づまりももちろん辛いのですが、意外と大変なのが 肌荒れ!

顔中に赤いぶつぶつができてしまうのですが、これがかゆいのなんのって!!かゆくてかゆくてかきむしりたくなります。

年明け頃から「今年もまたかゆくなるんだろうなあ」と憂鬱な気持ちになっていたところ、花粉症の肌荒れに効果のある市販薬があるという話を小耳にはさみました。

市販薬でかゆみを抑えることができたらとてもうれしいですね。ぶつぶつ肌荒れ対策というわけでさっそく、調べてみましたよ^^

 

ヒノキ花粉で肌荒れに!?

花粉症というと、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどが主な症状ですが、実は “肌荒れ” もまた花粉症の症状の一つ、「花粉症皮膚炎」といいます。

花粉症皮膚炎は、花粉が皮膚の表面に付着、花粉の刺激で皮膚が炎症を起こすことで生じるほか、体内に入った花粉に対するアレルギー反応で皮膚がかゆくなることもあります。

こちらは、食べ物アレルギーで起こる発疹やじんましんなどと同じですね。

 

花粉症皮膚炎は、顔(特に上瞼や頬、顎など)や首など肌が露出している場所に起こりやすいです。

花粉症の季節、顔や首に赤いぶつぶつができたり、顔がかゆい!というときには花粉症皮膚炎を疑ってみてください。

 

なぞ子です。

なぞ子

男の人にはわからないだろうけど、花粉症で悩む女性の約9割がお肌のトラブルを感じています。

  1. かゆみを感じる・・・23%
  2. 粉っぽくなって乾燥を感じる・・・15%
  3. 化粧ののりが悪く感じる・・・13%


スポンサードリンク

花粉症の肌荒れに効果のある市販薬!

それでは、さっそく小耳にはさんだ、花粉症の肌荒れに効果があると言われている市販薬3つをご紹介します。

花粉症の市販薬

 

①フルコートf

まず一つ目はフルコートf軟膏(田辺三菱製薬)です。

こちらは、肌トラブルの多い方にはすっかりおなじみの市販薬ですね。ステロイドや抗生物質が入っているため、市販薬の中でも即効性が高いです。

じんましんやアトピー、虫刺され、ニキビなどに使うことが多いですが、花粉症皮膚炎の発疹にも効果大らしいですよ。

ただし、ステロイドが含まれているので、長期間の使用は避けましょう。

 

②アレジオン

花粉症皮膚炎には、通常のアレルギー薬も効果的なんだって。

市販薬のアレジオン(エスエス製薬)はヒスタミン受容体をブロックすることで、アレルギー症状を抑えてくれます。

花粉による皮膚のかゆみはもちろん、くしゃみや鼻づまりも一緒に緩和してくれるのがうれしいですね。

顔のぶつぶつも気になるけど、鼻づまりも辛いというときには、アレジオンなどのアレルギー薬を試してみてください。

ただ、こちらの薬、効果を実感できるまでに数日かかります。

 

③IHADA

ヒノキ花粉の花粉症皮膚炎に効果のある市販薬の三つ目は資生堂のIHADAです。

これ、薬なのかな?

薬ではないかもしれませんが、昨年あたりから「花粉で荒れた肌をきれいにしてくれる」と話題になっていますよね。

IHADAシリーズにはジェルタイプからクリーム、ミストタイプなど様々な商品が出ているので、お好きな商品を試してみてください。

ノンステロイドなので、誰でも安心して使用することができますね。

 

そして、管理人が特に注目しているのがIHADAの「花粉吸着防止スプレー」です。

注目!

 

顔にシューッとスプレーするだけで、花粉が肌に付着するのを防ぐことができるという代物。

こちらは薬ではありませんが、花粉症皮膚炎の予防には高い効果がありそうです。

花粉症皮膚炎は一度発症すると、シーズン中はなかなか治りませんよね。今年の花粉症には、管理人はこのスプレーでかゆくなる前に対策する予定です。

ちなみにこのスプレー、 PM2.5 にも効果があるそうですよ。

 

肌荒れに良いと言われる市販薬をご紹介しましたが、1番は “睡眠!!” 特に意識してしっかりとると良いようです。

昼間に眠気を感じる時は、いつもより長めにとってみて。目安としたら 毎日7.5時間くらい。

「花粉症と肌荒れ=ストレス」は密接な関係があると言われているので、ストレスを解消してあげるのも手です。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、ヒノキ花粉の肌荒れに効果のある市販薬についてでした。

花粉症皮膚炎にお悩みの方、ぜひ参考にしてください。

花粉症皮膚炎は肌のバリア機能が低下していると起こりやすくなります。

花粉が飛び交い始めるのはまだ冬の乾燥している時期、肌が乾燥しているため外からの刺激に弱くなっています。

花粉症の方は、今のうちから肌の保湿ケアを行い肌のバリア機能を復活!

来るべく花粉に備えましょう。また、花粉シーズンは、外出先から帰ったら手洗いうがいに加えて顔を洗う、マスクをこまめに取り替えるなどして、顔に花粉が付着しないようにしてください。

 

こちらの記事も参考にしてもらえると、うれしいです^^


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ