こむら返りが睡眠中に!激痛の3つの原因とおすすめ予防だョ

なるほど!

 

こんにちは、管理人のザッ君と娘のなぞ子(@zatsugaku2015)です。 あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

管理人の最初のこむら返り体験は小学校のプールの授業のときでしたね。

プールサイドでこむら返りに襲われました。今でも激痛でびっくりしたことを覚えています。

よかったなあ、プールの中じゃなくて( ;∀;)

大人になると、こむら返りはしょっちゅう、しかも 決まって睡眠中 なんですよね。不思議と日中はならない……なぜ?

というわけで、 今回は睡眠中のこむら返りの原因や予防法について調べてみました。

 

こむら返りの原因は?

こむら返りとは「 自分の意志とは関係なく足の筋肉 (特にふくらはぎ、脛の場合も) が勝手に収縮、痙攣すること 」です。

こむら返り

こむら返りの主な原因は足の血行不良、血流が悪くなることで、筋肉へのミネラル(マグネシウムやカルシウム)、酸素、ビタミン類の供給が不足、その結果筋肉が痙攣を起こします。

 

  • では、足の血行が悪くなる原因は?

 

主な原因がこちら。

 

  • 発汗や水分補給不足 (特に夏や運動後のこむら返りはこれのことが多いです)
  • 冷え (冬はもちろん、夏の冷房つけっぱなしや布団をかけずに寝ることで睡眠中にこむら返りが起きます)
  • 運動不足や加齢による筋力低下 (筋肉は血液を運ぶポンプ!筋肉量が減少すると、血流が悪くなります)
  • マグネシウム不足 (マグネシウムには筋肉を弛緩させる効果あり!不足すると筋肉が収縮したまま弛緩しなくなってしまいます)

 

日中のこむら返りは大抵、激しい運動などで筋肉を酷使した後に起きます。

それ以外では、ほどよく筋肉を使うこと、睡眠中に比べて水分補給をこまめに行うこと、睡眠中に比べて血圧が高く血流がよいことなどから、日中にはこむら返りは起きにくいです。

 

こむら返りで病気の症状の可能性は?

こむら返りを頻繁に起こす、こむら返りと一緒にむくみや歩行障害も出ているというときには、こむら返りの裏に深刻な病気が隠れていることがあるようです。

そのような症状の場合は、病院を受診してくださいね。

こむら返りで考えられる病気がこちら。

 

  • 糖尿病
  • 腎疾患
  • 脳梗塞
  • ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 動脈硬化

 


スポンサードリンク

 

妊娠中はこむら返りが起きやすい!?

妊娠中、特に妊娠中期以降はこむら返りが起こりやすくなります。

これは、お腹の赤ちゃんの成長により大きくなったお腹が下半身を圧迫するため!

下半身や足の血流が悪くなります。

こむら返り

 

また、妊娠中は運動が制限されたり、ミネラル不足に陥りやすく、こむら返りを起こしやすい条件が揃ってしまいがち!

妊娠中の方は、ミネラル摂取と水分補給を意識して行ってください。

そして、就寝前にふくらはぎをマッサージすることで、こむら返りを予防することができます。

 

こむら返りの予防法

こむら返りを予防するためには、足の血流をよくすることが大切です。
  • 寝る前はコップ一杯の水を飲むこと

水を飲むことで、血液量が増え、血流がよくなります。

 

  • 寝る前にスポーツドリンクを飲むこと

水分不足に加えて、ミネラルも不足しているときにはスポーツドリンクやサプリメントがおすすめです。

 

  • 夏場も冷房のかけすぎには要注意!布団をきちんとかけて寝ること

こむら返りは冬に起きやすい(あれ?管理人は夏によくなるのですが、一般的には冬なんですね)ですが、夏もまた冷えによるこむら返りが起こることがあります。冷房はオフタイマーを設定し、一晩中寝室を冷やすのはやめましょう。

  • お風呂や寝る前のふくらはぎマッサージ

お風呂に入るときや寝る前にふくらはぎをマッサージして、足の血流をよくしましょう。マッサージをした後は、足を冷やさないように長ズボンをはいて就寝してくださいね。

 

  • ウォーキングやジョギングでふくらはぎの筋力アップ!

管理人に一番必要なのはこれですね(^^;)運動で筋肉をつけて足の血流をよくしましょう。ウォーキングやジョギング、縄跳び、さらにはかかと上げやスクワットなども効果があります。

 

こむら返りの簡単な治し方

こむら返りになると素早く対処することが出来ない方が多いですよね。

筋肉が収縮して、痙攣を起こしているので『伸ばさなければ!』とわかっていても、伸ばす方向が逆で余計に痛みが増してしまったという経験はありませんか?

管理人も毎回そんな感じですが、こむら返りになると激痛のため、頭がパニック状態になってどっちに伸ばすんだったけ?となってしまうんですよね。

  • つま先を脛側に引き上げる(つま先をつかんでも良い)感じでふくらはぎを伸ばしましょう!!

 

つま先の引き上げ数秒間キープをして、もどすといった動作を無理をせず繰り返してください。

痛みから開放されたい為に急いで伸ばす動作をしてしまいますが、コツはゆっくり引き上げ、戻す、そして、「アキレス腱を伸ばす」や「筋を伸ばす」といった意識をもって動作することが大事です。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、睡眠中のこむら返りの原因やおすすめの予防法についてでした。

夏のこむら返りは水分不足、冬のこむら返りは冷えが主な原因のようですね。

そして、一年中こむら返りを起こしている管理人は、明らかに筋肉不足がこむら返りの原因です。

 

こむら返りを頻繁に起こす方は自分のこむら返りの原因をつきとめたうえで、適切な予防法を実践してみてください。

特に高齢者、妊娠中の方、服薬中の方はこむら返りになりやすいと言われていますので、日頃から予防に努めると良いかもしれませんね。

こむら返りに加えて、足が妙にむくむ、足が痛い・しびれる・まっすぐ歩けないなどの歩行障害があるときには、こむら返りが病気の症状の一つである可能性があります。

病院を受診しましょう。


スポンサードリンク

 

ザッ君 前後の記事
次の記事: »

 

前の記事: «

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!