お伊勢参りの順番は?正しい参拝ルートと豆知識だョ

なるほど!

 

こんにちは。管理人の「 ザッ君 」と娘の「 なぞ子 」(@zatsugaku2015)です。

ブログへお越しくださりありがとうございます。

 

 

お伊勢参りに行く前には、正しい参拝の順番やルートをチェックしておくこと! というのも伊勢神宮は広いです。

また、相手は神様、万が一でも失礼があってはいけません。

目をかけてもらおうと参拝したつもりが、かえって神様に目をつけられるなんてことになったら、何のことやらです。

ということで、 今回はお伊勢参りの順番や正しい参拝ルート、さらに正しい参拝の仕方や礼儀作法について調べてみました。

豆知識として、ご活用ください^^

 

伊勢神宮

三重県にある伊勢神宮は、皇室のいわばプライベートな神社として創建されました。

正しい呼び方は「神宮」。全国の神社本庁として他のすべての神社とは別格となっています。 

文字が使われる前から、日本には「八百萬(やおよろず)」の神様がいると信仰されています。

文化庁の「宗教統計調査(2014年)」によると神道系の宗教法人は 約8万 あるそうです。

すごい神社の数ですね。

 

伊勢神宮に参詣するお伊勢参りは江戸時代の中頃から盛んになりました。

昔は、江戸から片道15日間、大阪でも片道5日かかりましたが、お伊勢参りであれば無条件で通行手形がもらえたそうです。 

そんなお伊勢参りですが、参拝には正しい順番があります。それでは見てみましょう。

 

お伊勢参りは外宮→内宮

お伊勢参りの参拝の順番は「 外宮 内宮 」です。

外宮から詣りましょう。外宮と内宮にはそれぞれ、ご正宮と別宮があります。

参拝の順番は「 ご正宮 別宮 」です。

 

なので、 お伊勢参りの正しい参拝ルートは 「外宮ご正宮→外宮別宮→内宮ご正宮→内宮外宮」、この順番を覚えておいてくださいね。

 

外宮は左側通行、内宮は右側通行!

火除橋

伊勢神宮に着いたらまずは、火除橋をわたって外宮へ。

このとき、歩く位置に注意してください。

伊勢神宮では参道の真ん中を歩いてはいけません。

参道の真ん中は神様の通り道です。

 

さらに外宮と内宮では歩く場所が変わるので要注意!

 

  • 外宮 左側通行
  • 内宮 右側通行

 

外宮参拝後、宇治橋をわたって内宮に詣るとき、今度は右側を歩きましょう……なんていうと、「うっかり忘れないようにしなきゃ(;´・ω・)」とドキドキしてしまいますね。

前を歩いている人の後ろをついていけば大丈夫ですよ。

伊勢神宮はいつ行っても大勢の参拝客が歩いているので、参道に誰もいないなんてことはありません。

初めてはお伊勢参りをする方は、隣や前の人と同じように行動してください。


スポンサードリンク

 

参拝前は手水舎で手と口を清めること

外宮や内宮に参拝する前は 手水舎 手と口を清めます。

手水舎に立ち寄らず、そのままお参りに行くことのないように!

手水の作法

 

  1. 左手を清める
  2. 右手を清める
  3. 口を清める
  4. 左手を清める

 

伊勢神宮の参拝は「 二拝二拍手一拝 」です。

二拝二拍手一拝の作法

 

  1. 神前に立つ
  2. 賽銭を入れる
  3. 二拝
  4. 二拍手
  5. 一拝

 

お伊勢参りに行くときは「二拝二拍手一拝」、これだけは事前に覚えておきましょう。

 

正宮では感謝の気持ちを、願い事は外宮で

神様

伊勢神宮では、外宮・内宮それぞれに正宮と外宮があります。

せっかくお伊勢参りに行くのですから、全てを参拝して帰ってください。

そして、神社に参拝というと、頭の中は「 神様にどんな願い事をしようかな 」ということでいっぱい、参拝前から「合格」「必勝」「縁結び」といったワードが頭に浮かんでしまいがちですよね。

管理人も欲深い人間なので、神社参拝=神頼みで、日頃の感謝を伝えるために詣ったことなんてこれまであったかな?という感じです(;´∀`)

 

ただ、 お伊勢参りでは神様への願い事はとりあえず胸にしまってください。

ご正宮の参拝では、神様に感謝します。

神様への願い事は、外宮・内宮それぞれの別宮で。外宮の第一の別宮は「多賀宮」、内宮の第一の別宮は「荒祭宮」です。

ご正宮に参拝した後で、外宮で神様にお願いしてくださいね。

 

お伊勢参りの所要時間は?

初詣や祭りなど参拝客の多いときを除いたお伊勢参りの所要時間の目安は、

  • 外宮40分 (ご正宮だけでは20分)
  • 内宮60分 (ご正宮だけでは40分)

外宮と内宮を足すと、所要時間は約100分、2時間程度をみておくとよさそうですね。

旅行のスケジュールとしては、半日を当てておくとよいです。

午前中にお伊勢参りをして、お昼に伊勢うどんを食べて、お土産の赤福を買って帰る、こんな感じでいかがでしょう。

伊勢神宮公式ページ

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、お伊勢参りの参拝ルートや正しい順番についてでした。

初詣や祭りのとおきは、伊勢神宮はとんでもない数の参拝客が集まるので、初詣は伊勢神宮で!と予定している方は、覚悟しておいてくださいね。

お伊勢参りのお土産・名物といえば、まずは 伊勢うどん。

管理人、伊勢うどんはあまり得意ではありません。

麺がやわらか過ぎて……(;´・ω・)やわらかい麺やコシのない麺が好きな方はぜひ、食べて帰ってください。

お土産の 赤福 ですが、こちら日持ちはあまりしません。

旅行中の方は買うタイミングに気を付けて!

赤福は旅の最終日に買うのがおすすめです。赤福は新大阪駅や京都駅、空港でも購入することができますよ。

 

でね、色々調べていたら管理人が気になるのは「神を信じる人」と「仏を信じる人」どちらが多いのだろう?

  • 神を信じる人 ・・・ 31.9%
  • 仏を信じる人 ・・・ 40.9%

2013年のNHKの「日本人の意識調査」によると仏を信じる人が多いようですね。

もう1つ、日本らしい数字をご紹介します。

  • 神前結婚式 ・・・ 約2割弱
  • キリスト教式 ・・・ 約5割強

こちらはリクルート社が調査した2014年の「結婚トレンド調査」よりです。


スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ