冬でも氷点下になる日がそれほど多くない地域に住んでいる管理人、それでも毎年1日2日は氷点下になる日があります。

こんなとき、慣れていない管理人が頭を悩ませるのが 水道管の水抜き!

水抜きのやり方がいまいちわからないんですよね。

ということで、今年は寒い屋外で「どうやってやるんだっけ」と悩まなくて済むように、今のうちに水道管や給湯器の水抜き方法、さらに水道が凍結する気温などについて調べておきます。

水道管が凍結する気温は?

凍結

明け方の気温が0℃を下回ると水道管が凍結する可能性があります。

さらに、 氷点下4℃になると、水道管凍結の危険はとても高い!

水抜きなどの対策をしておかなければ、最悪、水道管が破裂します。また、氷点下2度でも、日陰や風がふきつける場所の水道管は凍結します。

早めの対策が安心ですよ。

スポンサードリンク

水道管を凍結させない方法は?

水道管の凍結を防ぐためには、

  • 蛇口から水を少しずつ出しておく。水が絶えず水道管を流れることで凍結を防ぐことができます。
  • 外に露出している水道管に毛布や発泡スチロールなど断熱効果のあるものを巻いておく。
  • 水道管や給湯器の水抜きをする。

水道管の水抜き方法は?

水道管の水抜き方法は、水道管の仕様(寒冷地用と寒冷地以外)で異なります。

  • 寒冷地

水道の元栓の他に、水抜栓がついています。この水抜栓を操作した後で、全ての蛇口から水が抜けるまで水を出します。

水はバケツなどに溜め、洗濯やお風呂に使ってください。寒冷地では、電動の水抜栓もあるそうですね。

管理人、初めて知りました。

本格的な寒さがやってくる前に、自宅の水抜き方法を確認しておきましょう。

  • 寒冷地以外

水抜栓はありません。

水道の元栓を閉めてから、水が出なくなるまで蛇口から水を出します。

スポンサードリンク

給湯器の水抜き方法は?

水道管が凍結するときには、給湯器の水抜きも忘れずに!

給湯器には給水栓(止水栓)と水抜栓がついています。まずは給水栓を閉めてください。

その後で水抜栓から排水します。

給水栓と水抜栓の順番を間違えて、給水栓を閉める前に水抜栓をあけてしまうと、水抜栓から水が噴出します。

凍結防止のはずが大惨事に!!ということになってしまうので、操作の手順は間違いないように!

初めてのときや、久しぶりに水抜きをするときには、説明書をよく読んで手順を確認しておきましょう。

日本よりもっと寒いロシア、水道管は破裂しないの?

水道トラブル

日本の冬も大変ですが、日本よりもっと寒いロシア、水道管の管理が大変なのでは?と思って調べたところ、ロシアやアメリカの北部では、水道管が凍らないように元々対策が施されているそうです。

たとえば、水道管の周りに断熱材を巻いたり、地下室に水道管を通し暖炉やエアコンの温かい空気で水道管を温めるなど。

まあ、ロシア北部シベリアやアラスカの冬は雪と氷に閉ざされた世界、毎日水道管を開け閉めするなんてできませんよね。

とはいえ、しっかり対策しているロシアでも事故は起こるもので……

ロシアでは水道管破裂による大事故が起きて大変な話題になりました。

ロシア北部(シベリアの近く)、氷点下30度を下回る町で事件は発生!

水道管が破裂し、噴出した水道水が町に溢れ出したのです。

その有様はまるで洪水!

さらに、気温は氷点下30度ですから、流れ出た水道水は一気に氷りつきます。ということは流氷!?

なんでも、屋外の車が瞬間冷凍された、とか( ゚Д゚)さすが、ロシア……日本とは規模が違います。

車-フロントガラスが凍るときの対策!お湯は厳禁だった!?

まとめ

以上が、水道管の凍結対策についてでした。

水道管凍結の目安は氷点下4度、明け方の気温がこれを下回るときには水道管の水抜きをしておきましょう。

また、寒い地域に住む方で数日家を留守にするときには、念のため水道管の水抜きを!留守の間に事故が起こらないように前もって、対策しておいてください。

寒冷地以外では、管理人も含めて、水道管の水抜きに慣れていない方が多いのでは?

管理人ももう何十回も冬を越してきているのに、いまだに「うーん」と悩みます。

今年こそは寒い夜を心配で眠れない夜にしないように、水抜き方法をあらかじめ確認!

安心して朝を迎えたいと思います。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.
「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^