爪を噛む癖のある男だ!直す必要はストレス発散に良いのにあるか?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

更新:2016-12-11

誰しも多かれ少なかれ癖があり、「 えっ、そんな癖が!? 」なんて癖もあるものです。

が、爪を噛む癖はけっこうポピュラーな癖ですよね。

癖というと、「 ストレスが原因では? 」「 愛情不足では? 」なんて、とかく精神面の不安やアンバランスを指摘されることが多く、できれば癖を直したいと考える方が多いようです。

しかーし!!

爪を噛む癖には、実はプラスの効果もあるんですよ!!

ということで、 今回は爪を噛む癖の原因や効果について調べてみました。

 

どうして爪を噛む?

赤ちゃん

爪を噛む癖はそもそもは乳房を吸うという行為から始まったもの。

乳房を吸うと安心感を得ることができますよね。

おそらく、この世の中で最も安心できる瞬間は母親の乳房を吸っているときでしょう。

乳離れをした後は安心感を求めて、指しゃぶりに移行、そこに「 爪を噛む 」という自傷行為が加わり、爪を噛む癖がつくのです。

癖の心理!手を組む・においをかぐ・皮をむくのはなぜ!?

 

子供と大人では爪を噛む理由が違う?

なぞ子

お久しぶりです。なぞ子です。

今回は、「父さん、もう止めてよ!爪を噛む癖」、「えッ、父さん、噛んだ爪はどこにやった!?食べた・・・もう止めてよ(# ゚Д゚)」ということで、爪を噛む癖を私から説明します。

子供の爪を噛む癖は、 神経性習癖 」の一つ。

欲求不満や愛情不足による不安や緊張感、ストレスを和らげるために、指しゃぶりをしたり爪を噛んだりするのです。

また、歯が生え始めたとき、赤ちゃんは身の周りのものを何でも口に入れて、食感や噛み応えを確かめますよね。

この行為がそのまま爪を噛む癖に移行してしまうこともあります。

指しゃぶりや指吸いも同様、特にストレスや不安感がなくても、「 なんとなく安心するから 」「 眠くなるから 」という理由で癖が身についてしまうこともあります。

一方の大人、 子供の頃から爪を噛み続けてきた方は、「 なんとなく安心するから 」噛んでいるのでしょう。

ただ、大人になって突然噛み始めたという方では、 強いストレス 不安感 爪を噛むことで解消していることがあります。

リストカットや自分の髪の毛を抜く、アルコールや煙草などの自傷行為と同じです。

「もう、止めてよ!父さん、爪を噛む癖!!」


スポンサードリンク

いやし

そんなこと言われても、爪を噛むという行為自体はリストカットやアルコールほど体に害を与える行為ではないので、爪を噛んでストレスを解消できるのであればやめる必要はないでしょう。

皆、それぞれの方法で日々のストレスを解消していて、たまたま「爪を噛む」がストレス解消になったというだけです。

それに、 爪を噛むことはメリットもあるんだぞ(`・∀・´)エッヘン!!

 

爪を噛む効果

どうだ!!

 

①免疫力アップ

爪を噛む癖は悪いことばかりではありません。

体や精神面においてよい影響を与えることもあります。

まず、爪を噛むことで 免疫力がアップ します。

爪を噛んで免疫力アップ? ちょっとピンときませんよね。

これはこういうわけです。

爪には雑菌がいっぱいついています。 その爪を噛むことで、爪の雑菌は口の中に侵入します。

つまり、爪を噛む癖があるということは、口を通して常に雑菌が体に侵入しようとしているということ。

侵入してくる雑菌に対しては体は侵入を食い止めるべく戦わなければいけません。

常時、雑菌と戦うことで、体の免疫力が鍛えられるということです。

どうだ!!スゴイだろ

口の中を噛む癖を直す!原因はあなたの深層心理に理由が!?

 

②ストレス発散、プレッシャーに強くなる

爪を噛むことで、ストレスを発散できたりプレッシャーに強くなります。

爪を噛むことは強迫性障害の一つでもありますが、他の強迫性障害と違い(たとえば外出時に玄関の鍵を確かめに何度も引き返す、きれいに拭いたばかりのテーブルの雑菌が気になって何度も拭いてしまうなど)、 爪を噛みさえすれば不安を解消することができます。

玄関の鍵は何度確かめても絶対安心ということはありませんよね。

駅に向かう道すがら、また「あれ、ちゃんと閉めたっけ」という不安に襲われてしまいます。

爪を噛むという癖は強迫性障害ではありますが、 爪を噛むことで安心感を得られる という点において、他の繰り返せば繰り返すほど不安が大きくなる強迫性障害とは異なり、あなたの ストレスや不安を解消する効果がある のです。

また、爪を噛むとき、脳は快楽を感じています。

そのため、 ストレスを発散でき、さらにプレッシャーに強くなるのです。

かの徳川家康も戦の最中は爪を噛んでいたそうですよ。

癖に関する記事 PICK UP!

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

いやし

以上が、爪を噛む癖の原因や効果についてでした。

どうだ、爪を噛む癖を直す必要はないだろう。

と言っても、爪を噛む癖といっても程度は人それぞれ。

噛みすぎて指の皮膚まで噛み切ってしまう、深爪を通り越して爪がほとんどないという状態まで噛んでしまうのであれば、爪や指の健康のために直した方がよいでしょう。

そうでなく、爪を噛むことで プレッシャーに強くなったり ストレスを発散できる、 集中力が増す という方は無理して直す必要はありません。

無理して直す間に、また別の癖ができてしまうこともありますしね。

ただ、子供の爪噛みには、愛情不足や不安感などが背景にあることがあります。

我が子の爪噛みが気になるときには、スキンシップやコミュニケーションを増やし、子供の不安やストレスを取り除いてあげてください。

「もう、止めてよ!父さん、爪を噛む癖!!」

「もう、止めてよ!父さん、爪を噛む癖!!」

「もう、止めてよ!父さん、爪を噛む癖!!」

・・・・・・

ストレス発散に良いのに爪を噛む癖は直す必要はな~し!!

以上


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ