こたつで寝ると風邪や疲れる!最低限知っておくべき4つの理由

なるほど!

 

こんにちは。管理人の「 ザッ君 」と娘の「 なぞ子 」です。

ブログへお越しくださりありがとうございます。今回ご紹介する内容がお役に立てればうれしいです。

 

スポンサードリンク

 

 

こたつで寝るのは至福のとき、最近の管理人、こたつでぬくぬくしているときが一番幸せです^^

金曜日の夜なんか、「明日は休みだー」の解放感からこたつに入ったきり、翌日の朝までそのまま寝ちゃったりしてしまいます。

これはこれで幸せな時間なのですが、体にとってはこたつで寝ることはよくないことだらけだとか。

疲れや風邪の原因になったり、さらに太ることも!?

『太る!?』これは聞き捨てならない(; ・`д・´)ということで、 今回はこたつで寝ると風邪や疲れる理由について調べてみました。

 

体温調節機能が低下する!?

こたつ

こたつとはどのような暖房器具でしょう。ごく一般的な使用方法の場合、上半身はこたつの外、下半身はこたつの中に入っています。

つまり、上は寒く下は暑い、体は体温を上げていいのやら下げた方がいいのやら、分かりません。

こたつに長時間入っていると、体の体温調節機能は狂い、低下します。

その結果、「やっぱり体温を下げるぞ」といって汗をかいてみたり、「いやいややっぱり上げた方がよくないか」といって交感神経を優位にしてみたり(こうすると、体は興奮状態になるので熟睡できません)

とこたつで寝ている間、本人は休んでいるつもりですが体の中は混乱の極み、疲れをとるどころか、寝汗や疲労の蓄積で体調を崩してしまいます。

 

脱水症状で風邪をひく!?頭痛や太る原因にも!

こたつで寝ると、下半身は暑いので汗をかきます。

汗をかくときには、下半身だけというわけにはいきませんから、こたつの外に出ている部分も汗をかきます。

寒いうえに寝汗をかいたのでは、冷えて仕方ないですよね。

風邪をひきます。

また、こたつの中も大変なことに!

汗をかいてもかいても、下半身は暑いまま、こたつで体の外から温められているのですから当たり前ですよね。

体温が下がらないため、体はどんどん汗をかき、やがて体内の水分不足を招きます。

いわゆる 脱水症状 ですね。

脱水症状により、口内や鼻・喉の粘膜が乾燥、菌やウイルスに対する防御機能が低下します。 こたつに入って口を開けて寝ていると風邪をひきやすくなります。

脱水症状でドロドロ血液になると、心筋梗塞や脳梗塞のリスクもアップ!

さらに、脱水症状により水分の代謝が落ちるとむくみやすくなり、見た目、太ります。

そしてこれが管理人の太る原因ナンバーワンなのですが、乾いた喉にみかんはとってもおいしい(/ω\)

こたつに入ってみかんを食べる、そしてまた寝る……太らないわけがありません。


スポンサードリンク

 

基礎代謝の低下で免疫力低下!太りやすい体に!?

布団で寝るときには、自分の体温で布団を温めなければいけません。

しかしこたつでは、電気が体を温めてくれます。

外から温められる分、体は発熱する必要なし!

基礎代謝が低下します。

基礎代謝の低下により免疫力も低下、風邪をひきやすくなります。

さらに、基礎代謝が低下するということは、消費カロリーが少なくなるということ!

太ります。

ただ寝るだけの怠惰な時間を過ごすにしても、 こたつで寝るよりも布団で寝た方が、太りにくいです。

 

こたつで体がガチガチに!?低温火傷も!

こたつに入るとき、ある程度、寝る体勢が決まってしまいますよね。

布団のように自由な体勢で寝たり、ごろごろ寝返りをうつことはできません。

こたつで寝ると長時間同じ体勢をとることになるので、体中がガチガチにかたまってしまいます。

こたつで迎えた朝、首や肩が痛くなっていたり、背筋がまっすぐ伸びないということ、ありますよね。

こたつで寝ると、体は疲れをとるどころか、体中あちこちの筋肉痛や関節痛に悩まされることになります。

また、こたつで長時間同じ体勢で寝るということは、長時間同じ場所にこたつの熱があたるということ。

低温火傷の危険 があります。

低温火傷では、じっくり温められるので(焼き芋みたいですね(^^;))

寝ている間はあまり痛みを感じません。そのため、朝起きたときには思いがけずひどい火傷になっていることもあります。

 

ザッ君の画像 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、こたつで寝ると風邪や疲れる理由についてでした。

こうして改めて並べてみると、こたつで寝ていいことはありませんね(^^;)

こたつから布団への移動、とても面倒ですが、ここは一日最後のふんばりどころ、「よし、行くぞ」の気合を入れて布団へ移動したいと思います。

【こたつ関連記事】

こたつでそのまま寝ることは体にとって良くないですが、こたつは良いものです。

昔はどのご家庭にもこたつがあったと思いますが、暖房器具の普及でこたつを利用している方が減っているようですね。

こたつにみかん、最高ですよ^^

冬はビタミンCが不足しがちなので、栄養の高いみかんを食べることは風邪の予防にもなります。

ついつい美味しいので、食べすぎてしまいますが^^;

今回はここまでです。ほぼ毎日記事を更新していますので、お時間あれば色々のぞいて行ってくださいね。


スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!