年明けうどんの由来!いつから新年の縁起ものになったんだ?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

更新:2016-11-13

年明けうどん 、今年こそ食べれる?

子供(女の子)

「えっ!?年明け?って今言ったかな。」だったら、年越しの間違いだし、しかも、每年ちゃんと用意してもらってるし、うどんじゃなくて、「そば」だし、何を言ってるの・・・・・・

子供に「年明けうどんが食べたい」と言われて、「何をうちの子は間違えてるの」と思ってしまったあなたは、すこし時代に取り残されつつあるのかもしれませんね^^;

年越しといえば年越しそばですが、最近では 「年明けうどん」 なるものがあるそうです。

かく言う管理人も、そういえば、お正月の番組で年明けうどんの中継を見たような、見ていないような……といったレベルです。年明けうどんとは、これまた聞き慣れない言葉ですよね。

しかも、年明けうどんが新年の縁起ものらしいです。一体いつからなったのでしょうか。

ということで、 今回は年明けうどんの由来について調べてみました。

ここでしっかり年明けうどんをおさえて、まだ知らない人にドヤ顔をしちゃいましょう^^

 

年明けうどんはいつからはじまったの?由来が気になる

年明けうどんが始まったのはつい最近のこと、2009年の正月からです。

最近と言っても、すでに数年以上経過してるじゃないですか(;´д`)トホホ…

仕掛け人は讃岐うどんで有名な香川県!

なるほど、最近の香川県のうどん推しはすごいですからね。管理人の住まいの近所もお店が増えましたね。

大晦日の年越しそばを見て、「それならうちも」ということで年明けうどんを始めたのかしらとも思ったのですが、 香川県の方では昔から正月にうどんを食べていたという情報も!

ということは、全国的に知られるようになったのはここ最近のことだけど、年明けうどんの歴史自体はけっこう古いのかな。

 

年明けうどんは縁起が良い!

ザッ君

うどんといえば太くて長い!ということで、年明けうどんは「 健康長寿 」「 家運長命 」の縁起ものとされています。

またうどんの麺は白いですよね。年明けうどんではうどんの白とうどんに載せる赤具材で新年を祝う紅白を表現して、新年の縁起を担いでいます。

年越しそばは、ぷつぷつとよく切れるというそばの特徴から、旧年の厄を払い落すという縁起がありまよね。

なので、さぬきうどん振興協会では「年末には年越しそばを食べ、 お正月にはその年の幸せを祈りながら年明けうどんを食べましょう 」と年明けうどんをPRしています。

大晦日に年越しそばで、新年明けてからは年明けうどん……おせちやお雑煮はいつ食べましょう(^^;)


スポンサードリンク

 

年明けうどんの定義

年越しそばに倣って年越しうどんと表記されることもありますが、さぬきうどん振興協議会によると正しくは「年明けうどん」だそうです。

年明けうどんですから、食べるタイミングは大晦日ではなく年が明けてから!

【さぬきうどん振興協会が定める年明けうどんの定義はこちら。】

  • 年明けうどんとは元旦から1月15日までに食べるうどんのこと。
  • 純白の麺に赤具材でめでたい紅白を表現すること。

<公式サイト>年明けうどん(本場さぬきうどん協同組合 年明けうどん普及委員会さぬきうどん振興協議会)

1月15日までということなので、正月中に食べなきゃいけないというわけではないみたいですね。でも、新年の縁起ものなのですから正月中に食べた方がご利益はありそうです。

年明けうどんに載せる赤具材には 、サクラエビやにんじんのかきあげ、梅干し、えびの天ぷら、紅白のかまぼこなどを使うのがおすすめだそうです。

サクラエビのかきあげを載せたさぬきうどん、おいしそうですね。体が温まりそうです。

ここで少し雑学

ちなみに、どん兵衛で有名な日清も年明けうどんの広がりを察知してでしょうが、「日清のどん兵衛 年明けうどん」と「日清のごんぶと 年明けうどん鯛だし仕立て」を発売していましたね。

  • 日清のどん兵衛 年明けうどん :「梅干し」と喜ぶ(よろこぶ)にかけて、「とろろ昆布」、そして長寿を願って「寿かまぼこ」などが具材でした。
  • 日清のごんぶと 年明けうどん鯛だし仕立て :めでたいにかけて「鯛入りつみれ」や長寿を願って「寿かまぼこ」そして、運気をあげるにかけて、「きざみあげ」などが具材でした。

 

全国年明けうどん大会

香川県では年明けうどんの普及のために、「全国年明けうどん大会」を開催しています。

全国年明けうどん大会では、地元・讃岐うどんのみならず、秋田県の稲庭うどん、群馬県の水沢うどん、さらに三重県の伊勢うどんなど、全国のうどんが大集合!

日本中のおいしいうどんを食べることができます。新年の縁起ものということであれば、伊勢神宮の伊勢うどんはご利益がありそうですね。

各地のうどんの食べ比べをしても楽しそうです。

2016年の全国年明けうどん大会はサンメッセ香川を会場に、12月10日・11日の2日間で行われます。前売り券が発売されています。興味のある方はぜひ、足を運んでみてください。

<公式サイト>全国年明けうどん大会

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、年明けうどんの由来や食べ方、全国年明けうどん大会などについてでした。

年明けうどん、これまでなじみはありませんでしたが、調べてみるととても縁起のよい食べ物ですね。

それに、正月の寒い時期に食べるアツアツのうどんはとってもおいしい!体の芯から温まります。

ということで、 今年からは大晦日の夜は年越しそばを食べて、元旦の朝にはおせちとお雑煮、そして夜には年明けうどん! こんな感じで年末年始の献立スケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

年越しそばのえびの天ぷらやおせちのかまぼこを多めに買っておいて、年明けうどんの赤具材に使うのもありですね。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ