「二重あごはガムを噛むと解消できる!?」

こんな情報が耳に入ってきましたが、本当でしょうか?だとしたら二重あごを超簡単になくすことが出来そうなので、気になります。

最近太って二重あごになっちゃったという方もいれば、痩せているのになぜか二重あご。
という方もいるでしょう。

二重あごの原因は実は肥満だけではありません。

二重あごだからといってダイエットをしすぎると、かえって二重あごがひどくなってしまうことも!?

ということで、今回は二重あごの原因と二重あごをなくす方法について調べてみました。

スポンサードリンク

二重あごの原因は?

二重あごの原因は三つ!

  1. 肥満によりあごに皮下脂肪がついてしまった
  2. リンパの流れが悪くむくんでしまった
  3. 頤筋が衰えてしまった

これら3つが二重あごの原因の代表格です。

肥満による「皮下脂肪」や、リンパに老廃物がたまったことによる「むくみ」については皆さん、よくご存じでしょう。

なので、ここでは③の頤筋の衰えについてご説明します。

二重あごは頤筋が衰えたから!!

二重あご

頤筋とは表情筋の一つで、唇の下からあごにかけての筋肉です。

頤筋が衰えると、顔の脂肪を支えられなくなるため、フェイスラインが重力によって下に下がります。

↑ ↑ ↑
これで二重あごの出来上がり!

あごの皮下脂肪が少なくても、頤筋が衰えると二重あごになってしまいます。そして頤筋は筋肉なので、栄養失調が続くと衰えます。

つまり、肥満ではないのに二重あごをなくそうとダイエットを続けていると、頤筋が衰えてしまい、二重あごがさらに目立ってしまうということ。

痩せている方、二重あごをなくしたいのであれば、ダイエットは禁物です。

二重あごをなくす方法

①ダイエットで二重あごを解消!

皮下脂肪で二重あごになっている方は、ダイエットで皮下脂肪を減らしましょう。

フェイスラインの皮下脂肪を減らすためには、「大きく口を開けて、あいうえお」体操がおすすめです。

やり方は簡単、大きく口を開けてゆっくり「あいうえお」と声を出すだけ!

このとき、表情筋を動かすことを意識しましょう。表情筋を動かすことで、フェイスラインの皮下脂肪が燃焼!

これで余分な皮下脂肪は、落ちやすくなりますよ。

また、表情筋を動かすことで頤筋も鍛えることができるので、二重あごを効率的になくすことができます。

「あいうえお体操」の感想

早速「あいうえお体操」やってみましたが、想像以上にキツイです。「あ」でいきなり、首の筋が張ります。「え」から「お」は違和感を感じてスムーズに移行できません。どんだけ表情筋が衰えてるんだといった感じですが。一度やってみて。続ければ効くだろうと実感出来るはずです。

スポンサードリンク

②リンパマッサージで二重あごを治す!

耳の下から首筋にかけてのリンパを触ってみてください。

ゴリゴリとしたしこりや痛みがありませんか?

しこりや痛みがある方、リンパに老廃物がたまっているせいでフェイスラインがむくんでいます。

リンパマッサージで老廃物を排出し、フェイスラインを引き締めましょう。

【リンパマッサージのやり方】

リンパマッサージでは、まず蒸しタオルやお風呂で首筋やフェイスラインを温めてください。その後、上から下へ、リンパの流れに沿って指先でリンパを撫でます。

しこりがある部分は特に念入りにマッサージをしましょう。毎日続けることで、フェイスラインがすっきりし、二重あごがなくなります。

③ガムを噛んで頤筋を鍛える

頤筋はガムを噛むことで鍛えることができます。

【ガムを噛んで頤筋を鍛えるやり方】

  1. ガムを1、2枚(粒タイプは2、3粒)を口に入れて噛む。
  2. 口を閉じて右の奥歯で10回ガムを噛む。10回目は噛んだまま5秒キープします。
  3. 次は左の奥歯で10回噛み、最後に5秒キープ。
  4. 左右を交互に同じ回数だけ行う。左右で噛む回数が違うと、フェイスラインが歪んでしまうので、必ず右の奥歯から噛み始めたら左の奥歯で終わるようにしましょう。
  5. 最後に口を「あ」の状態で大きく開けて10秒キープ。
    1. ガムは噛みごたえのあるハードタイプがおすすめです。

      また、甘いガムは肥満の元なので、ノンシュガータイプのガムを選んでください。

      ガムの代わりにするめを噛んでもよいです。

      【関連記事】

      まとめ

      二重あごを解消

      以上が、二重あごの原因と二重あごをなくす方法についてでした。

      二重あごはなくならないものと諦めている方、二重あごは上記の方法できれいになくすことができますよ。

      ぜひ試してみてください。

      また頤筋は表情筋なので、日頃からよくしゃべり表情豊かにすると、衰えにくいです。会話をするときは、いつもよりも少しオーバーに表情を作るように意識してみましょう。

      二重あごではないのに、姿勢が悪いせいで二重あごに見えていることもあります。猫背や顔を前に突き出す姿勢は二重あごに見えやすいので、気を付けましょう。

      スポンサードリンク
      The following two tabs change content below.
      「面白い雑学-しろねこ夫婦のドヤ顔するためのブログ」は子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が運営しています。 ブログのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 理由はプロフィールを見てね^^