ジャンケンに勝つ方法!最初はグーで次がチョキ、パーの確率は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

じゃんけん

ジャンケンに勝つ方法を知っておけば、人生で得する場面は多いはず!

残り一個のチョコレートをめぐる攻防や、荷物の運び役、面倒な仕事や当番の押し付け合いもジャンケン次第です。

ジャンケンで人生が決まることはないけれど、その日一日の気分が左右されることはある!ジャンケンに勝ってお得でハッピーな一日を手に入れるぞ!!

ということで、 今回はジャンケンに勝つ方法について調べてみました。

突然ですが、あなたはジャンケンに強いですか?

管理人は、とにかくここぞという場面でのジャンケンに弱いです。「ジャンケンで勝てば○○」なんてもので勝ち残ったことが今までの人生で一度もありません。

また、この勝負に負けたら最悪な罰ゲームみたいな絶対に負けてはいけない時、ジャンケンの勝負をする前から負けるなぁと頭によぎり、案の定、負けてしまいます(T_T)

一方、めっぽうジャンケンに強い人っていますよね。

何が違うのでしょう?

お時間がある方は、こちらの動画で10本勝負してみましょう^^

 

ザッ君 グー、チョキ、パー、それぞれの確率は?

ジャンケンをするとき人はまず何から出すのか、という実験の結果がこちらです。

  • グー ・・・ 35.0%
  • パー ・・・ 33.3%
  • チョキ ・・・ 31.7%

グーを出す人が多いようですね。

グー

ジャンケンの最初は力んでしまうので、思わず手を握りしめたくなるのかもしれません。

また、日本の場合は「最初はグー」が身体にしみついていて、「最初はグー」から始めるジャンケンでないときも、思わずグーを出してしまうかも。

ということは、日本ではグーの確率がもう少し高くなるかもしれませんね。この実験結果から、ジャンケンの最初の手はグーに勝つ「 パー 」を出すと、ジャンケンに勝つ確率が高くなることがわかります。

ハイ!ここで覚えておきましょう。

ジャンケンの最初の一手は「パー」です。

 

ザッ君 あいこになったら、次は○○!

同じ実験で、あいこになったとき、次にまた同じ手を出した回数は22.8%でした。

つまり、多くの人があいこになったとき、次も同じ手を出すことを避けてしまうということ。

たしかに、同じ手を出すのってちょっと抵抗がありますよね。なので、たとえばパーであいこになったとき、次に相手が出すのはグーかチョキ。

あなたは「グー」を出せば勝つ確率が上がります。

あいこになったら、次は「 あいこのときの手に負ける手を出す 」と覚えておくとよいですね。

ちなみに、チョキであいこになったときには、グーやパーに比べて次もチョキを出す確率が高いそうです。

うーん、チョキってグーやパーに比べて若干無敵感があるのかな。なので、続けて同じ手を出さないの法則に則ってパーを出すか、次もチョキの可能性を信じてグーを出すか、チョキであいこになったときは悩みどころですね。


スポンサードリンク

 

ザッ君 最初はグーで始める

「最初はグー」からジャンケンを始めることで、相手の出す手を予想することができます。

というのも、 最初はグーで始めたとき、ジャンケンで出す手はチョキやパーが圧倒的に多いから!

これも、続けて同じ手を出したくないという心理によるものです。

100人を対象に行われた実験で「最初はグー」で始めたジャンケンで出した手は、

  • グー18人
  • パー41人
  • チョキ41人

「最初はグー」からジャンケンを始めるときにはチョキを出す!

これでジャンケンの勝率をあげることができます。また、あなたがジャンケンの音頭をとるときは「最初はグー」から始めるのがおすすめ。

しかも 相手への予告なしに!

相手に策を練る時間を与えないことで、相手は自然な心の動きによって、「最初はグー」の次にパーかチョキを出してしまいます。

 

ザッ君 男性はグー、女性はパー

ジャンケンをするとき、 男性はグー から、 女性はパー から出すことが多いそうです。

本当かなあ?という気もしますが、ジャンケンで相手の手を予想するときの参考の一つにはなりますね。

覚えておいて損はないでしょう。

 

管理人(ザッ君)より

グーチョキパー

以上が、ジャンケンに勝つ方法についてでした。

ジャンケンをするときは、ほとんどの場合「相手がこの手を出すだろうから俺はこっち」と考える時間はありません。

反射的に次の手を出すからこそ、心理的な抵抗感が如実に手にあらわれてしまうのです。

ジャンケンで勝つためにはこの反射的に出てしまう心理的な抵抗感をうまく利用すること!

相手に考える時間を与えないことで、上記の実験結果に近い手を相手に出させることができます。

また、グーのとき、相手の親指が内側に入っているか外側に出ているのかに注目してみてください。

グーのとき親指が外側に出ている人は次の手でチョキを出しにくいといわれています。反対に、グーのとき親指が内側に入っている人は次の手でチョキを出しやすいです。次の手を予想するときの参考にしてください。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ