お通夜や告別式が苦手です。まあ、得意な人なんていないとは思いますが。

香典にお焼香、「このたびは~」のちょっとした挨拶ときもそう、自分の常識力やマナー力を試されているようななんともいえない雰囲気がね……

常識もマナーもない管理人は始終挙動不審になってしまいます。

余計なことを考えずに、故人とお別れをすることに集中しろと自分でも思うのですが、管理人の中の「常識人に見られたい」という気持ちがそれを邪魔します。

うーん、難しい。これはもう常識を身に付けるしかありませんね。

ということで、今回はお通夜や告別式の最初の難関、香典について調べてみました。

スポンサードリンク

お通夜とは?

お通夜

まずは、お通夜や告別式、それに葬儀の違いについておさえておきましょう。

一連の儀式のうち、まず最初に行われるのが「お通夜」です。

まあ、遺族の間では枕経やら何やら、お通夜の前にもやらなきゃいけないことがありますが。

お通夜とは「葬儀の前夜に遺族や近親者が夜通しで故人との別れを惜しむ儀式」のこと。

昔は、名前の通り、一晩中お通夜をして弔問客が出たり入ったりしていたようですが、最近ではお通夜も1時間程度で終わらせ、その後は遺族や近親者だけで過ごすことが多いですね。

管理人も祖母のお通夜の晩はお線香の番をしました。

葬儀と告別式の違いは?

お通夜の翌日に行われるのが葬儀や告別式です。

最近では「葬儀ならびに告別式」という言い方でセットになっていることが多いですが、本来、この二つは違うものです。

  • 葬儀:遺族や近親者が故人を弔い成仏することを願って行う宗教的儀式
  • 告別式:故人の友人や知人が最後のお別れをする儀式

なので、流れとしては、読経や焼香などの葬儀がまず行われ、その後で告別式が行われることが多いです。

出棺前の献花や焼香、遺族からの挨拶、あれが告別式ですね。

スポンサードリンク

香典はお通夜?告別式?

香典

お通夜や告別式に参列するときに持って行くのがお香典。

お通夜だけ、告別式だけに参列するときには悩むことはありません。自分が行けるときにお香典をつければよいのですが、問題はどちらにも参列するとき。

いつ、お香典を持っていけばよいのでしょうか。

本来、お香典は告別式(葬儀)の時に出すものです。

なので、告別式に参列するときは告別式に持って行くのが正式。

ただ、最近ではどちらで香典をつけてもよいというのが一般的になっています。お通夜にしか参列しない人も多いですし、遺族が香典の受付に立つわけでもありませんしね。

ということで、香典はお通夜と告別式のどちらでもOK。

心配な方は、お通夜のときに用意しておき、お通夜で香典の受付が行われていれば出す、行われていなければ翌日の告別式のときに香典を出すというのがよいのではないでしょうか。

香典は2回出すの?

香典の書き方

お通夜と告別式、両方に参列するとき、香典をつけるのは1回だけです。

2回つける必要はないので、ご注意ください。

また、香典に使う香典袋(不祝儀袋)ですが、表書きには「ご霊前」や「ご香典」とあなたの名前を書きます。

中袋には、名前と住所を書いておいてください。

香典袋には薄墨を使うというマナーがありますが、最近では通常の黒の筆ペンで書く方も多いです。

薄墨の筆ペンなんて、家に常備してありませんものね。なので、薄墨でなければいけないということはありません。

ただし、ボールペンや万年筆で書くのは×です。

お通夜、告別式で使ってはいけない言葉

お通夜や告別式に出席したら、死や不幸を連想させる言葉は使わないように心がけましょう。

  • 死ぬ ⇒ 亡くなる、旅立つ
  • 死亡 ⇒ ご逝去、ご急逝
  • 生存、存命中 ⇒ ご生前
  • 生きていた頃 ⇒ お元気な頃

このように直接的な言葉は避けます。

告別式など出席すると、丁寧な言葉を使おうとすればするほど、無意識に出てしまう言葉です。

重ね重ねや度々、引き続きや追ってなど不幸の繰り返しをイメージさせる言葉も使わないように気をつけましょう。

また大切な人を亡くした方にどのような言葉をかけて良いか悩みますよね。

「知らせを聞いて、とるものもとりあえず駆けつけました。この度は誠にご愁傷さまです。☓☓さんもどうぞ御身お厭いてください」

覚えておいて損はないと思います。

まとめ

以上が、お通夜・告別式両方参加の香典や違いについてでした。

ちなみに、香典のタイミングは地域によっても違いがあるそうで、一般的に西日本では告別式(葬儀)のとき、東京を中心とした首都圏ではお通夜のときに出してもいいよ、というようになっているそうです。

また、昼間の葬儀に参列できない勤め人が多い地域ではお通夜で香典をつけることが多いみたいですね。

最近では家族葬ということで、香典を受け取らない・帳場を立てない遺族もいます。このときには周囲の様子を見て、香典をつけるかどうかを決めてください。

「香典はなしで」という通知がきても、一応、用意しておいた方がよいですよ。

スポンサードリンク
The following two tabs change content below.
しろねこ夫婦の【新】面白い雑学ブログは子育てもほぼゴールが見えてきた夫婦が好きなことや、得意なことを記事にして運営しています。 ブログへのこだわりは、「とことんブログを楽しむ!」 プロフィールやブログ実績はコチラをご覧ください。