野菜が高いよ~2016年いつまで続くの?節約サラダの作り方

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今日もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

サンマも高けりゃ、大根も高い^^;葉物野菜が高いというのは、この数年でもニュースで聞く機会が多かったですが、今年は価格の優等生といわれる大根や玉ねぎまで軒並み高い。

この野菜の高騰、いつまで続くの~と思っている方は多いのでは?

そろそろお鍋も恋しくなってきますしね。ということで、 今回は野菜の高騰や節約サラダの作り方について調べてみました。

 

野菜が高い!?野菜高騰はいつまで続くの?

価格高騰

夏の終わり頃からじわじわと高くなり始めた野菜。

最近では、スーパーに並ぶ野菜の多くが 平年より3~4割高い とのこと。さらにキャベツや白菜などの葉物野菜にいたっては 2倍近く値段が高騰 しているそうです。

これは高い( ゚Д゚)お鍋もとんかつも当分、お預けですね。(イヤだ−!!食欲の秋、旬のおいしいものを食べないと、寒い冬に備えてエネルギーを蓄えれない)

秋の話題ネタ!雑学・豆知識てんこ盛りDaYo(^^)v

葉物野菜に関しては元々値段の上下が激しいイメージがありますが、今年はジャガイモやタマネギなども高くなっています。これはちょっと異常、というか大変困りますよね。

カレーも肉じゃがも、ポテトサラダも夕食の登場回数が減るなんて……我が家の夕食レパートリーの半分以上がすでに消えました。

じゃがいもの芽には毒性が!?赤い部分の簡単な取り除き方は?

農水省によると、現在の野菜の高騰は10月後半まで続くそうです。11月になると、少し落ち着くのかな、という感じですね。

ということはあと少しの辛抱、オクラを食べて耐えしのぎます。

我が家の実家の畑ではなぜかいまだにオクラが大量にできるんです^^;野菜って不思議ですね。

 

野菜高騰の原因は?

今回の野菜高騰の主な原因は夏から秋にかけての気候でした。

  • 九州、四国、中国地方では夏に雨が多く、 日照時間 が平年の半分。
  • 9月前半に立て続けに上陸した 台風 (今年は6この台風が上陸しました)。特に被害が大きかったのが北海道で、一時はジャガイモ畑が壊滅。カルビーの工場がストップしたなんてニュースもありましたよね。
  • 秋雨前線による 長雨 。本当に雨の日が多かったです。
  • 春のタマネギの 不作。

さらに、ここにきて阿蘇山噴火や地震の九州の農作物への影響が心配されています。

11月には野菜の高騰はおさまるという話でしたが、それでも例年よりは高い傾向が続きそうですね。


スポンサードリンク

 

野菜高騰で食卓がピンチ!節約のコツは?

高いからといって、野菜を食べないわけにはいきません。ということで、野菜をできるだけ安く買えるお店やコツを調べてみました。

  • 業務用スーパー :安く買いたいときにはここ!ただ、1商品あたりの量が多いので、一人暮らしの方は食べきれないかもしれません。
  • 100円ローソン :一人暮らしの方におすすめです。
  • カット野菜 :安い野菜を選んで使っていたり工場生産の野菜が多いので、市場価格や天候の影響が小さいです。
  • もやし :価格の優等生ですよね。ただ、これは私の実感ですが、最近は大安売りのもやしが少なくなったような……気のせいですかね。
  • 缶詰 :アスパラや豆類、コーン、マッシュルームなどの野菜の缶詰があります。
  • 乾物 :切干大根や海藻類がおすすめです。
  • 冷凍野菜 :かぼちゃや里芋などの冷凍野菜があります。

 

野菜高騰で食卓がピンチ!おすすめ節約サラダは?

おすすめの節約サラダをご紹介します。

 

切干大根のサラダ

切干大根を水で戻します。歯ごたえが残るよう、短めの時間で戻してください。

千切りにして軽くゆでたにんじんと一緒にマヨネーズであえます。

シャキシャキとした歯ごたえがおいしいサラダです。シーチキンを入れてもおいしいですよ。

 

豆のサラダ

缶詰のミックスビーンズをマヨネーズやドレッシングであえます。

 

海藻サラダ

乾物の海藻を水でもどし、ドレッシングとあえます。玉ねぎスライスもあるとさらにおいしいですよね。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、野菜高騰の理由やおすすめの節約サラダなどについてでした。

野菜の高騰はもうしばらくは続きそうな予感ですが、上手に節約して野菜を食べたいものですね。

生野菜が高いときには、缶詰や乾物、冷凍野菜などを活用するとよいですよ。これらは調理も楽なので、忙しくてなかなか料理を作れない、外食ばかりで野菜が不足気味という方にもおすすめです。


スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ