冬至でかぼちゃにあずきは食べない地域在住です!食べる理由は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

二十四節気の一つ、冬至は一年のうちで最も昼の長さが短く夜が長い日です。

この冬至の日に下がり続けてきた運気は底をうち、翌日から運気が上がり始めると言われていますね。

冬至の風習といえば、ゆず湯やかぼちゃやあずきを食べる地域が多いでしょう。 ただ、地域によって冬至の風習にも違いあり!

ということで、今回は冬至の風習のうち、かぼちゃについて調べてみました。 冬至の日のかぼちゃ、皆さんのご家庭ではあずきを入れて炊きますか?

 

ザッ君 冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?

前書きにも書きましたが、冬至は運気の流れが変わる境目の日です。

冬至を境に運気は下げ止まり、夏至に向けて運気は上がり始めます。

昔から冬至の日に「」をつくものを食べると、冬至の翌日からの上がり始める運気を呼び込めるといわれています。

そのため、「ん」がつく食べ物は運盛りといわれています。運盛りの一例をあげるとレンコンやにんじん、大根……そしてかぼちゃです。

ここで「うん?」と首をかしげる方もいるでしょう。

おいおい、ちょっと待てよ。かぼちゃ、お前何、しれっと入っているんだよ 」という感じですよね。

かぼちゃ

かぼちゃと呼ぶときには「ん」は入りませんが、 かぼちゃは漢字で書くと「南瓜」、「ん」が二つも入ります。

そのため、運気を取り込んだり一年間の無病息災を願ってかぼちゃを冬至に食べるようになったのです。

あっ!ショウユゥこと^^;

また、かぼちゃは、旬自体は夏ですが長期保存の可能な野菜で、しかも高カロリー、ビタミンAやカロテンなど冬に摂取しにくいビタミン類も豊富に含まれています。

そのため、冬の栄養不足になりやすい時期にかぼちゃを食べるようになったのです。

 

ザッ君 冬至にはかぼちゃとあずきのいとこ煮

かぼちゃと並んで冬至の食べ物といえば、あずき! とは言うものの、実は管理人、冬至にあずきは食べません。

嫌いなわけではなくて、そもそも管理人が住んでいる地域では、冬至にあずきを食べる風習がないようなのです。

冬至にあずきを食べるのは、あずきの赤に邪気を祓う効果があると言われているからです。

あずきで体の邪気を祓い、清い体で運気をよびこむというのが、あずきを食べる目的なのですね。

あずきを食べる地域で多いのが、かぼちゃとあずきのいとこ煮でしょう。

いとこ煮とは、かたいものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊きこんでつくる料理(調理法)のことで、かぼちゃとあずきには限らず、他の食材でもいとこ煮と呼ぶそうです。

かぼちゃとあずきのいとこ煮を食べるかどうかは地域によって違います。次の項目ではいとこ煮を食べる地域をご紹介します。


スポンサードリンク

 

ザッ君 冬至のいとこ煮、どこで食べる?

かぼちゃとあずきのいとこ煮を冬至に食べる主な地域は、奈良県や山口県の萩市、北陸中部地方(新潟県、石川県、福井県)だそうです。

他にも、ありました。

  • 秋田県、山形県、宮城県、福島県の 東北地方
  • 栃木県、神奈川県の 関東地方
  • 京都府、大阪府の 近畿地方

やっぱり、管理人が住んでいる地域ではいとこ煮は一般的な風習ではないみたいですね。よかった~、管理人が知らないだけで隣近所は皆食べているのに我が家だけ食べていないとかだったらどうしようと、ちらっと思っていました^^;

 

ザッ君 冬至に冬至粥

冬至では、あずきを使った冬至粥を食べる地域もあります。

冬至粥にはかぼちゃは入らないのかな。あずきを使っているということなので、出来上がりはお赤飯みたいな感じなのでしょう。

おいしそうですね。体が温まりそうです。

また、 冬至にかぼちゃ汁 を食べる地域もあります。

かぼちゃ汁は一言でいえば、かぼちゃの入ったお味噌汁のこと。

お味噌汁にかぼちゃを入れるとほくほくしておいしいですよね。我が家も今年の冬至はかぼちゃ汁にしようかな。

かぼちゃの煮物、うまく作れないから……(´・ω・`)

【関連記事】

 

管理人(ザッ君)より

以上が、冬至のかぼちゃについてでした。

地域によって、冬至のかぼちゃには色々な食べ方がありますが、冬至にかぼちゃを食べるということは多くの地域で行われている風習のようです。

かぼちゃに含まれるビタミンAやカロテンには風邪や中風予防の効果もありますし、伝統や風習を守るという意味以外でも、かぼちゃは冬にぜひとも食べたい野菜!

今年の冬至はかぼちゃで身も心も温めましょう。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ