梅雨バテで体調不良!食事でちゃんと対策してますか?

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

あ〜!絶対にこれは梅雨バテだぁ・・・。とにかく体がだるいよ〜

そんな時は、

「申し訳ございません!体調不良のため、本日は、誠に勝手ながら、休暇を取得させていただきます。」

最近では、突発的な体調不良は、電話で休暇報告せずに、メールで報告して、許可をいただくというスタイルが、管理人の勤める会社では、当たり前になってきました。

一昔前は、「メールで報告する奴なんて、常識のない奴だ!」といった、風潮がありましたが、メールだけの報告で休暇を取得できるのは、実に手軽でいいものですね^^;

ただ、休みを取得しやすくはなりましたが、出社すると、「体調管理も仕事のうち!きちんと食事対策しろ!」と、キツイお灸をすえられるのは、今も昔も変わりません。まぁ、当たり前のことですがね…

今回は、梅雨バテの原因や対策についてお話していきます。

更新:2017-03-26

 

打倒、改善、梅雨の体調不良!

さて、梅雨の時期は、ジメジメと雨が多くて、憂鬱は気分になるものですが、毎年、この時期になると、お約束どおりに、体調不良になって、休む人って、あなたの周りにも1人や2人はいませんか?

おい!またかよ〜って人。。。

たしかに、梅雨の時期の雨や曇りの日は、ジメジメしてるけど、肌寒いですよね。そして、晴れれば晴れたで、真夏のようにカンカン照りになって、気温の差が激しいですよね。

そりゃぁ、寒くなったり、暑くなったり、コロコロ短期間で気温が変われば、体がついていかないに決まってます!!

えっ!?まさか、もしかして?

はい!そうですm(__)mご想像どおりで、管理人は、この梅雨の時期、お約束どおりに毎年、体調を崩して突発的に休みを取っております(*ノω・*)テヘ

でね、記事のタイトルになってる「梅雨の体調不良は管理不足だ!ちゃんと食事対策もしてるの?」と言われ続けるのも、いい加減、違う意味で体調にキツイいのですよ。

だから、今年こそ「梅雨バテ予防」をしようと思ったので(←遅いだろ!)、いろいろ梅雨の体調管理について調べてみました。

ところで、毎年ありがた〜い食事の対策のお言葉を聞いているのですが、いつも右から左に、耳から耳へ流していたために、食事対策の方法を覚えていないんですよね^^;

だから、改めて梅雨の時期の体調不良の予防として、どんな食事が対策になるのか?その他にも、体調不良を防ぐ方法があるのか?などを調べてみました。

もし、おっ!それならできるなと言うのがあったら、ぜひ取り入れてみてくださいね^^

今回の目的は、打倒、改善、梅雨の体調不良!です。

 

梅雨の時期に「体調不良になりました!」と言わない体づくり

体調不良体調不良でも色いろありますが、梅雨の時期の体調不良の特徴で多いのが、体がだるい!そして、疲れる!

だるいだけなら、仕事を休みませんが、振り返ると、だるい疲れが蓄積して、食欲不振になって、しまいに頭痛が起きて、あげくに、風邪をひいてしまった^^;というパターンが管理人は多いですね。

 

だから、だるい疲れがたまらない、体作りをすることが、大切です。


では、さっそく^^

春夏秋冬どの季節でも、暴飲暴食は、胃腸に負担をかけて、体調不良の原因になります。

そして、肥満の原因にも…^^;

梅雨の時期は、自律神経の乱れから、暴飲暴食に走ってしまう人が多いのです。

体調不良の原因になるので、まず打倒、暴飲暴食の対策を心みてみましょう。

 

梅雨の時期の暴飲暴食対策はコレだ!

身体は食べたものでできている!と言われますが、暴飲暴食はよくありません。

  • 少し食事の量は減らしてみましょう。

目安としては、普段の3分の2くらいの食事量がベスト!

  • 食事は、飲み込まずに、30回以上噛みましょう。

ゆっくり食事をすると、満腹感が得られるので、暴飲暴食の対策にベスト!

  • 水は、1日に1リットル〜1.5リットルにおさえましょう!

梅雨の時期は、体の中に水分がたまりやすい時期になります。水分が溜まり過ぎると、むくみの原因にもなりますし、冷たいものを飲み過ぎると、腹痛や下痢になったりもします。

スポンサードリンク

特に注意が必要なのが、ムシムシするからといって、アルコールを飲み過ぎるのはよくありません。


一応ですが、体内の余分な水分で体調不良になったりするトラブルを「湿邪」といいます。

 

梅雨の時期は「湿邪」と言うように、普段より取り除くことを意識するのが、ポイントですね^^

 

さて、暴飲暴食に関しては、これくらいで制覇できるでしょう。

次は、梅雨の時期こそ、とって欲しい食事です。

 

梅雨の時期は「食事」で体調管理!

  • レモンウォーター

朝起きたときの、1杯の水は、自律神経を整えるのに効果があります。頭もスッキリして、目覚めもよくなります。

レモンウォーターなら、ビタミン不足を補えるので、イライラや集中力低下、疲労の回復に効果がありますよ。

  • お酢

お酢には、疲労回復に効果があると言われている、酢酸やクエン酸が含まれています。まずは体調不良にならないようにお酢で疲労をためない体づくりをしていきましょう。

お酢を取り入れるのに、いつでも食べれるピクルスがおすすめです。

ヨコ井の酢の「純りんご酢のピクルス」の簡単手軽な作り方はコチラをご覧ください。

風邪

食事を規則正しく、しかも、疲労回復に効果のある食事を取るのがポイントです。


さてさて、「食事」で体調管理もできれば、今年こそ、梅雨の体調不良は、撃退できるはずです^^;

ただ、一抹の不安が残るので、もう少しだけ補足でお話しておきますと、梅雨の時期の梅雨バテやその後に訪れる、夏バテの対策は、規則正しい生活を普段以上に気を付けるということが大切です。

 

梅雨バテ・夏バテは、これでおさらば!!

規則正しい生活のポイントをまとめてみました。

疲れやだるさを取るには 気をつけること
暴飲暴食をしない ①食事の量を減らす
②よく噛んで食べる
③水分を取り過ぎない
規則正しい食事 ①レモンウォーターを飲む
②お酢の入った食事を取る
適度な運動 ①ストレッチ・エクササイズ(雨の日)
②ウォーキング・ジョギング(晴れの日)
お風呂 ①ぬるま湯で半身浴
②汗をたっぷりかく
③寝る30分前くらいのお風呂が良い
睡眠 ①毎日7時間以上は寝る
②同じ時刻に起床する

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ
こうやってまとめるてみると、実に当たり前のことなのですが、実行するのは難しいです。

ただ、梅雨の時期は、自律神経が不安定になって、体調不良になる確率が、いつも以上に高いです。

だから、規則正しい、体をいたわった生活をして、梅雨バテにならないようにしたいものですね。

ここだけの話ですが、管理人が毎年梅雨の時期に、体調不良になる理由がわかりました。表の全て出来ていませんでした^^;

今年こそ、体調不良になって、休む人にならないよう対策しますm(__)m

スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ