箱根駅伝の山の神!歴代選手について知ておくべきポイント

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

正月の楽しみといえば駅伝!

我が家では元旦から始まって、正月三が日は駅伝を見ながらぐうたらな正月を過ごします。

もう初売りに行く気力も体力もないので^^;

箱根駅伝には見どころがいっぱいあり、「 たすきがつながら……ない! 」とか「 ○人ごぼう抜き 」だとか盛り上がるシーンは満載です。

その中でもハイライトといえば、第5区の山登りですよね。

第5区で活躍した選手は「山の神」と呼ばれ、これまで(2016年)に3人の選手が「 山の神 」の称号を手に入れてきました。

ということで、 今回は箱根駅伝の「山の神」歴代選手について調べてみました。

 

箱根駅伝の第5区とは?

毎年1月2日(往路)3日(復路)の2日間にかけて行われる箱根駅伝、東京都大手町~箱根の芦ノ湖まで片道(片道約107km)5区間に分けて10人の選手で往復します。

このうち、 最も注目 され、実況のアナウンサーのテンションが最高潮に達するのが往路の最終区、 第5区 です。

第5区は小田原中継所から往路のゴール芦ノ湖までの約23kmの区間です。

この区間が注目される理由は往路の最終区で往路優勝がかかった区間だからというだけでなく、区間内の標高差!

なんと第5区では区間内で 860mの標高差 があり、選手は文字通り、箱根の山を登山しながら駆け上ることになるのです。

これはキツイ!

そして見る方としてはおもしろい!

この標高差のため、第5区では感動のドラマや驚きの記録が飛び出すことが多いので、中継もいっそう盛り上がります。

【箱根駅伝の観戦で駅別通過時間をまとめた記事がコチラです。】

5区は1日目の1月2日で、駅は湯本駅になります。ちなみ2日目の1月3日は箱根の山を下る6区でスタート地点になります。

箱根駅伝を予想!順位と区間賞をズバッと!

 

初代山の神 今井正人選手

初めて「 山の神 」という言葉ができたのは、今井正人選手のとき、つまり初代山の神は今井正人選手です。

今井正人選手は順天堂大学の選手、2004年~2007年の計4回箱根駅伝に出場し、2年生のときから第5区を走りました。

その今井正人選手の輝かしい記録がこちらです。

  • 2年生 :史上最多11人抜き、区間新記録達成
  • 3年生 :5人抜きで往路優勝
  • 4年生 :4人抜きで往路・総合優勝、3年連続で区間賞

これぞ山の神!

全てでゴールテープを切っています。さすが初代山の神です。

  • 第80回・・・2区(区間10位)1時間10分10秒
  • 第81回・・・5区(区間新記録)1時間9分12秒
  • 第82回・・・5区(区間新記録コース変更有り)1時間18分30秒
  • 第83回・・・5区(区間新記録)1時間18分05秒

ちなみに、大学卒業後、今井正人選手はトオヨタ自動車九州に入社しました。

 

2代目山の神 柏原竜二

山の神

2代目山の神は東洋大学の柏原竜二選手

すごい形相で走る彼の姿はまだ記憶に新しいですよね。

柏原選手と言えばタスキを受け取った瞬間から苦しそう、そのため途中でへばるのではと思いきや、苦しそうな顔のまま走り抜き、そのままゴールしちゃうという、おもしろい選手でした。

柏原竜二選手は2009年~2012年の箱根駅伝に出場し、4回とも第5区を走りました。

  • 1年生 :8人抜きで往路優勝、区間新記録(今井正人選手のときとはコースが変更されているため、今井正人選手の記録は残っています。)
  • 2年生 :6人抜きで往路優勝、1年前の記録を10秒縮めて区間新記録
  • 3年生 :2人抜きで往路優勝
  • 4年生 :トップでタスキを受け取りそのまま往路優勝、自身の記録を29秒縮めて区間新記録

改めて振り返るとすごい記録ですね。

柏原選手も全ての大会でゴールテープを切っています。

  • 第85回・・・5区(区間10位)1時間17分18秒
  • 第86回・・・5区(区間新記録)1時間17分8秒
  • 第87回・・・5区(区間賞)1時間17分53秒
  • 第88回・・・5区(区間新記録)1時間16分39秒

大学卒業後、柏原選手は富士通に入社しました。


スポンサードリンク

 

3代目山の神 神野大地

柏原選手が卒業し、しばらく山の神は現れないと予想されましたが、スターはいつの時代にもいるものです。

柏原選手のあとを継ぎ、3代目山の神となったのは青山学院大学の神野大地選手でした。

この選手、名前からして、山の神っぽいです^^;

神野大地選手が第5区を走ったのは2015年と2016年(3年生と4年生)の2回。

回数としては初代・2代目よりも少ないですが、強烈な印象を残しました。

  • 3年生 :トップと46秒差の2位でタスキを受け取るも2位と4分59秒の大差をつけてゴール!区間賞、区間新記録(コース変更あり)
  • 4年生 :区間2位

2015年の第5区の走りがすごすぎました。

トップの選手よりも5分も短い時間で、あのきつい箱根の坂を上りきったということですからね。

山の神にふさわしい走りです。

  • 第90回・・・2区(区間6位)1時間9分44秒
  • 第91回・・・5区(区間新記録)1時間16分15秒
  • 第92回・・・5区(区間2位)1時間19分17秒

現在、神野大地選手はコニカミノルタに所属しています。

参考:箱根駅伝2017 コース通過時間をズバリ!4区、5区変更だよ

 

箱根駅伝の雑学アレコレ!

箱根駅伝

箱根駅伝はお正月の恒例行事ですが、1920年に第一回が開催されています。

箱根駅伝、大会開催には2つの説があります。

  1. オリンピックで日本が活躍するには、長距離やマラソン選手を育成!!
  2. 箱根の観光客が減る冬に、飛脚精度をもとに東京から箱根まで手紙に見立てた襷を届ける観光イベント!!

幼少の頃から箱根駅伝はテレビでやっていた記憶があるのですが、 全国でテレビ中継が始まったのは1987年からなんですね。

その前までは1979年〜1986年はテレビ東京が放送していました。

学生駅伝には3大会あって、「出雲駅伝(45.1km)」「全日本大会駅伝(106.8km)」「箱根駅伝(往復217.1km)」の3つの大会を大学三大駅伝と言われますが、出雲駅伝、全日本大会駅伝は全国学連主催の全国大会です。

箱根駅伝は最長距離を誇りますが、あくまで関東学連が主催する地方大会の1つです。

往復217.1kmの箱根駅伝ですが、往路と復路で距離が違うのを知っていますか?

1日目の往路は107.5km、2日目の復路は109.6kmになります。

ところで、箱根駅伝に出場したいなぁと思ったことないですか?

あなたも今から箱根駅伝に出場することが出来ますよ。

実は箱根駅伝には年齢制限がありません。つまりですね、駅伝に強い大学に入学して学生になり、あなたの足を鍛えれば可能性が0%ではないのです。

今までの最高年齢は中央大学から出場した村社講平選手で当時35歳でした。

駅伝のルール-繰り上げスタート?たすき投げると失格なの?

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

以上が、箱根駅伝や歴代山の神についてでした。こうして振り返ると、山の神はすごい選手ばっかりですね。

管理人は短距離タイプで長距離は苦手なんですが、それでも3人の走りは鮮明に覚えています。

記録だけでなく記憶にも残る選手っていいですよね。

元旦の駅伝ではついつい、柏原選手や今井選手を探して応援したくなります。

今年の箱根駅伝ではどんなドラマが、スター選手が出てくるのか、今から楽しみです。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ