耳がつまる4つの病気!聞こえにくい原因を徹底解説

なるほど!

 

ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指してがんばっています。

 

 

スポンサードリンク

 

耳がつまる

朝、起きた瞬間から「 あれ、耳がおかしいな 」ということが時々あります。

あの耳がつまるときの感じは、プールに潜って周りの音を聞いているときの感じに似ている気がします。

自分の声やこめかみのどくどくという音はいつも以上に大きく響くのに、他人の声はほとんど聞こえない、

この状態で友達とおしゃべりをするととてもストレスを覚えます。

いつも半日程度で自然と治るのですが、繰り返し起こるので、「 耳の病気かな 」と不安になることも。

ということで、 今回は耳がつまる病気について調べてみました。

 

耳がつまる病気の原因①耳管開放症

耳がつまる病気の一つ目は「 耳管開放症 」です。

この病気は読んで字の如く、何らかのきっかけで耳管が開いたままになる病気です。

耳管とは耳の奥と鼻をつなぐ管で、管の開け閉めにより内耳の内圧を調節しています。

飛行機に乗る時、耳抜きをしますよね。

耳抜きとは、耳管を開けて耳に空気を送りこむこと。

耳抜きでは鼻をつまんだり、あくびをしたりして耳管を開けますが、耳管開放症もあくびや飲食の最中、耳管が開いたままになることで起きることがあります。

耳管開放症になると、鼻や咽喉の音や圧力が中耳に伝わるため、体内の音が大きく聞こえる一方外部の音が聞こえにくくなります。

つまり、耳がつまるということです。

耳管開放症の原因の一つがダイエットと言われています。

多分、私の耳がつまるのもこれですね^^;

そのため、20~30代女性に多い病気です。

耳管開放症の治し方については、こちらの記事も参考ください。

耳がこもる!原因はストレス?耳管開放症の治し方を伝授!

 

耳がつまる病気の原因②耳管狭窄症

耳がつまる病気の二つ目は「 耳管狭窄症

今度は反対に耳管が閉じてしまう病気です。

耳管狭窄症は風邪や鼻炎などをきっかけに起こります。

耳管は耳と鼻をつなぐ管なので、鼻水鼻づまりになると、耳管狭窄症になってしまうようです。

なので、 耳管狭窄症では風邪や鼻炎を治すことが先決!

耳鼻科や内科を受診してください。

また、一時的な耳管狭窄なら、あくびや飲食、耳抜きで解消することがあります。

 

耳がつまる病気の原因③突発性難聴

耳の検査

耳がつまる病気の三つ目は「 突発性難聴

よく歌手の方がなっている病気ですね。

突発性難聴の初期症状の一つに、「 耳閉感(耳がつまる) 」があります。

突発性難聴が悪化すると、声や音が聞こえない、めまい、頭痛などの症状があらわれます。

耳のつまりは、症状としては咳や鼻水のようなものでよく起こる症状です。

耳垢が詰まっただけでも耳がつまると感じますから。

ただ、耳閉感を覚え始めた後、今度は音が聞こえにくくなったというように耳の状態が悪化していることに気付いたら、 突発性難聴などの厄介な病気の可能性あり!

早めに耳鼻科を受診してください。

突発性難聴は耳鳴りがキーンという音がすることがあります。


スポンサードリンク

 

耳がつまる病気の原因④メニエール病

耳がつまる病気の四つ目は「 メニエール病 」です。

メニエール病では内リンパ水腫が内耳にでき内圧が上がることで、耳がつまる・音が聞こえにくいという症状があらわれます。

メニエール病発症のメカニズムについてはまだ分からないことも多いですが、 メニエール病の原因の一つはストレスといわれています。

そのため、メニエール病の患者には30~50代の働き盛りの男性が多いです。

メニエール病では、耳閉感の他に、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などの症状があり、悪化すると日常生活に支障をきたします。

メニエール病かもと思ったら、早めに病院に行くこと!さらに、メニエール病の症状が出たときには、横になり安静にしながら症状がおさまるのを待ってください。

耳の奥が痛い!ズキンと頭痛が一瞬して激痛になる3つの原因

 

耳がつまる 番外編として

耳がつまる原因として4つの病気をご紹介しましたが、最後に別角度から耳がつまる・聞こえにくい症状が現れる原因をご紹介します。

頭蓋骨の側頭骨のズレることで、耳のつまりや聞こえにくい原因があるらしいです。

この側頭骨と呼ばれる場所は頭蓋骨の横の部分になりますが、ズレが生じることで、内側にある内耳と呼ばれる部分が影響を受けます。

内耳は音を感知する器官なので、同じくズレることで聞こえにくい症状が現れます。

このような症状を治す場合には 整骨院 が良いようです。

 

ザッ君 管理人(ザッ君)より

ザッ君まとめ

以上が、耳がつまる病気についてでした。

耳がつまるという症状は上記以外でも、たとえば、

  • 耳に水が入った
  • 耳垢
  • 大きな音を長時間聞き続けた
  • 気圧の変化
  • 中耳炎や外耳炎

などでも起きます。

耳閉感はいわば、日常的に感じる身体症状の一つなので、耳がつまったからといって「病気かも」と不安になる必要はありません。

鼻水程度に捉えれば十分です。

鼻水が出たからといって、「病気かな」と不安になることはありませんよね。

耳閉感がおさまるまで、しばし横になったり椅子に座るなどして、安静にすれば多くの場合、自然と解消します。

ただ、耳閉感が長く続く、繰り返し起こる、音が聞こえない・めまいなど他の症状もあらわれる、というときには何らかの病気の可能性があります。

病院を受診してください。


スポンサードリンク

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ